share
Tips
2015年6月16日
タグ :

効果を劇的に改善するコピーライティング術

0059_01

商品のよさを伝えるためのコピーライティング。ちょっとした文章を変えるだけで、あなたの書いたコピーの反応が、大幅にアップすることがあります。

DMやランディングページ、チラシなどで、どうやったら製品やサービスに、興味を持ってもらえるのか、購入に至ってもらえるのか。コピーライターとしての腕の見せ所でもあります。

今回はコンバージョンを劇的に改善する方法を紹介していきます。コピーライティングをする上で、必要となってくる段取りから、具体的なノウハウまでをまとめています。

コピーライティングの準備

0059_02

文章を作成していく前に、段取りしておくと良いこととして、3つのことが挙げられます。

①ターゲット
②顧客のニーズ
③顧客にとって欲しい行動

これらの3つが何であるかを具体的に考えておきましょう。

①ターゲット:「地域」「年齢」「収入」「職業」「ライフスタイル」「家族構成」「抱えている不安や悩み」「ウォンツ・ニーズ」などを可能な限り想定していきます。

②顧客のニーズ:自社のサービス・商品を、顧客が手に入れることで、「抱えている不安や悩み」が解消され、「ウォンツ・ニーズ」を実現できる価値(24時間対応や、アフターケアの充実など)は何か。

③顧客にとって欲しい行動:コピーライティングを顧客が読むことで、抱いてほしい心理や感情はなにか、とって欲しいのはどんな行動か。資料請求や、契約、購入など、ゴール設定も非常に大切なポイントです。

これらの準備を怠ると、いい文章が出来上がったとしても、効果を期待することはできません。

コピーライティングのコツ

0059_03

準備が整ったら、実際に文章を組み立てて行きます。

1.ターゲット目線で書く。

商品や自社目線で、強みを訴えたいところではありますが、できるだけ読み手の視点に立った文章を心がけます。

読み手が、商品やサービスを手に入れることで、どんなことを実現できるのかも、あわせた文章づくりが必要です。

例えば、商品だけの視点で書くとすれば「このフライパンはコゲがつきにくいのが特徴です。」となります。

読み手の目線を加えると、「このフライパンを使えば、焦げがつきやすいので、もともと味がつけられているようなお肉や魚料理も安心して、調理できます。せっかくの料理が台無しになったり、洗い物で苦労したりすることもありません。」

ターゲットの感情が動いたり、イメージを膨らませたりすることに心がけましょう。

2.効果的な表現をする。

ターゲットへの訴求効果が高くなる表現を、ご紹介します。

【「新」をつける】
◆新サービスのお知らせ
◆まったく新しいビジネスモデルです

【「期間」をいれる】
◆2015年もっとも使えるノウハウ
◆年末までに知っておきたい整理整頓術

【「限定」をつける】
◆会員限定<先行セール開催>
◆本日限定特価:全品30%OFF

【「無料」提供をすすめる】
◆30日間、無料で法人プランをお試しください。
◆2週間、購読無料。

【「簡単」にできるイメージを伝える】
◆毎日15分だけの作業でOK。
◆36回まで分割可能。月々の支払い負担がラクに。

【ストーリーを伝える】
◆偏差値38から京都大学に合格!レベルに合わせた学習法で、ステップアップ。
◆何をしても痩せられなかった私が、これをしてダイエットに成功しました。

ほかにも特典をつけたり、先行予約・販売を受け付けたりする場合、その優位性をアピールするのも有効的です。これらの表現や方法を取り入れて文章を構成してみましょう。

また、普段からランディングページや、街中や電車の広告を意識しておくと、目が引くフレーズの幅が増えていきますし、いろんな工夫ができるようになります。

3.文章構成法

文章を組み立てる方法として、PREP法SDS法というテクニックがあります。それぞれに解説をしていきます。ただし短い文章よりも、少し説明が必要な文章に、より有効的なテクニックとなります。

【PREP法】
⑴ POINT:結論「今シーズン、注目の植物由来バスケアが新発売。」
⑵ REASON:理由・根拠「ノンシリコンやパラベンフリーなど化学的な成分を抑えたバスケア商品が、数多く出回っています。植物性や植物由来の成分をもとにした商品に対する消費者意識が高まりつつあります。毎日使う日用品に対して、価格よりも、安心や安全に価値をおく時代背景があります。」
⑶ EXAMPLE:具体例・事例「例えばA社は、ボタニカルボディソープを発売し、B社はハーブを用いた石鹸をリリースして、かなりの人気商品となっています。」
⑷ POINT:結論(繰り返し)「新バスケアのフルラインが植物由来。今シーズンのマストアイテムです。」

PREP法は、ストーリーを強調したいときに有利な方法です。一方で、SDS法は結論を重視する際に活用することができるので、具体的にみていきます。

【SDS法】
⑴ SUMMARY:要約「今までにない新型ウルトラブックの登場です。」
⑵ DETAIL:詳細説明「新CPU搭載。Mac BOOK並に軽くて、うすく持ち運びに最適」
⑶ SUMMURY:要約「それがこちらのウルトラブックです。」

まとめ

0059_04

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

この記事を書いた人

投稿者
佐伯 大史郎

北海道生まれ東京育ちのWebデザイナー。
元々、機械系の出身で車の開発に携わっていましたが、クリエイティブな環境を求めWeb業界に転身。今年で5年目になります。
趣味はテニスとビール。
日々、移り変わるWebのトレンドとテニスボールを必死で追いかけています。

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ