share

WEB・アプリの設計図。ワイヤーフレームとは?

0147_01

以前、WEBやアプリの制作フローについて取り上げたことがありますが、それぞれのフェーズで、どうやったらスムーズに制作がすすんでいくのでしょうか。一通りの流れはつかんだけど、なにから手をつければいいのかわからない、という意見も耳にします。

例えば、デザインをおこなう際、まず取りかかるのは、どんなことが頭に浮かぶでしょうか。一般的に、いきなり作りこむということは、行いません。まず、ワイヤーフレームを作成していきます。ワイヤーフレームは、本格的な設計図をつくるために、役立つツールです。デザインを依頼する際に、かかせません。

今回は、ワイヤーフレームとは、どんなツールで、どのようにしてデザインをおこしていくのか、紹介していきます。

■ワイヤーフレームとは

ワイヤーフレームとは

0147_02

ワイヤーフレームとは、デザインを可視化させる下書きのようなものです。一言でいえば、「サイトの設計図」になります。WEB・アプリの画面に「なにを」「どこに」「どのように」配置するのかを決めていくことが可能です。

それぞれ具体的にいうと、

「なにを」・・・ロゴ/タグライン/メニュー構成/コンテンツ/検索BOXなど
「どこに」・・・ヘッダー/フッター/ボディ/サイドバー/ナビゲーションなど
「どのように」・・・段組み設定/リンク集/画面仕様など

などがあげられます。

WEB・アプリ全体の設計を、ワイヤーフレームによって、プロジェクトのメンバー・関係者で共有することができます。また、機能や要素の過不足をチェックしあえることも容易です。つまり、コミュニケーションツールとして活用できるということです。

ワイヤーフレームをつくるポイント

0147_03

ワイヤーフレームをつくる上で、もっとも心がけたいことは、ユーザーが検索体験をしやすい設計にすることです。ユーザーにとって使いにくいサイトはNG。また、ユーザーに伝えたい情報や、とってもらいたい行動がわかりやすいことも大切です。

そのために、順番を決めてすすめると、設計がうまくいきます。例えば、「ゴール設定」→「掲載する情報・要素をピックアップ」→「グルーピング」→「優先順位付け」→「レイアウト決め」という流れです。

  • 「ゴール設定」・・・原則は、「1ページごとに、1つの目的・行動」。情報をつめすぎると、ユーザーが迷子になります。WEB・アプリ全体のコンセプト・ゴールをはっきりさせ、各ページのテーマを明確にしていきます。
  •  

  • 「掲載する情報・要素をピックアップ」・・・まず、ワイヤーフレームに配置する情報・要素を、洗い出していきます。例えば、「ロゴ」「会社名」「店舗情報」「サービス概要」「バナー」「ブログ」「電話番号」「クーポン」など。
  •  

  • 「グルーピング」・・・ピックアップしたコンテンツを、同じグループにわけていきます。同じグループでも、画像や動画、文章、コピーライトなど、いろいろ掲載方法があります。なにを目立たせたいか、考えてみましょう。
  •  

  • 「優先順位付け」・・・グルーピングした情報に、優先順位をつけていきます。優先順位が高い順に「どこに」配置していくのか、決めていきます。人の視線は、左から右に移動するので、目の動きにもあわせて、配置をします。
  •  

  • 「レイアウト決め」・・・まとめた情報の質と量に、適切なレイアウトを選択します。レイアウトは、カラムともいいますが、その種類は、パソコンやスマートフォンによって、多種多様です。カラムについては、弊社ブログ「ライトボックスってなに?WEBのパーツに関するデザイン用語」(参照元:http://www.selva-i.co.jp/blog/archives/2471)でも、少し紹介しているので、参考にしてください。

0147_04

0147_05

【引用:https://pixelbuddha.net/ui-tiles/

0147_06

【引用:http://uxkits.com/products/website-flowchart-and-sitemap

さまざまなレイアウトが作成できるサイトとして、「UI TITES」(参照元:https://pixelbuddha.net/ui-tiles/)「UX KITS」(参照元:http://uxkits.com/)があります。充実したモジュールが用意されています。

■ワイヤーフレーム作成ツール

レイアウトが決まれば、実際に作成していきましょう。さいごに、作成するツールを紹介します。

マニュアル(紙とペン)

0147_07

いわゆる手書きですが、ワイヤーフレームには有効です。「PAPER BROWSER」(参照元:http://www.raincreativelab.com/paperbrowser/)をはじめ、サイト上では、テンプレートも豊富にそろっています。

オフラインツール

Office系では、PowerPointを推奨します。ソフトウェアを使用している人が多いため、共有しやすいツールです。IllustratorやPhotoshop、Fireworksでも作成できるので、使い慣れているツールを選んでください。

オンラインツール

オンラインのツールは充実しています。すでに雛形が用意されていて、ドラッグ&ドロップで簡単に作成できるのが、オンラインツールの魅力です。マニュアルで下書きをして、オンラインツールで清書して完成させてもよいでしょう。いくつか有名なサイトを紹介します。

「Cacoo」・・・25ページまで無料で作成可能。日本語サイトで使いやいツールです。

0147_08

【引用:https://cacoo.com/lang/ja/

「Moqups」・・・25万人が利用しているツールで、2プロジェクトまで無料です。ワイヤーフレーム内でリンクを設置ができるなど高機能。

0147_09

【引用:https://moqups.com/

「Vectr」・・・ワイヤーフレームをオンラインで共有でき、シェアした人も修正が可能。サイズをpx(ピクセル)、cm(センチメートル)、pt(ポイント)と切り替えられるのが便利です。

0147_10

【引用:https://vectr.com/

まとめ

WEB・アプリの設計図。ワイヤーフレームとは

ワイヤーフレームとは ■ワイヤーフレームとは、「サイトの設計図」
■WEB・アプリの画面に「なにを」「どこに」「どのように」配置するのかを決めていくことが可能。
■プロジェクトのメンバー・関係者で、コミュニケーションツールとして活用できる。
ワイヤーフレームをつくるポイント ■ユーザーが検索体験をしやすい設計にすることが大切。
■「ゴール設定」→「掲載する情報・要素をピックアップ」→「グルーピング」→「優先順位付け」
→「レイアウト決め」の順番で作成する。
ワイヤーフレーム作成ツール ■マニュアル(PAPER BROWSER)
■オフラインツール(PowerPoint・Illustrator・Photoshop・Fireworks)
■オンラインツール(Cacco・Moqups・Vectr)

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

この記事を書いた人

投稿者
井上 博登

1980年・大阪生まれ、大阪育ち。立命館大学を卒業後、新卒でヤフー(株)に入社。
1年後に中山(代表取締役)と共に(株)セルバを起業。

見た目は営業、実態は「利益を出すこと」に徹底的にこだわるグロースハッカー。
費用を掛けず、いかにサイトの成果を上げられるのか、日々研究&実践している。

プライベートの趣味は旅行・バスケ・映画鑑賞。 二児のパパ。

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ