share
  • >
  • ブログトップ>
  • アプリを作る前に考えておきたい。アプリ集客方法まとめ
アプリ, 事例
2015年12月11日
タグ : ,

アプリを作る前に考えておきたい。アプリ集客方法まとめ

アプリは集客が肝!?

0106_01

ゲームやニュース、旅行など、ジャンルを問わず、アプリの開発やリリースが相次いでいます。しかしながら、ダウンロード数をどれだけ獲得できるかは、アプリによって差があります。そこで大切になってくるのは、どのように訪問者を集客するか。

というのも、アプリをリリースしても、検索による自然流入は、ほとんど見込めません。Webサイトとは違って、よほど特徴的なジャンルでない限り、新規ユーザーの獲得は、難しいとされています。

それゆえ、アプリのダウンロード数を伸ばすためには、集客方法がとても重要となってきます。しかしながら、アプリを開発している時には、あまり意識されていないケースもあります。新規ユーザーが流入できる導線を、いかに作ることができるか。その対策しないでアプリをリリースすると、どんなにいいコンテンツであっても、不発に終わるでしょう。そこで、今回は代表的な集客方法を紹介します。

アプリ集客方法

0106_02

【引用:https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1432.html

2015年4月、MMD Labo株式会社のMMD研究所と、株式会社コロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」によって、「スマートフォンゲームアプリに関する調査」が、共同発表されました。

調査項目の1つが、スマートフォンアプリをダウンロードしたきっかけ。最多の回答は、「アプリストアのランキングを見て」が40.9%でした。そして、「友人・知人などからの紹介」が40.3%、「テレビCM」が15.9%。ほかにもWebサイト上やSNSでの書き込み、アプリ内やWEBサイト上の広告が上位にあります。

0106_03

【引用:http://www.apple.com/jp/itunes/charts/free-apps/

0106_04

【引用:http://www.apple.com/jp/itunes/charts/paid-apps/

アプリストアのランキングの例でみると、iTunes Storeでは無料アプリと有料アプリにわけて、最新の人気アプリTOP100が紹介されています。またGoogle Playストア(参照元:https://play.google.com/store/apps/top?hl=ja)でも同様にトップチャートが日々、アップデートされています。総合ではなく、競合アプリの少ない、ジャンル別のランキングであれば、ランクインに注力して集客する方法もあるでしょう。

この調査結果からわかることは、ランキングや紹介など、口コミや第三者の情報からの自然な流入が、極めて多いことです。意図的に集客していくにあたっては、悩まされるところですが、SNSや口コミサイトとの連携が効果的だと考えられます。

0106_05

【引用:http://linecorp.com/press/2013/0620569

例えば、「LINE フリーコイン」。LINEが選定した特定のアプリをインストールすると、有料スタンプの購入に使える仮想通貨「LINEコイン」を獲得できるサービスです。月間アクティブユーザー数が、世界では2億1,100万人、日本では5,000万人以上のLINEユーザーを対象に、アプリを大々的にプロモーションできるツールだと言えるでしょう。

0106_06

【引用:https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1467.html

アプリの中でも、スマートフォンゲームだけにテーマを絞った調査では、「TVCMを見て」が27.6%、「スマートフォン広告を見て」が23.1%という結果で、ゲームのジャンルに限って、広告効果は高いことが確認できます。

0106_07

【引用:http://shoumetsu.wrightflyer.net/

例えば、株式会社Wright Flyer Studiosが手がけるドラマアクションRPG「消滅都市」は、TVCMを打ち出したゲームアプリの1つです。人気ミュージシャンや声優を起用したCMは2014年11月から公開されました。

もともとオリコン満足度ランキングの総合ジャンルでも、TOP10にランクイン(参照元:http://life.oricon.co.jp/rank-game-appli/2015winter/)していましたが、CMをきっかけに知名度が急上昇。2015年1月には300万ダウンロード、2015年8月には500万ダウンロードを突破しました。

ゲームでは広告が強く、ゲーム以外の動画や写真、SNSなどのアプリは第三者の情報からの集客が効果的だと考えられます。アプリのジャンルによって集客方法を変えるのも、1つの方法であると言えます。またダウンロード数によって、集客方法を変えていく手もあります。

0106_08

【引用:http://hrnabi.com/2014/09/17/3575/

わかりやすい例として、情報キュレーションアプリ「Gunosy」が参考になります。2013年2月にリリースして早々に、堀江貴文氏から「イケてるアプリ」として評価され、20万ダウンロードを達成しました。20万から50万ダウンロードまでは、「Facebook Ads」を中心に広告出稿。そこから180万ダウンロードまでは、モバイル広告を最大限にまで利用しました。

0106_09

【引用:http://gunosy.co.jp/news/27

その後、2014年3月からは、500万ダウンロードまではTVCMをスタート。アプリで期間限定「バレンタイン」特集タブを設置して、TVCMのテーマと連動させたキャンペーンを繰り広げました。その結果、2015年7月の時点で、ダウンロード数は、977万を超えています(参照元:http://biz.searchina.net/id/1581434)。

広告や運営にかかるコストも予算化しましょう。

アプリの集客には、いろいろ方法があります。もちろん、集客するための広告や運営には、費用がかかります。アプリを運営していくためのコストは、開発費だけではありません。いいアイデアが出たから、早期にリリースまで持っていきたい。波に乗り遅れたくない。という勢いに乗ることは大切です。

しかしながら、開発費だけを想定してプロジェクトをスタートするよりも、1年くらいの運用を想定して、しっかりと予算化をして進めた方がよいでしょう。

まとめ

アプリをダウンロードするきっかけ

  • アプリストアのランキング
  • 友人・知人などからの紹介
  • TVCMを見て
  • Webサイト上やSNSでの書き込み
  • アプリ内やWEBサイト上の広告
<アプリ> <集客例>
LINE フリーコイン SNSとの連携
消滅都市 TVCM
Gunosy 口コミ/広告/TVCM

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

この記事を書いた人

投稿者
井上 博登

1980年・大阪生まれ、大阪育ち。立命館大学を卒業後、新卒でヤフー(株)に入社。
1年後に中山(代表取締役)と共に(株)セルバを起業。

見た目は営業、実態は「利益を出すこと」に徹底的にこだわるグロースハッカー。
費用を掛けず、いかにサイトの成果を上げられるのか、日々研究&実践している。

プライベートの趣味は旅行・バスケ・映画鑑賞。 二児のパパ。

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ