share
  • >
  • ブログトップ>
  • 検索結果が地域で変わる!ベニスアップデートとその対策

検索結果が地域で変わる!ベニスアップデートとその対策

2014年、Googleはペイデイローンやパンダ、ピジョン、ペンギンなどのアルゴリズムのアップデートを、次々と実施していきました。

その中でも、今回は、ベニスアップデートと呼ばれるアルゴリズムについて取り上げていきます。ベニスアップデートは、地域に根差したビジネス向けの検索アルゴリズムです。ユーザーの検索する地域にあわせた検索結果が優先表示されるもの。2012年、アメリカで先行して導入され、2014年の12月頃から日本でも変動が見られるようになりました。

以下では、ベニスアップデートの内容詳細と、対策を紹介していきます。

ベニスアップデートとは

0060_01

ベニスアップデートとは、ユーザーが検索をする現在位置によって、その近隣エリアに存在する店舗や施設などが優先的に表示されるアルゴリズムです。

このアルゴリズムの変動は、ユーザーによっては、近隣の情報をすぐに収集できる一方で、地域事業者にとっては、継続的な利用が見込める地元の顧客に情報発信できるという双方にメリット性の高いもの。

したがって、今までSEOに強かった全国チェーン店舗や大型店舗、大手グルメ・ビューティサイトなどに対して、スマホやタブレットで頻繁に検索されるような「カフェ」や「美容室」「エステ」「サロン」などの店舗から、「会議室」や「ヨガスタジオ」といった施設まで、地域に密接した事業サービスが、SEOの優先順位としては、高くなったということです。

検索結果の事例を1つ挙げておきます。「大阪市西区北堀江」にいるユーザーが、「カフェ」というキーワードで検索した場合、「大阪市西区北堀江」にある「カフェ」店舗の情報が表示されます。

0060_02

ベニスアップデートの影響

0060_03

では、このような仕様変更によって、事業者側には、どのような影響があるのでしょうか。結論から言うと、関連キーワードにおいて、検索結果で上位表示されるためには、ローカルSEO対策が重要になってきているということです。

というのも、ベニスアップデートは、ユーザーが検索する場所に応じて、表示される結果が異なってくるものです。ということは、今まで通用してきたような、通常のSEO対策の効果が、期待できなくなりつつあるということです。順位チェックツールなどによって、ユーザーの検索結果の傾向をつかんだり、検索順位を調査したりしてSEO対策を行うことから、対応を変更していかなければならなくなりました。

そこで必要となってくるのが、どの地域で、どんな事業を展開しているのかといった詳細情報を、検索エンジンに伝わるような最適化していくことです。では具体的に、どのような対策をしていけばよいのかをみていきましょう。

ベニスアップデート対策

0060_04

①店舗所在地をサイトに掲載する

必要な情報としては、郵便番号・住所・電話番号・FAX番号・地図・アクセス方法などです。これらの情報を載せることと、具体的には、

  • titleタグやmetaタグに地域名を入れる。
  • NAP表記を統一する。NAPとは、Name=店舗名・会社名、Address=郵便番号・住所表記、Phone=電話番号)の略語です。「-」(ハイフン)という表記1つとっても、きちんと統一させておきましょう。

②Googleでの現在地の変更

Google上で、現在地の設定を変更することが可能です。端末にあわせた対応をすることができます。実際の変更作業は、以下のサイトをご覧ください。(引用:https://support.google.com/websearch/answer/179386?hl=ja

0060_05

③Googleマイビジネス

Googleマイビジネスは、ユーザーが検索すると、店舗・会社の情報がGoogleサービス内で、掲載されるようになっているツールです。Googleマイビジネスを利用すると、Googleマップ/Google+/YOUTUBE/Google Analytics/Googleレビューといったサービスでの地域情報を、統括して管理することが可能。一元管理ツールを活用してみてください。(引用:https://www.google.com/intl/ja/business/

0060_06

④構造化データの導入

構造化データとは、HTMLやデータハイライターに書かれている情報を、検索ロボットが理解できるように伝えることが可能なメタデータのことです。構造化データを導入するっメリットは、リッチスニペットが表示されることです。

リッチスニペットとは、リッチ=豊かな、スニペット=情報の断片という意味で、サイトの情報をより多様に表示してくれる機能のことです。具体的には、商品の画像やレビュー、動画、価格などが検索結果上で、より詳しい情報が表示されるため、ユーザーのクリックする可能性が高くなります。その意味で、構造化データの導入はおススメです。

⑤地域コンテンツの充実

地域では、競合他社もサイト構築に力を入れているケースが数多く見られます。そこで他社よりも、一歩先にいくためには、上記の対策だけではなく地域に関わる情報やコンテンツも充実していくと効果的です。

終わりに

今までは、コストをかけてSEO対策をしている大手チェーンのサイトに、悩まされてきた方も少なくはないと思います。しかし、地域性を重視したアルゴリズムの変更により、今後はよりローカルSEO対策が求められるため、ライバル店の動きを注意してみていきましょう。かつ、ベニスアップデートのさらなる進展も目が離せないところです。

0060_08

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

この記事を書いた人

投稿者
佐伯 大史郎

北海道生まれ東京育ちのWebデザイナー。
元々、機械系の出身で車の開発に携わっていましたが、クリエイティブな環境を求めWeb業界に転身。今年で5年目になります。
趣味はテニスとビール。
日々、移り変わるWebのトレンドとテニスボールを必死で追いかけています。

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ