share
  • >
  • ブログトップ>
  • 【発注者向け】アプリを発注するときの流れと気をつけたいこと

【発注者向け】アプリを発注するときの流れと気をつけたいこと

0145_01

ここ数年、アプリ開発がトレンドになっています。ビジネスを成長させるツールとして、参入される方が増えています。まだアプリ開発をしたことがなくても、一度は興味をもったことがある方も多いのではないでしょうか。

一方で、いいアイデアはあるけど、具体的には進んでいない・企画段階で止まっている、またはスムーズにプロジェクトが進まない、という方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、これからアプリビジネスに参入をされる方のために、アプリを発注するときの流れ、開発を進める上で気をつけたいことについて、紹介していきます。とくに発注者の方が、おさえておくべきポイントをみていきましょう。

【アプリ開発の流れ】

0145_02

アプリ開発の流れは、AndroidとiOSによって違ってくることもありますが、おおよそ以下のようなフローで進んでいきます。

【各フェーズでやるべきこと】

それぞれの項目について、解説していきます。

ヒアリング

0145_03

まず制作会社に対して、開発するアプリの企画内容を具体的に伝えなければなりません。具体的とは、アプリの機能やコンテンツ、デザイン、ターゲット層、品質、予算、納期などを、あらかじめわかる範囲で、決めておきましょう。また、ヒアリング段階では、開発にかける想いやコンセプト、そして達成したいゴール・描いているビジョンについて、しっかりとメンバーで共通認識を持つことが、何よりも必要です。

企画・提案・見積

0145_04

制作会社は、ヒアリングをベースにして、提案書・見積書を作成してくれます。ドキュメントの内容に、変
更や追加がないかを確認しなければなりません。あとでスケジュール・コストが追加される可能性があり、トラブルの原因にもなるためです。相見積もりをとる場合でも、モレのないように確認しておきましょう。

要件定義

機能やデザイン、テキストから、セキュリティやサービス面まで、どこからどこまでを開発してもらうのか、詳細を決めていきます。条件はすべて詳細見積書に盛りこんでいき、問題がなければ、正式な発注・契約になります。

設計・デザイン

ワイヤーフレームやユーザーインターフェイスなど、いわゆるデザインを手がける段階です。ビジュアル面だけでなく、サーバサイドや既存サイトにおけるデータベースとの連携もおこなっていきます。

実装・開発

設計・デザインをもとにして、プログラムの実装・アプリの開発にすすんでいきます。依頼者によっては、作業が見えないフェーズとなりますが、タスクの進捗がどのような状況であるかは、把握しておきましょう。

テスト検証

0145_05

テスト仕様書をもとに、成果物が作動するか検証します。このフェーズになると、納品を急ぎたくなる時期ですが、リリース後のバグなど、トラブルを発生させないためにも、テストは必要です。検証が終わると、テスト報告書が作成されます。

納品・アプリ申請

テスト検証が終わると、アプリ申請をします。Androidであれば「Google Play Developer」、iOSであれば「iOS Developer Program」でアップロードして、それぞれに「Google Play Store」、「App Store」を通して手続きをします。Androidは数時間、iOSであれば5日が目安ですが、審査が通過すれば納品完了、そしてリリースとなります。

リリース・プロモーション

いよいよアプリをリリースしていきます。しかし、ただリリースをしただけでは、ダウンロード数が伸びるわけでも、マネタイズが、うまくいくわけでもありません。スマートフォンユーザーに対してプロモーションが必要となります。開発だけではなく、プロモーション関係も得意とする制作会社に依頼できると、思い描くゴールの実現が近づきます。

【開発手法は1つだけではない】

開発するフローは以上ですが、手法は1つだけではありません。ウォーターフォール型開発(WF)とアジャイル型開発(Agile)などがあります。プロジェクトがどのような性質をもっているかで、どの手法を選ぶかが決まります。

一般的には、大規模なシステム開発はWF、小規模システム開発はAgileが向いているといわれています。またWFは、プロジェクト管理をしながら、全機能を一気にプログラミングする一方で、Agileは優先順位にそって、柔軟な対応をしながらプログラミングします。

ほかにもWFとAgileのメリットを組み合わせたハイブリッド型(WF+Agile)や、プログラミングを自動生成して、工数・開発期間を短縮できる超高速開発ツール(xRAD:eXtreme Rapid Application Development)などがあります。

プロジェクトごとに、どの開発手法が適しているか、制作会社と相談しながら選ぶことをおすすめします。

【失敗例から学ぶアプリ開発】

0145_06

アプリ開発は、フロー通りに進まないこともあります。各フェーズで、問題が生じる可能性があるためです。したがって、考えうるリスクを洗い出し、対策しておくことが求められます。

1つ参考になるのは、アプリ開発における失敗事例を学んでくことです。例えば、クラウドソーシングで有名な株式会社CrowdWorksでは、「Androidアプリ開発者が陥りやすい失敗3つのポイント」(参照元:http://crowdworks.jp/public/jobs/category/82/articles/7795)が紹介されています。

類似したプロジェクトの失敗例から、どのように解決したかを知ると学びになります。もし、トラブルが起こったとしても、ゴールや優先順位を決めておけば、それをもとに対応することが可能です。

まとめ

アプリを発注するときの流れ・気をつけたいこと

項目 詳細
アプリ開発のフロー ①ヒアリング
②企画・提案・見積
③要件定義
④設計(内部・外部)・デザイン
⑤実装・開発
⑥テスト検証
⑦納品・アプリ申請
⑧リリース・プロモーション
アプリ開発手法 ■ウォーターフォール型開発(WF)
■アジャイル型開発(Agile)
■ハイブリッド型(WF+Agile)
■超高速開発ツール(xRAD:eXtreme Rapid Application Development)
失敗例から学ぶ ■考えうるリスクを洗い出し、対策しておく。
■類似したプロジェクトの失敗例を学ぶ。
■トラブルが起こったとしても、決めていたゴールや優先順位をもとに対応する。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

この記事を書いた人

投稿者
中山 健

株式会社セルバ代表取締役。学生時代にアルバイトでWEB製作会社に入りプログラムを覚える。大学卒業後SIerにて金融システムの開発に携わった後、再びWEB業界へ。

WEB系のプログラム言語とサーバー構築、さらにはCOBOLも出来ます!最近ではシステム開発だけでなく、SEOやマネタイズなどのグロースハックや企画を担当する事が多いです。

Twitter
Facebook

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ