share
  • >
  • ブログトップ>
  • 日本企業が微博(ウェイボー)を活用した取り組み6選

日本企業が微博(ウェイボー)を活用した取り組み6選

中国人は消費活動を計画的にしている!?

0120_01

【引用:http://overseas.weibo.com/

この数年で、中国市場は、グローバルマーケットの中でも、主要な消費地として、急激な拡大を見せてきました。日本の企業も、中国の盛んな消費活動に関わってきました。

5,583億円。

これは、2014年に、訪日した中国人の旅行消費額です。観光庁が、「訪日外国人の消費動向」(参照元:http://www.mlit.go.jp/common/001084273.pdf)という年次報告書で、公表しているものです。

0120_02

【引用:http://www.mlit.go.jp/common/001084273.pdf

訪日外国人の旅行消費額は、全体で2兆278億円。なかでも中国人による消費額は、圧倒的に1位で、前年比で2倍の伸び率。

中国人の消費活動は、かなり計画的です。というのも、買い物や旅行をする前に、まずWebサイトやSNSで情報収集する傾向があります。この行動については、日経産業新聞でも、ネットイヤーグループ社長の石黒不二代氏(参照元:http://www.nikkei.com/article/DGXKZO91264190S5A900C1X12000/)をはじめ、多くの方が注視している点です、

SNSでいうと、中国では微博、英語表記ではWeiboが代表的なメディアです。登録アカウント6億人、デイリー投稿数1.6億件を超えています。今回は、日本企業でも旅行業や飲食業を中心に、微博で、さまざまな活用事例が出てきていますので紹介します。

なお、微博の解説をしておくと、「关注」はフォローしている数、「粉丝」はフォロワーの数、「微博」は発言回数を意味します。

<ファッション>

ユニクロ

0120_03

【引用:http://www.weibo.com/uniqlo

株式会社ユニクロ(以下、ユニクロ)は、日本ではTwitter、台湾ではFacebookを活用して、マーケティング活動をしてきましたが、中国では、微博おいて実施。とくにファンとのコミュニケーションに注力してきました。

0120_04

【引用:http://the.strippers.jp/portfolio/2012/ull_china2012.html

例えば、「UNIQLO LUCKY LINE」と呼ばれるキャンペーン。これは、店舗のオープン前に、Webサイト上で、行列に並ぶと抽選でクーポンやプレゼントがあたる、大人気の企画です。1店舗につき9万人、合計で240万人が並びました。

また、「uniqlooks」では、ユニクロに来たファンが、微博上で掲載されます。ユニクロのアイテムを着こなすファンの写真がシェアされていきます。

ViVi

0120_05

【引用:http://www.weibo.com/jxinwei

講談社が発行する人気ファッション雑誌ViViは、中国版で、昕薇ViVi(以下、昕薇)を発行しています。96万分の発行部数を誇っており、日本のファッションに興味のある中国人OLからフォロワー数を伸ばしています。

0120_06

【引用:http://www.weibo.com/xinwei

実は、雑誌と連動をさせて、ViViのECサイトが出店されています。日本では、NET ViVi Collection(参照元:http://www.netvivi.cc/)という通販サイトがありますが、中国においても、昕薇のECサイトが、出店されています。

微博を活用して、昕薇はECサイトへの導線を張りました。雑誌のグラビアや、最新のコーディネートや、ファッションを紹介することで、微博において高い支持を獲得していったのです。その結果、ECサイトでの売り上げに結びついています。

また、星占いや日本のライフスタイルなどの情報配信をしたり、ファッション誌の電子化が進む中国マーケットにあわせた対策したりすることで、ターゲット層から人気を集めています。

<コンビニエンスストア>

ローソン

0120_07

【引用:http://www.weibo.com/wakuwakulawson

羅森(中国)投資有限公司(以下、ローソンチャイナ)は、コンビニエンスストアをチェーン展開する株式会社ローソンの中国現地法人です。

0120_08

【引用:http://www.weibo.com/3788301822/CDd0myCdi?type=repost#_loginLayer_1444900274956

ローソンチャイナは、微博を通して、各店舗や新商品、またはキャンペーン、割引セールなどの最新情報を提供しています。ただし、一方的な情報配信ではなく、コメントを通してユーザーとのコミュニケーションをとりながら、ファンづくりに力を入れている様子が窺えます。

FamilyMart/セブンイレブン

0120_09

【引用:http://www.weibo.com/familymart

0120_10

【引用:http://www.weibo.com/7eleven11

同時の紹介となりますが、日本おなじみのFamilyMartは、全家便利商店、セブンイレブンは、柒—拾壹という中国名称で、どちらも微博を利用しています。とくにFamilyMartは上海で、セブンイレブンは広州で展開しています。

いずれもオンライン通販もしていますが、微博上でのコミュニケーションを深めることで、実店舗へ誘導することをとくに重視しています。とくにFamilyMartは1,000店舗を超えるほどの出店に成功をしており、多くのファンに支えられています。日本国内では、安定した市場でも、中国であれば、SNSを使いこなして、さらに拡大ができる可能性を示しています。

<航空会社>

JAL

0120_11

【引用:http://www.weibo.com/japanairlines

JAL(日本航空株式会社)は、中国名称で、日本航空公司。

微博を活用した先行企業であり、プレゼントや企画キャンペーンに力を入れています。例えば、ある記事を3名に以上に転載すると、3名に2,000元相当のジャケットがプレゼントされる企画がありました。

また、微博で50万人以上のフォロワーをもつ中国大手の旅行会社Ctripとコラボツアーを実施。あるドラマの舞台となった場所をめぐるコースを企画することで、微博で高い相乗効果を生みました。

ANA

0120_12

【引用:http://www.weibo.com/allnipponairways

ANA(全日空空輸株式会社)は、中国では全日空航空と呼ばれてり、JALと同じくプレゼントやキャンペーンを盛んに打ち出しています。

最新旅客機「ボーイング787」の就航記念では、記事を転載した人の中から、ホテル食事付き往復チケットをプレゼント。5日間で、8,822回も転送されて、約90万人にPRすることができました。

ほかにも、食べたい機内食を選ぶ「機内食総選挙」(参照元:https://www.ana.co.jp/pr/14_0709/pdf/14-033.pdf)や、ユーザーからの質問を受けるアクティブサポートを設置することで、ユーザーからの支持を得ています。

まとめ

サイト 内容
ユニクロ ■「UNIQLO LUCKY LINE」では、店舗のオープン前に、Webサイト上で、行列に並ぶと抽選でクーポンやプレゼントがあたる企画。
■「uniqlooks」では、ユニクロに来たファンが、微博上で掲載される。
ViVi ■雑誌と連動をさせて、ViViのECサイトが出店されている。 微博を活用して、ECサイトへの導線を張った。 
■星占いや日本のライフスタイルなどの情報配信。
■ファッション誌の電子化が進む中国マーケットにあわせた対策。
ローソン ■各店舗や新商品、またはキャンペーン、割引セールなどの最新情報を提供。
■コメントを通してユーザーとのコミュニケーションをとりながら、ファンづくりに力を入れている。
FamilyMart/
セブンイレブン
■微博上でのコミュニケーションを深めることで、実店舗へ誘導することを重視。
JAL ■ある記事を3名に以上に転載すると、3名に2,000元相当のジャケットがプレゼントされる企画。
■微博で50万人以上のフォロワーをもつ中国大手の旅行会社Ctripとコラボツアーを実施。
ANA ■「ボーイング787」の就航記念で、記事を転載した人の中から、ホテル食事付き往復チケットをプレゼント。
■食べたい機内食を選ぶ「機内食総選挙」を実施。
■ユーザーからの質問を受けるアクティブサポートを設置。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

この記事を書いた人

投稿者
中山 健

株式会社セルバ代表取締役。学生時代にアルバイトでWEB製作会社に入りプログラムを覚える。大学卒業後SIerにて金融システムの開発に携わった後、再びWEB業界へ。

WEB系のプログラム言語とサーバー構築、さらにはCOBOLも出来ます!最近ではシステム開発だけでなく、SEOやマネタイズなどのグロースハックや企画を担当する事が多いです。

Twitter
Facebook

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ