share
  • >
  • ブログトップ>
  • 作成時間が半分!ブログを記事作成に役立つ無料ツール9選
ツール
2015年5月27日
タグ : ,

作成時間が半分!ブログを記事作成に役立つ無料ツール9選

ブログや自社HPなどでのコラムなど、掲載する記事をご自身で書かれている方も多いと思います。記事のネタから文章校正、SEO対策まで、ライター・書き手が配慮すべきポイントは非常に多くあります。ちょっとした心遣いが、アクセス数のアップにもつながります。

そこで今回は、ブログ記事やコラム作成に役立つツールを紹介していきます。

【Photo AC】

0054_01

写真の画像素材が無料でダウンロードできるWEBサイトです。インターネットでの広告代理店業務を行う「ACワークス株式会社」によって運営されています。会員登録をするだけで、人物からビジネス、医療・福祉、インテリア、小物・雑貨に至るまでの多種多様な画像がダウンロードし放題。さらには商用利用も可。

画像のほかにも、フォントや、イラストなども、無料で取得が可能です。詳細は、以下のfreebieのサイトでご確認ください。

0054_02

【キーワード出現頻度解析ツール】

0054_03

SEOツールによる無料の解析サービス。文章中に出てくるキーワードの出現頻度が分析できるツールです。SEO検索エンジン最適化サイトの運営者であるWEBマーケティングコンサルタント住太陽氏が、手掛けるフリーサービス。

キーワードの出現頻度を分析することで、WEBサイトがどのようなテーマ・主旨で書かれているか傾向を読み取ることができます。WEBサイトで伝えたいテーマ・主旨と異なる分析結果が出てきた場合、文章中のキーワードを変更することで、検索上位に浮上してくるWEBサイト構築が可能になります。

例えば、サイトの集客・収益化をメインにしているWEB制作である弊社の解析結果は、以下の通りになります。

0054_04

【Google Adwordsキーワードプランナー】

0054_05

Googleが提供するサービスお1つ「Google Adwordsキーワードプランナー」。記事の中で、使いたいフレーズやキーワードの候補がいくつかある場合、どれがSEOでもっとも有効になるのかを分析してくれるツールです。

複数の単語を一括して検索する機能や、使いたいキーワードが月別でどれだけ検索ボリュームが違うのかを調べてくれたり、競合サイトごとの利用状況を評価してくれたりする機能まで、とても有効的なツールです。そのなかで、どのキーワードを使っていけばいいのかを、戦略的に見極めていくことで、検索順位を上げて行くことが可能となります。

【影武者】

0054_06

影武者」は、コピーコンテンツチェックツールです。具体的には、WEBサイト上のテキストコンテンツが、ほかのWEBサイトの文章をコピペしたものかどうかをチェックしてくれます。コピーチェックをした履歴を保存したり、解析した結果をCSVでDLしたりする機能も充実。

「影武者」の利用プランは、定額の課金制ではありますが、無料のプランもあります。詳細は、以下のプラン表をご参考ください。

0054_07

【Pocket】

0054_08

Webサイト上で気になった記事や映像をアプリに保存して、あとから見られるサービスが「Pocket」です。あとで読もう、あとで見よう、というコンテンツを1つにまとめたり、グループ別に保存もしたりすることも可能。あとで見終わったものは、チェックするとリストから消えます。1200万人以上が「Pocket」を利用し、Google Playによってベストアプリにも選出されました。

「Pocket」アプリは以下からダウンロード可能。
Andoroid版はコチラ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ideashower.readitlater.pro&hl=ja
iPhone・iPad版はコチラ
https://itunes.apple.com/jp/app/pocket/id309601447?mt=8

【enno】

0054_09

日本語のあからさまなエラー(誤字脱字、変換ミス、文字化けなど)を自動チェックするサイト「enno」。チェックしたい文章・テキストを、フォームに貼り付けるとチェックが開始されます。エラーが検出されると、問題となる個所が黄色でハイライトされるので、修正をしていきます。

日本語だけでなく、日本語に含まれている英単語のエラーもチェックが可能。会員登録は不要で、チェックも手軽なので、記事のアップロード前にミスを確認するために便利なツールであると言えます。

【feedly】

feedly」は、さまざまなサイトのRSSリーダーです。複数のWEBサイトのニュースフィードを収集・保存し、他人とも共有できるニュースアグリゲーターアプリケーション。

Googleリーダーのサービスが終了して、2013年3月15日、「feedly」は、2日で50万人の新規ユーザー登録があったことを発表しました。以降、ユーザーは300万人を越えています。記事を作成するために、いろんなサイトで情報をつねに収集しておきたい方には、有効なツールです。

「Pocket」アプリは以下からダウンロード可能。
Andoroid版はコチラ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.devhd.feedly&hl=ja
iPhone・iPad版はコチラ
https://itunes.apple.com/jp/app/feedly.-your-rss-news-reader./id396069556?mt=8

【漢字使用率チェッカー】

0054_10

漢字使用率チェッカー」は、WEBサイト内のテキストで、どれだけの割合で漢字が使用されているかを、チェックしてくれるツールです。漢字が多すぎると読みにくい文章になってしまうのですが、このサイト上では、漢字の割合は30%前後が読みやすいとされています。

20%以下:締りがない文章。
30%前後:最も読みやすい文章。
40%以上:硬い感じの文章。

ユーザーにとって読みやすい文章を作成する上で大切なポイントとなります。

【ferret】

0054_11

文章リライトツール「ferret」。リライトしたい文章を入力すると、類語から新しい文章候補を教えてくれるようになっています。

0054_12

コピーコンテンツを避けながら、SEO対策ができる無料ツールです。

ブログを記事作成に役立つ無料ツール9選

ツール サイト
Photo AC 画像素材のフリーダウンロード
キーワード出現頻度解析ツール 文章中に出てくるキーワードの出現頻度が解析できるツール。
Google Adwordsキーワードプランナー 使いたいキーワードの候補がいくつかある場合、どれがSEOでもっとも有効になるのかを分析するツール。
影武者 コピーコンテンツチェックツール
Pocket 記事や映像をアプリに保存して、あとから見られるサービス
enno 日本語のあからさまなエラー自動チェック
feedly RSSリーダー
漢字使用率チェッカー WEBサイト内のテキストで、どれだけの割合で漢字が使用されているかをチェック
ferret 文章リライトツール

ブログ記事作成に使えるツールをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?もしまだ利用したことがないツールがあれば、ぜひ活用してみてください!

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

この記事を書いた人

投稿者
井上 博登

1980年・大阪生まれ、大阪育ち。立命館大学を卒業後、新卒でヤフー(株)に入社。
1年後に中山(代表取締役)と共に(株)セルバを起業。

見た目は営業、実態は「利益を出すこと」に徹底的にこだわるグロースハッカー。
費用を掛けず、いかにサイトの成果を上げられるのか、日々研究&実践している。

プライベートの趣味は旅行・バスケ・映画鑑賞。 二児のパパ。

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ