share
  • >
  • ブログトップ>
  • 少子化で定員割れのなかでも集客に困らない! 『学校ポータルサイト構築』まとめ

少子化で定員割れのなかでも集客に困らない! 『学校ポータルサイト構築』まとめ

ブログ011_01(学校)

ポータルサイトが、アツいのか?

ポータルサイトを運営するビジネスのなかでも、学校教育に関わるマーケットは、注目すべき分野です。

学校に特化したポータルサイトでは、全国の大学や短期大学、専門学校から、ユーザーに適した進路先を検索して探すことができます。興味のある学校が見つかれば、ポータルサイトから資料請求や進路ガイダンスの予約をすることが可能です。

ここ数年、少子化が問題になっています。その影響で、入学定員数を下回る学校も出てきています。学校経営が危ぶまれるケースもあり、大きな成長を期待できるとは言い切れません。

このような状況にもかかわらず、学校ポータルサイトを取り上げたい理由は、安定的なマーケット規模と、インターネット検索の可能性です。

ブログ011_02(学校)

ブログ011_03(学校)

【引用:http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile

例えば、文部科学省の「平成27年度学校基本調査」をみると、大学の学生数は、2860120人で前年度よりも4681人、入学者数は、617507人で前年度よりも9260人増加しています。この5~6年で学生数・入学者数は、大幅な増減はありません。つまり安定したマーケットであることがわかります。

ブログ011_04(学校)

【引用:http://www.mobile-research.jp/investigation/research_date_140724.html

さらに、ネットエイジア株式会社による「大学選びに関する調査2014」では、大学の情報収集方法は、「インターネット検索して」が31.4%、「進学情報サイトを使って」が19.7%にのぼることがわかりました。

今後、スマートフォンへの対応やSNSとの連携によって、さらなるインターネット検索や進学情報サイトの利用が見込めます。したがって、インターネットを活用した進路先の検索は、安定したマーケットでありながら、活用の仕方によっては、今後も十分に利益が期待できる分野です。そこで今回は、学校ポータルサイトの構築術をみていきましょう。

目次

■準備①(リサーチ編)
■準備②(目標設定編)
■準備③(コンテンツ編)
■サイト構築(制作編)
■リリース後
■よくある質問・回答
■まとめ

準備①(リサーチ編)

ポータルサイトは、いきなり構築して、オープンできるものはありません。まず初めに。ファッションポータルサイトについてリサーチをしていきます。どんなポータルサイトがあるのか、みていきましょう。

学校ポータルサイト一覧

【リクナビ進学】

ブログ011_05(学校)

【引用:http://shingakunet.com/

リクルートグループの学校ポータルサイト「リクナビ進学」。進路先の学校検索をするだけではなく、先輩のインタビュー動画や適職・適学診断をすることができます。

【ナレッジステーション】

ブログ011_06(学校)

【引用:http://www.gakkou.net/

「ナレッジステーション」は、株式会社インサイトインターナショナルが運営するポータルサイトです。大学・専門学校情だけではなく、中学校・高校の学校情報を配信しています。

【さんぽう進学ネット】

ブログ011_07(学校)

【引用:http://www.sanpou-s.net/

「さんぽう進学ネット」は、大学・専門学校・資格検索のほかにも、小論文必勝サポートや面接対策といった受験対策情報も充実しています。

【進学と就職のJS88.com】

ブログ011_08(学校)

【引用:http://school.js88.com/

株式会社JSコーポレーションが手がける、業界では先がけとなるポータルサイト。大学・短期大学・専門学校・高校・中学校・塾に関する総合情報を提供しています。

【進路ナビ】

ブログ011_09(学校)

【引用:http://shinronavi.com/

「進学ナビ」は、4138校の大学・短期大学・専門学校に関する受験・入試情報を掲載しています。株式会社ライセンスアカデミーが運営するサイトです。

競合サイトの戦術を知ろう

では、競合サイトとなる学校ポータルサイトは、どのような方法でアクセス数をあげているのか、みていきましょう。

【競合サイトを探す】
競合サイトが、特定しきれない場合は、類似のサイトを見つけ出す方法があります。Googleの検索窓に、「related:URL」を入力します。

ブログ011_10(学校)

【引用:related:http://shingakunet.com/

「リクナビ進学」を例に挙げると、URLは「http://shingakunet.com/」です。入力してみると、「さんぽう進学ネット」や「マナビジョン」「JS88.com」「なるには進学」といった学校情報サイトが表示されます。

このようにして、類似しているコンテンツのサイトを選出することができます。
【競合サイト分析】

【SimilarWeb】

ブログ011_11(学校)

【引用:https://www.similar-web.jp/

競合サイトをリサーチするには、「SimilarWeb」がツールとして便利です。

「SimilarWeb」に、競合サイトのULRを入力すると、検索ランキング・訪問者数・平均滞在時間・平均PV・平均直帰率がわかります。それだけではなく、流入経路も調べることが可能です。SNS・インターネット広告・検索エンジン・直接アクセス(ブックマーク・お気に入り)などです。

実際に「SimilarWeb」を用いて、学校ポータルサイト一覧で紹介したサイトを調査しました。

リクナビ進学
訪問者数 170万
平均滞在時間 2分58秒
平均PV 3.55ページ
平均直帰率 58.31%
流入経路 検索エンジン 64.22%
直接アクセス 11.91%
流入元 21.96%
【 検索ワード 】リクナビ進学/臨床検査技師/放射線技師/専門学校/キャリアガイダンス
【 流入元 】職業図鑑/ISIZE/大学受験パスナビ/短期大学偏差値一覧
ナレッジステーション
訪問者数 35万6300
平均滞在時間 2分31秒
平均PV 3.24ページ
平均直帰率 50.82%
流入経路 検索エンジン 84.96%
直接アクセス 10.00%
流入元 4.87%
【 検索ワード 】通信制大学/通信大学/社会人入試/ao入試
【 流入元 】Hao123/ランサーズ/東京農業大学
さんぽう進学ネット
訪問者数 30万6700
平均滞在時間 2分35秒
平均PV 3.31ページ
平均直帰率 61.82%
流入経路 検索エンジン 70.78%
直接アクセス 18.11%
流入元 10.64%
【 検索ワード 】専門学校/さんぽう/志望理由書/リベラルアーツ/志望動機書
【 流入元 】独立行政法人学生支援機構/Bslink/Hao123/リセマム
進学と就職のJS88.com
訪問者数 77万2100
平均滞在時間 2分19秒
平均PV 3.06ページ
平均直帰率 57.72%
流入経路 検索エンジン 64.99%
直接アクセス 16.61%
流入元 17.24%
【 検索ワード 】日本の学校/センター試験 過去問/地方公務員になるには
【 流入元 】Pointi.jp/JS88.com
進路ナビ
訪問者数 21万1800
平均滞在時間 2分13秒
平均PV 3.00ページ
平均直帰率 64.22%
流入経路 検索エンジン 57.32%
直接アクセス 27.66%
流入元 14.65%
【 検索ワード 】進路ナビ/専門学校/志望理由書/志望動機書
【 流入元 】株式会社ライセンスアカデミー/大阪バイオメディカル専門学校/大學新聞/大阪歯科大学

これらの結果をみて、わかることは、

  • リクナビ進学の訪問者数が170万で、他サイトに比べて群を抜いている。
  • 滞在時間は2分台、また3PVが多い。
  • 直帰率は、50~60%台。「ナレッジステーション」の50.82%と「進学ナビ」の64.22%がもっとも乖離がある。
  • アクセス経路は、検索エンジンがメイン。他に直接アクセスか流入元からの訪問がある。
  • 検索されているキーワードは。サイト名か、進学に関連するキーワード。
  • ブックマークやお気に入りに追加して、直接アクセスする固定ユーザーを獲得している。
  • 流入元は、学校情報サイトや大学・専門学校のサイトからリンクが貼られて、アクセスされている。
  • ダイレクトメールや広告、SNSからの流入は、あまり見られない。

といったことです。

【アクセス数からみる競合サイト】

「SimilarWeb」の調査では、「リクナビ進学」の訪問者数が目立ちました。これは「リクルート」という母体グループのブランド力や知名度が関係していると考えられます。

ブログ011_12(学校)

【引用:http://manabi.benesse.ne.jp/

「リクナビ進学」のほかに、ブランド力・知名度のあるサイトでは、さきほど競合サイトとして検出された「Benneseマナビジョン」があげられます。ベネッセコーポレーションが運営するサイトです。

ベネッセコーポレーションは、「進研ゼミ」や「こどもチャレンジ」など主力サービスを展開しており、株式会社ベネッセホールディングスを母体に持つ企業です。「Benneseマナビジョン」の訪問者数を「SimilarWeb」でみると「リクナビ進学」を上回る320万でした。

「リクナビ進学」や「Benneseマナビジョン」は、スケールメリットという点で非常に有利なサイトです。というのも、自社・グループの関連サービス・ビジネスモデルを横展開したり、関連サイトからのアクセスを促進させたりできるためです。

ここで大切なのは、自社で展開したいのは、どのようなサイトかを見極めていくことです。「リクナビ進学」や「Benneseマナビジョン」のようなメジャーサイトに競合するサイトか、それともより専門性や特徴的なサービスを活かしたサイトにするのか、軸となる考えを持たなければなりません。そのために必要な段取りへとうつっていきましょう。

準備②(目標設定編)

次は、プランニングしていくために必要なゴール設定を取り上げます。とくに、サイトの目的・ターゲット・差別化・目標を決めていきます。

サイトの目的を明確にしよう

学校ポータルサイトの目的は、集客を行うことです。とくに受験生ユーザーのアクセスを集めることです。

集客とは、アクセス数をあげることだけではありません。ユーザーの検索体験を充実させる情報提供はもちろんですが、より重要なのは成果につなげることです。成果とは、資料請求・願書請求、オープンキャンパス参加予約、進路イベント参加予約を増やすことであるといえます。

ほかにも掲載している広告のインプレッション(広告表示)数やクリック数、もっと言えば、リンク先でのコンバージョン(資料請求やオープンキャンパス・体験入学の予約)数が求められます。

具体的にターゲットを決めよう

ここで、どのターゲットにむけた集客をするのかが、重要になってきます。

ターゲットとは、

  • ユーザー層(高校生(1年生・2年生・3年生)/大学生/中学生/小学生/社会人など)
  • 立場(受験生/受験生保護者)
  • 偏差値・目指す職業
  • エリア(全国版/地域・エリア限定/海外)
  • 進路先(大学/短期大学/専門学校/大学院/留学/高等学校/編入/塾・予備校/高等学校/中学校/カルチャースクール・ビジネススクール・英会話など)
  • 専門分野(医療/看護/介護/美容・理容・メイク/スポーツ・健康/ファッション/音楽・エンタテイメント/ブライダル/ホテルなど)

などに細分化されます。ほかにも夜間入学やAO入試を考えているユーザーも想定できます。

ブログ011_13(学校)

【引用:http://www.ishin.jp/

例えば、「さんぽう進学ネット」の姉妹サイトに「看護医療進学ネット」があります。医療・介護・福祉分野の専門学校・大学を目指すユーザー向けに情報掲載しているポータルサイトです。

ターゲットは、特定のペルソナを設定すると、定まりやすいでしょう。ペルソナとは、理想のユーザー層です。ユーザーはどんな人物なのか、市場調査やマーケティング活動から、人物像を描き出していきます。

ペルソナが、いつどんなキーワードで、どのようにリサーチをするのかを考えていくと、行動や嗜好にあわせたコンテンツ配信が、戦略的にできるようになります。

強みをどうするのか考えよう(差別化対策)

ターゲットに対して情報を配信する場合、重要なことはサイトの差別化です。ユーザーは、検索したサイトがどんな特徴を持つか、ほかのサイトとどう違うかを見極めています。

差別化をはかることができるポイントとして、

 

  • 大学・短期大学・専門学校の学校掲載数が、他サイトに比べて多い。
  • 自社サイトのみのプレゼント・キャンペーンを実施している。
  • 自社サイトのみのイベントやセミナーを開催している。
  • 専門分野(医療/美容/専門学校/短期大学など)に特化している。
  • 受験・入試対策の関連サービス・アプリを提供している。
  • 特集記事・インタビューなど独自コンテンツが充実している。

などがあります。

サイトの目標と時期を明確にしよう

サイトの方向性が定まってきたら、具体的なゴールを決めていきます。新規でポータルサイトを構築する場合は、目指したい数値、既存サイトであれば改善したい目標です。

目標数値にしやすいのは、

  • 資料請求数
  • 願書取り寄せ数
  • オープンキャンパス・体験入学予約数
  • 進路ガイダンス・セミナーの予約数
  • PV・アクセス数
  • インプレッション数・クリック数
  • 滞在時間
  • 広告売上高

など。

「アクセス数をあげる」ではなく、「1年後に、アクセス50万を100万にする」と、具体的な目標を設定します。

ゴールを実現する期日も決めると、ロードマップがみえてきます。どのフェーズで、どんな対策をすればよいか、が定まってきます。

ポータルサイトができあがった後の集客方法を考えておこう

段取りの最後として、ポータルサイトをオープンした後に、どうやって集客していくのか、考えていきます。つまりターゲットとなるユーザーに、自社サイトへアクセスしてもらう方法です。

<ネットでの集客方法>

ブログ011_14(学校)

【引用:http://www.mobile-research.jp/

ネットエイジアリサーチの調査によると、情報収集の対象となる大学について、「自分の偏差値・学力に合った大学(入試難易度ランキング・偏差値一覧などから)」が52.7%で最も高くなった。次いで「興味のあるキーワード(学科名など)で検索してヒットした大学」が41.0%」であったと報告されています。

つまりユーザーは、能動的なリサーチで、自分に適した大学を検索しようとしていることがわかります。この調査結果の傾向を、ポータルサイトにも適応して考えると、ユーザーの求めるランキング情報が掲載されているか、または検索エンジンで上位表示されるかが重要です。

<マッチング機能>

ランキング・難易度一覧について、ポータルサイトでは、偏差値順に学校・学部情報を掲載していくだけでは意味がありません。ユーザーと学校をマッチングさせる機能が求められます。

偏差値のほかにも、目指す資格・職業から進路先を絞り出せるコンテンツも充実させたいポイントです。適職・適学は、質問やアンケートによって判別することができます。豊富なランキング情報やマッチング機能からユーザーの流入を促します。

<検索キーワード>

「SimilarWeb」を用いたリサーチでもわかったように、ポータルサイトへユーザーが流入してくる、おもな経路は検索エンジンです。そこで検索エンジン上で表示されるために、キーワードを選定していきます。

キーワードを考える上で、有力なツールに、「Google Adwords」の「キーワードプランナー」があります。

【「Google Adwords」の「キーワードプランナー」】

ブログ011_15(学校)

【引用:https://adwords.google.co.jp/keywordplanne

「キーワードプランナー」では、検索ボリュームや、広告グループ、キーワード候補を調べることが可能です。

実際に「進学ナビ」を調べてみると、「専門学校」や「看護学校」「美容専門学校」「看護専門学校」「美容学校」「看護学校 社会人」「看護学校 学費」「ゲーム 専門学校」「看護学校 偏差値」「看護師 専門学校」などが、キーワード候補にあがってきます。

ブログ011_16(学校) ブログ011_17(学校)

【引用:https://www.google.co.jp/trends/explore#q

さらに、人気・注目キーワードを調べるサイトに「Google Trends」があります。

例えば、「Google Trends」で「専門学校」を入力すると、人気キーワードに「看護専門学校」「看護学校」「東京専門学校」「医療専門学校」「福祉専門学校」、注目キーワードに「オープンキャンパス」「専門学校学費」「看護師」「製菓専門学校」「看護専門学校」が表示されます。

これらのツールを活用して、自社サイトに適したキーワードを選び出します。キーとなるキーワードを、タイトルやコンテンツに盛り込んでいきます。

<検索エンジンで上位表示されるサイト>

では実際に、関連キーワードを入力すると、どのサイトが上位表示されるでしょうか。想定されるキーワードを用いて、いくつか事例をみていきましょう。なお、ポータルサイトは緑色で表示しています。

キーワード 検索結果
専門学校 「Wikipedia」「さんぽう進学ネット」「マイナビ進学」「リクナビ進学」
「みんなの専門学校」
「学校法人大阪デザイナー専門学校」
「進路ナビ」
看護師 専門学校 「リクナビ進学」「ナレッジステーション 日本の専門学校」「大阪医療看護専門学校」「阪奈中央看護専門学校」「大阪保健福祉専門学校」「YOMIURI ONLINE 発言小町」「高槻市医師会看護専門学校」
大学 法学部 関東 「リクナビ進学」「大学偏差値.biz」「大学受験!偏差値・大学 情報!」「関東学院大学法学部」「大学・専門学校学費ランキング」「学ブ」「JS88.com」「日本大学法学部」

リサーチすることで、ポータルサイトが検索結果に表示されることがわかります。しかしながら、ほかにも学校法人のサイトやランキングサイトが上位にあがってきます。

すでに紹介したツールを活かしながら、どうやって検索エンジン上で他サイトに比べて有利に立てるかも考えなくてはなりません。

<SNS対策>

ブログ011_18(学校)

【引用:https://twitter.com/r_shingakunet

TwitterやFacebook、LINEでフォロワーや「いいね!」を獲得して、タイムラインで情報を発信する方法です。

「リクナビ進学」は、Twitterで6716人、「Fashionsnap.com」で1448人のフォロワーがいます。定期的なツイートや投稿が、リツイートやシェアされることで、アクセス数をあげることができます。

現在、SNSからのアクセス数はまだ多くありません。10代のユーザー層から支持されるSNS、またキャンペーンや特集と連動させた情報発信をするなど、工夫をすればSNSをより活用できるのではないでしょうか。

<関連サービスと連携>

学校ポータルサイトは、進学・受験アプリやサービスと相互で連携しているケースがあります。

ブログ011_19(学校)

【引用:https://studysapuri.jp/

「リクナビ進学」では、関連サービスに「スタディアプリ」や「リクルート進学総研」があります。このような関連サイト・アプリからアクセスを促すことも効果的です。

<リアルでの集客方法>

インターネットではなくリアルな場面での集客アップをはかります。

例えば、自社で進路ガイダンスやセミナーを開催した場合、ほかにも実店舗で教育サービスを提供している場合、参加者や生徒・保護者にポータルサイトの案内が可能です。

準備③(コンテンツ編)

ブログ010_18(ペット)

必要な機能・コンテンツを考えよう

一般的なポータルサイトのコンテンツを事例にします。ターゲットや、サイトの特長によって、内容は変わります。

<必須の機能・コンテンツ>

  • トップページ
  • お知らせ・ニュース一覧/詳細
  • 学校検索機能/詳細
  • 【検索窓】
    学校名や学科・資格など気になるワードを入力
    【検索条件】
    エリア(都道府県・市町村)/学校(大学・専門学校・短期大学・高等学校・中学生)/学部・学科(人文科学・政治学・法学・医学・薬学・社会学・工学・建築学・理学・国際関係学・政策科学・経営学・経済学・人間科学・科学・化学・物理学・数学など)/資格(公務員・司法書士・弁理士・弁護士・美容師・理容師・医師・看護師・助産師・介護士・保育士・栄養士・二級建築士・一級建築士、ほか多数)/学びたい・仕事で携わりたい分野(医療・看護・介護・鍼灸・接骨・メンタルヘルス・福祉・教育・保育・金融・不動産・ファッション・IT・ホテル・ブライダル・調理・製菓・ゲーム、ほか多数)

  • 学校検索機能/詳細
  • 【検索結果】
    学校名/キャッチフレーズ・特長/学部・学科・コース/所在地・アクセスマップ/卒業後のキャリア・進路先・就職先/資格取得データ/入試情報/オープンキャンパス情報/過去入試・合格・入学者数/学費・入学金/授業の紹介・レポート/特集記事・コンテンツ/学校理念・学長の挨拶/学生の方へ/保護者の方へ/公式サイトへのリンク
    【検索結果】
    資料請求/願書取り寄せ/オープンキャンパス参加/QRコード読み取り

  • 利用規約
  • サイト紹介
  • よくある質問
  • 特定商取引法に基づく表示
  • 個人情報について
  • 会社概要
  • 関連会社・サイト一覧
  • 広告掲載やサイトに関するお問い合わせフォーム
  • リンクについて
  • サイトマップ

<欲しい機能・コンテンツ(優先度:高)>

  • 学校検索機能/詳細
  • 【検索条件(入試)】
    偏差値/設置区分(国公立・私立)/AO入試/社会人入試/留学生入試/インターネット出願可/センター試験入試実施/特別推薦枠/地方入試実施/編入学制度
    【検索条件(特徴)】
    留学制度が充実/新しい大学・学部学科/奨学金制度が充実/授業料免除制度/夜間コース/通信コース/大学院/校舎が新しい/駅近/資格取得制度が充実/留学生が多い/外国人講師が多い/授業が英語/有名な講師・教授が多い/少人数制コース・クラス/学部・学校を超えて盛んな交流がある/実績あるサークル活動/学生寮がある/食堂・カフェが美味しい/人気講義がある/産学連携に強い/研究に強い/設備充実/先端技術の授業・ゼミ・研究/
    【検索条件(就職)】
    就職率が高い/インターシップに精力的/就職ガイダンス・セミナー・講座などサポート体制が充実/資格合格率が高い

  • 検討リストに保存/検討リストの一括表示
  • 一括資料請求・願書取り寄せ
  • 最近見た学校
  • この学校を見た人・資料請求した人は、こんな学校にも興味を持っています・資料請求しています
  • 最近更新された学校
  • イベントカレンダー(進学イベント・セミナー/オープンキャンパス/入試など)
  • 広告掲載サービス
  • 関連記事
  • おススメ特集・インタビュー企画
  • 注目の学校・進学イベント
  • 適職・適学診断/結果に近い仕事・勉強をしている先輩の記事
  • 人気職業・資格・記事
  • SNS(Facebook・mixi・Twitter・Google+・Instagram)との連携
  • SNSでシェアされている記事

<欲しい機能・コンテンツ(優先度:中)>

  • プレゼント・キャンペーン・コンテスト
  • 会員登録(マイページ機能)
  • 受験・入試対策(小論文・面接・志望理由書・入学願書・センター試験・過去問題)
  • 関連サイト・アプリ・サービスとの連動
  • 偏差値一覧・難易度ランキング(学校・学部・学科別)/大学ブランドランキング
  • アクセスランキング
  • 進路相談コミュニティ・口コミ情報
  • 奨学金情報
  • 今週・今月注目のオープンキャンパス
  • 留学生向け情報
  • 外国語対応(英語・中国語・韓国語・フランス語など)

<欲しい機能・コンテンツ(優先度:低)>

  • メルマガ登録
  • 進学お役立ち情報(センター試験やAO入試、推薦入試といった基礎知識の解説など)
  • 大学生・専門学校生のアルバイト情報
  • 講師・教職員募集
  • 先輩・卒業生の声(受験・勉強方法/進路選び体験談/苦手克服方法/おススメの参考書など)
  • キャンパス写真・動画ギャラリー
  • 名物先生の紹介
  • 社会貢献活動の案内

優先順位の高いコンテンツは、もっともユーザーに読まれる可能性があり、アクセス数も見込めるページになります。ほかにも、入れたいコンテンツがあるか、整理してみましょう。

サイト構築(制作編)

ブログ010_19(ペット)

サイト構築に準備しなければならないもの

サイトを制作していくために、契約や素材を準備しておく必要あります。

<契約関係>
サーバー/ドメイン/SSL

<サイト内の素材関係>
サイト内で利用するテキスト/写真/アイコンなど素材/動画

自社で準備できるものはしておきましょう。ただし、契約や素材に関して、内容や予算にあわせて制作会社に相談した方がよい場合もあります。例えば、サーバーについては、想定される規模や機能に合わせ、弊社(株式会社セルバ)からも提案させて頂いています。

サイト構築の流れ

ブログ010_20(ペット)

サイト作成のプロセスについて、以下、弊社のフローをモデルケースとして、参照してください。
① ご依頼~発注まで

ご依頼内容を基に、お見積書を作成・提出いたします。
お見積りにご納得いただきましたら、ご契約を交わします。

② 設計(要件定義・概要設計・詳細設計)

まずは、要件定義にてご依頼内容の詳細を詰め、お客様がイメージされているものを具体的にしていきます。その後、具体的に決まった内容をシステム・デザイン面の要件としてまとめる概要設計を行い、詳細設計にて概要設計の内容を、開発時の設計書まで落とし込んでいきます。

③ 制作(開発・テスト)

設計書に沿って、開発をします。開発後は、要件定義・設計にそって開発できているか、動作不具合がないかを社内で確認いたします。
またお客様でも要件定義の内容を満たしているか、動作不具合がないか、品質に問題がないかをご確認いただきます。お客様によるご確認で新たに発生してきた軽微なご要望を対応いたします。

制作費用

サイトの制作費用について、以下、弊社のフローを、モデルケースとして参照してください。
初期費用:250万円~(デザイン・コーディング: 100万円~ / システム開発: 150万円~)

月額費用:4万円~(お問い合わせ対応 / サービス監視 / 問題発生時の原因調査・復旧対応)
※サーバー・ドメイン・SSL・メルマガ配信ASPに関する費用は除く

制作期間

サイトのコンテンツによっても誤差はありますが、一か月前後が目安です。

リリース後

リリース後の運用は何が必要なのか、考えておこう

<自社(お客様)ですること>

  • コンテンツ・新サービスの企画
  • コンテンツ・新サービスの原稿作成

<システム運営会社(株式会社セルバ)ですること>

  • サービスの死活監視
  • 不具合発生時の復旧対応・原因調査
  • 各種お問い合わせ対応 etc.

よくある質問・回答

ブログ009_20(保険)

【Q】デザインは、自由に変更できますか?
【A】変更は可能です。ただし、見積の範囲内でできる内容になります。想定以上の変更をする場合は、別途費用が必要です。
【Q】目標や戦略をどうやって立てればいいかわりません。
【A】KPI(重要業績評価指標)やKGI(重要目標達成指標)などの指標をもとにして、つくっていきます。ゴールを実現するために、PDCAも必要です。弊社に相談して頂いた際、これらの事項を組み立てていくために、綿密に打合せをさせて頂きます。
【Q】サイト構築後に、サポートはしてもらえますか?
【A】弊社では、電話やメール、打合せを通して、サポートをさせて頂きます。とくにシステムの運営に関するサポートを強みとしております。
【Q】どんなキャンペーンや特集がいいでしょうか?
【A】事例として、ある一定数の資料を一括請求すれば、500円~1000円の図書カード・ショッピングカードをプレゼントするキャンペーンがあります。ゴールを実現するために効果的なキャンペーンを打ち出していきましょう。
【Q】スマートフォンからのアクセスを増やせますか?
【A】受験生のスマホでのインターネット検索率は、8割を超えています(参照元)。学校ポータルサイトでもスマホの最適化、すなわち、表示スピードや軽さへの対応が必要です。弊社でも、レスポンシブデザインやモバイルファースト対応をしておりますので、お気軽にご相談ください。

まとめ

目次 まとめ
準備①(リサーチ編) ■下調べをしよう
・代表的なサイトを知る
→「リクナビ進学」「ナレッジステーション」「さんぽう進学ネット」「進学と就職のJS88.com」「進路ナビ」

【競合サイトを探す】
→Googleの検索窓に、「related:URL」を入力。
【競合サイト分析】
→SimilarWeb の活用→検索エンジンが流入経路のメイン。

■サイトの目的を明確にしよう
・集客=資料請求・願書請求、オープンキャンパス参加予約、進路イベント参加予約数を増やす。

■具体的にターゲットを決めう
・ユーザー層
・立場
・偏差値・目指す職業
・エリア
・進路先
・専門分野

■強みをどうするのか考えよう(差別化対策)
・学校掲載数が多い。/自社サイトのみのキャンペーン・プレゼント・イベント・セミナーなど

■サイトの目標と時期を明確にしよう 
・資料請求数/願書取り寄せ数/オープンキャンパス参加数など
準備②(目標設定編) ■ポータルサイトができあがった後の集客方法を考えておこう
・マッチング機能の充実
・検索エンジン:「Google Adwords」の「キーワードプランナー」、「Google Trends」の活用。
・SNS対策
・外部サービスとの連携
・進路ガイダンスやセミナーなどリアルでの集客
準備③(コンテンツ編) ■必要な機能・コンテンツを考えよう
・必須の機能・コンテンツ(トップページ・新着情報一覧・学校検索機能)
・欲しいコンテンツは、優先順位の高いものからピックアップ。
サイト構築(制作編) ■サイト構築に準備しなければならないもの
・ 契約関係(サーバー・ドメイン・SSL)
・ サイト内の素材関係(サイト内で利用するテキスト・写真・動画)  

■サイト構築の流れ(ご依頼・発注→設計→制作)
・制作費用(初期費用:250万円~/月額費用:4万円~ )
・制作期間:1か月前後(目安)
リリース後 ■リリース後の運用は何が必要なのか、考えておこう
・ 自社(お客様)ですること(コンテンツの企画・原稿作成)
・ システム運営会社ですること(サービスの死活監視・不具合発生時の復旧対応・原因調査・各種お問い合わせ対応)

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

この記事を書いた人

投稿者
奥中 将太

大阪出身、1991年生まれでセルバの中では一番の若手です。

元は某ITベンチャー企業の営業マンでしたが、日々の業務をこなしているうちに自ら制作する側になりたいと思い、全く知識・技術もなく転身。
日々進化する、技術を毎日必死で学んでいます。

趣味は、音楽・旅行・釣り

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ