share
  • >
  • ブログトップ>
  • 優秀な人材のアクセスが集まる⁉ 『医師専門求人サイト構築』まとめ

優秀な人材のアクセスが集まる⁉ 『医師専門求人サイト構築』まとめ

ブログ001_01求人サイト構築(医療)

競合サイトよりも、よい人材が集まるサイトづくりとは?

「高収入で、年間休日も多くて、残業も少ない」 。そんな求人情報を掲載しているサイトを目にしたことがある方は、少なくはないのではないでしょうか。好条件が3拍子揃った人材募集は、とても魅力的です。

しかしながら、実際に問い合わせてみると、そんな求人情報はなくて 新規ユーザーにサイトへ登録してもらうための架空求人だった ということが、しばしばあります。

現在、医師の就職・転職マーケットは、売り手市場です。こうした状況から、一人でも多くの求職者を獲得すべく、求人サイトでも躍起になって様々な対策を講じています。競合サイトも多いマーケットなので、先ほどのような好条件をうたい文句にして、アクセスを集めるサイトが出てきてもおかしくはありません。

ですが、最適な求人情報を探しているユーザーにとっては、期待を裏切られた気分になります。むしろ 求人サイトがやるべきことは、ユーザーが検索体験を充実できるコンテンツを、提供していくこと です。そこで今回は、最適な求人のマッチングを行いながら、アクセスを集めていく求人サイトの構築術について紹介していきます。

目次

準備①(リサーチ編)
準備②(目標設定編)
準備③(コンテンツ編)
サイト構築(制作編)
リリース後
よくある質問・回答
まとめ

準備①(リサーチ編)

求人サイトサイトは、いきなり構築して、オープンできるものはありません。まず初めに医師専門の求人サイトについてリサーチをしていきます。どんな求人サイトサイトがあるのか、みていきましょう。

求人サイト一覧

MC  ドクターズネット

ブログ001_02求人サイト構築(医療)

【引用:http://mc-doctor.net/?trflg=1

株式会社メディカル・コンシェルジュの医師求人サイト「MC ドクターズネット」。全国に15の拠点を展開しており、幅広い求人を扱っています。

リクルートドクターズキャリア

ブログ001_03求人サイト構築(医療)

【引用:https://www.recruit-dc.co.jp/

株式会社リクルートメディカルキャリアが運営する医師求人サイト。リクルートのブランド力を活かしながら、30年以上の実績があります。常時10000件以上の求人情報を提供しています。

e-doctor

ブログ001_04求人サイト構築(医療)

【引用:https://www.e-doctor.ne.jp/

1992年から医師求人のサポートを開始以来、病院・クリニックだけではなく、老健や産業医、製薬会社、海外臨床など幅広い分野を得意としています。株式会社リンクスタッフが運営しています。

医師転職ドットコム

ブログ001_05求人サイト構築(医療)

【引用:http://www.dr-10.com/

株式会社メディウェルによる医師転職サイトで、求人件数は約40000件で国内最大級。専門医認定施設の求人に強みを持っており、約1500件の求人を展開しています。

M3  CAREER AGENT

ブログ001_06求人サイト構築(医療)

【引用:https://agent.m3.com/

医療従事者のキャリアサービスを展開するエムスリーキャリア株式会社のサイト。2009年に誕生したばかりのサイトですが、医師の登録者数は20万人以上で、国内でもトップクラスです。

競合サイトの戦術を知ろう

代表的な医師の求人サイトを紹介してきましたが、他にも多数の求人サイトが存在します。ほとんどの場合、人材紹介・人材派遣サービス、ないしは求人広告サービスのビジネスモデルを採用しているサイトです。

次に、これらのサイトが、どのような方法でアクセス数をあげているのか、みていきましょう。いわゆる競合サイトの分析です。

【競合サイトを探す】

競合サイトが、特定しきれない場合は、類似のサイトを見つけ出す方法があります。Googleの検索窓に、「related:URL」を入力します。

ブログ001_07求人サイト構築(医療)

【引用:https://agent.m3.com/

「MC ドクターズネット」を例に挙げてみます。URLは「http://mc-doctor.net/?trflg=1」です。実際に調べてみると、「m3.com」や「CB net」「ジョブセンス」「リクルートドクターズキャリア」「GUPPY」といったサイトが表示されます。ほとんどの場合、医師専門か医療従事者の求人サイトです。

このようにして、類似しているコンテンツのサイトを選出することができます。 【競合サイト分析】

競合サイトをリサーチするには、「SimilarWeb」がツールとして便利です。

ブログ001_08求人サイト構築(医療)

【引用:https://agent.m3.com/

「SimilarWeb」に、競合サイトのULRを入力すると、検索ランキング・訪問者数・平均滞在時間・平均PV・平均直帰率がわかります。それだけではなく、流入経路も調べることが可能です。検索エンジン(GoogleやYahoo!など)・直接アクセス(ブックマーク・お気に入り)・流入元(被リンク)などです。

実際に「SimilarWeb」を用いて、医師専門の求人サイトについて調べてみました。

サイト名 訪問者数 平均
滞在時間
平均PV 平均
直帰率
流入経路
直接
アクセス
検索
エンジン
流入元
MC  ドクターズネット 7800 1分31秒 2.3ページ 35.16% 57.21% 23.30% 19.49%
リクルートドクターズキャリア 8万8500 1分06秒 2.43ページ 69.44% 17.64% 62.22% 14.25%
e-doctor 7万3100 2分10秒 2.96ページ 60.46% 20.89% 59.69% 14.35%
医師転職ドットコム 11万2800 4分49秒 7.92ページ 53.89% 34.00% 36.93% 19.33%
M3  CAREER AGENT 8万1600 1分49秒 1.88ページ 57.14% 14.14% 20.60% 59.70%

これらの結果をみて、わかることは、

  • 訪問者数は、主に7 万~8 万ですが「医師転職ドットコム」が11 万を超えています。
  • 平均滞在時間は、1 分から2 分台ですが、「医師転職ドットコム」のみ4 分台です。
  • 平均PV は、2 前後ですが、「医師転職ドットコム」は約8PV です。
  • 平均直帰率は、主に50 ~60% 台ですが、「MC ドクターズネット」は30 %台、「リクルートドクターズキャリア」は、約70 %近くです。
  • 流入経路は、サイトごとに特徴が異なります。ただ、検索エンジンからのアクセスが目立っています。「MC ドクターズネット」は直接アクセスから、「M3 CAREER AGENT 」は流入元からの流入経路が高いシェアを占めています。

といったことです。

【「医師転職ドットコム」の戦術とは?】

訪問者数と平均滞在時間、平均PVで、際立つサイトは 「医師転職ドットコム」 です。とくに滞在時間とPVが多いということは、ユーザーによって検索されるコンテンツが豊富にあることを意味します。では「医師転職ドットコム」に、どのようなサイトの特徴があるのでしょうか。

実際に「医師転職ドットコム」がサイト上で謳っているのは、2万人の医師支援実績があること。そして40000件の求人件数と、他のサイトには掲載されていないプレミアム求人が10000件以上という、圧倒的な求人数を誇っています。

ブログ001_09求人サイト構築(医療)

【引用:http://www.dr-10.com/topic/specialist/

そして注目したいのは、 専門医認定施設の求人 が、約1500件以上ある点です。現在、医師の約85%が専門医を取得しています。専門医に登録することが、常識的になってきています。「医師転職ドットコム」では、専門医認定施設または関連施設の90%近くの求人を扱っています。

さらには、年収上昇率が146.6%、転職満足度94.7%という成果もあります。 取り扱っている求人件数はもちろん、今までの実績を含めて、アクセスを高めています 。年収が上がるということから、「医師転職ドットコム」利用者のメインは、常勤の医師です。現職よりもキャリアアップを図るために、「医師転職ドットコム」を利用していると考えられます。

また、滞在時間・PVを上げている理由として、求人検索サービスだけではなく、転職に関する豊富な情報コンテンツがわかりやすく提供されています。

ブログ001_10求人サイト構築(医療)

【引用:http://www.dr-10.com/case/

例えば、300人以上の転職体験談を掲載したページがあります。自分に近い事例(条件・科目・都道府県)を指定して、検索することが可能です。ほかにもサービス内容から転職ノウハウまで、プロセスを細分化してわかりやすく掲載されています。

「医師転職ドットコム」は、 単なる求人サイトというよりも医師のキャリア情報サイトとして高いクオリティを誇って います。これらの理由から、滞在時間・PVという面で、高い水準を実現しているのだと考えられます。

準備②(目標設定編)

競合サイトのリサーチが終われば、ゴール設定に進みます。とくに、サイトの目的・ターゲット・差別化・目標を決めていく必要があります。

サイトの目的を明確にしよう

医師の求人サイトの目的は、 ユーザーが希望する求人をマッチングさせ、円満退職から就職・転職までを成功させること です。多くの場合、求人サイトは人材紹介事業ないしは派遣事業を展開しています。基本的な流れは、サイト上で、ユーザーから登録をしてもらい、担当のキャリアコンサルタントとともに転職活動を進めていきます。また、求人広告のみを掲載するサイトもあります。

いずれにしても、求人サイトは医師と医療機関の求人ニーズをマッチングさせた上で、医療機関から報酬を得るビジネスモデルを採用しているため、成果をあげることを目的として運営しなければなりません。

具体的にターゲットを決めよう

ここでマーケティングにおけるターゲティングないしはセグメンテーションが重要になってきます。

すなわち

  • 年齢
  • 性別
  • 地域
  • 科目・専門分野
  • 経験
  • 希望する条件
  • 転職理由

などカテゴリー別に細分化して、どの層をターゲットにサービスを提供するか、設定してきます。

ブログ001_11求人サイト構築(医療)

【引用:https://medrt.com/spot#tab-nav1

例えば、MRT株式会社が運営する求人サイト 「 Gaikin 」 は、院外勤務すなわち外勤を希望する医師と医療機関の求人ニーズをマッチングさせるサイトです。つまり「Gaikin」では、院外勤務を希望する医師のみを対象にサービスを提供しています。

ターゲティングをして初めて自社サイトのポジショニングから、いわゆる戦略(マーケティングミックス)を構築していくことが可能です。

強みをどうするのか考えよう(差別化対策)

ターゲットに対して情報を配信する場合、サイトの差別化をはかる必要があります。ユーザーは、どんな特徴を持つサイトか、ほかのサイトとどう違うかを見極めています。

差別化をはかることができるポイントとして、

  • 求人掲載数が日本で最大級。
  • 就職・転職サポート実績が豊富にある。
  • ユーザー・会員数が業界でトップクラス。
  • 検索機能だけではなく、サイトの特徴にあった特集記事やコンテンツを配信している。
  • 運営会社の認知度が高い、または関連サイトがブランディングされている。
  • 特定の求人情報に絞ってサービスを提供している。
  • 独自のシステムやサービスを構築している。

などがあります。

ブログ001_12求人サイト構築(医療)

【引用:https://idoctor.co.jp/

例えば、 「 iDoctor 」 は、東京大学出身の医師が、設計した求人検索・応募・勤務管理システムを提供しています。日本においてトップ大学出身の医師という立場から、ドクターにとってユーザビリティの高い最新のマッチングサービスです。信頼感やブランド力、そして独自の開発システムにおいて、他のサイトとは差別化に成功しています。

サイトの目標と時期を明確にしよう

サイトの方向性が定まってきたら、具体的なゴールを決めていきます。新規で求人サイトを構築する場合は、目指したい数値、既存サイトであれば改善したい目標です。

目標数値にしやすいのは、

  • 成約件数
  • 新規登録・問い合わせ件数
  • 掲載医療機関数
  • PV ・アクセス数
  • 広告インプレッション数・クリック数
  • 滞在時間
  • 直帰率

など。

ここで重要なのは、「成約件数をあげる」ことを目標にすることではなく、「1年後に、月間成約件数を30件から50件にする」と、具体的な目標を設定します。そのために月間で何件の面接・面談、新規登録、アクセスが必要かを逆算していくことが可能です。

すなわち、ゴールを実現する期日も決めると、ロードマップがみえてきます。どのフェーズで、どんな対策をすればよいか、が定まってきます。

ポータルサイトができあがった後の集客方法を考えておこう

段取りの最後として、求人サイトをオープンした後に、どうやって集客していくのか、考えていきます。

「SimilarWeb」で調べたように、求人サイトへユーザーが流入してくる、おもな経路は、 検索エンジン・直接アクセス・流入元 からです。

どのような方法で、アクセスを促すことができるでしょうか。

ネットでの集客方法

<検索エンジン>(共起語検索調査ツール)

検索エンジンで重要なのは、キーワードの選定です。いわゆるSEO対策を行うことで、集客をしていきます。

サクサクlaboの「共起語検索調査ツール」は、キーワードを入力すると、GoogleとYahoo!で、検索結果上位のコンテンツの中から、頻出するキーワードを共起語として表示されるサイトです。

ブログ001_13求人サイト構築(医療)

【引用:https://www.sakurasaku-labo.jp/tools/cooccur

「医師 求人」というキーワードで調べてみます。調査結果には、「内科」「転職」「外科」「勤務」「医療」「病院」「勤務」「医療」「病院」「給与」といった共起語があがってきます。

<検索エンジン>(Google Adwords )

【引用:https://www.sakurasaku-labo.jp/tools/cooccur

ほかにもキーワードを考える上で、キーワードを考える上で、有力なツールに 、「 Google Adwords 」の「キーワードプランナー」があります。

「キーワードプランナー」では、検索ボリュームや、広告グループ、キーワード候補を調べることが可能です。

例えば、先ほど紹介した「リクルートドクターズキャリア」で調べてみます。すると、「老健 医師 求人」「産業 医 募集 東京」「麻酔 科 転職」「老健 施設 長 募集」「産業 医 転職」「麻酔 科 求人」などが、キーワード候補にあがってきます。

それぞれのキーワードに対して、月間ボリュームや競合性の高さ、推奨入札単価も表示されるので、参考にしてみてください。

<検索エンジン>(Google トレンド)

また 「 Google トレンド 」 では、最近、注目されているキーワードやトピックを見つけることができます。

ブログ001_15求人サイト構築(医療)ブログ001_16求人サイト構築(医療)

【引用:https://www.google.co.jp/trends/

「医師 求人」と入力をしてみると、人気キーワードに 「医師」や「歯科求人」「歯科医師」「歯科医師求人」「医師転職」 、注目キーワードとして 「医師転職」「医師の求人」「看護師求人」「医師」「医師募集」 が表示されます。

このような関連性の高いキーワードをコンテンツ内に盛り込むことで、SEO対策は可能です。しかしながら、もっとも大切なことは、よいコンテンツを制作することを、心がけておきましょう。

<検索エンジン>(検索調査)

キーワードを選定する方法を紹介してきましたが、実際に、ポータルサイトは検索エンジンで上位表示されるのかをチェックしてみましょう。想定されるキーワードをあげて、検索してみます。以下、広告を除く自然検索結果での上位5位のサイトを挙げます。

キーワード:「医師 転職」

検索結果(上位5 位): 「医師転職ドットコム」「e-doctor 」「m3.com CAREER 」「東洋経済ONLINE (ライフページ:金持ちドクターと貧乏ドクター)」「DOCTORCAST 」

キーワード:「医師 求人」

検索結果(上位5 位): 「医師転職ドットコム」「e-doctor 」「m3.com CAREER 」「日経メディカルキャリア」「GUPPY 」

<直接アクセス・流入元>

現在、直接アクセスや流入元は、医師の転職・求人、ないしは医療業界関連の口コミサイトや比較サイト、または情報サイトやキュレーションサイトからの影響が大きくあります。

それらのサイトで、求人サイトの担当者・コンサルタントが良質な記事を投稿する、ないしはオウンドメディア自体のクオリティを高めていくことで、外部サイトの専門家・ライターから評価されるようになることが重要です。周りからの良い評価によって、自社サイトに集客し、そしてブックマーク・お気に入り登録を増やしていくことが出来ます。

準備③(コンテンツ編)

ブログ001_17求人サイト構築(医療)

必要な機能・コンテンツを考えよう

一般的な求人サイトのコンテンツを事例に、サイトの機能・コンテンツを紹介します。ターゲットやサイトの独自性によって、内容は変わります。

コンテンツ 内容
<必須の機能・コンテンツ> ■トップページ
■お知らせ一覧/詳細
■サイト紹介/説明

■検索機能/詳細
・求人タイプを選択する
→内容詳細:常勤/非常勤/スポット(単発・健診・半日・当直)
・検索条件を選択する
→内容詳細:地域・路線/科目(内科系・外科系・小児科・産婦人科・精神科・泌尿器科・人工透析・救命救急・咽喉耳鼻科・眼科・麻酔科・人間ドックなど)/施設(急性期病院・療養型病院・回リハ病院・精神病院・老健・クリニック・企業・その他)/収入(年数・月収・日給・時給)
・こだわり検索条件を選択する
→内容詳細:託児所/電子カルテ・紙カルテ/当直なし/オンコールなし/女性医師歓迎/年齢不問/救急対応なし/専門医取得可能/指定医取得可能/給与交渉可能/週4日勤務可能/時短勤務/福利厚生が充実/高額求人/院長求人/施設長求人/症例が豊富など
・応募方法
→キャリアコンサルタントに依頼する/自分で直接応募する
・キーワードから探す
→検索窓の設置:この条件で検索する

■求人公開機能/詳細
・医療機関紹介
→内容詳細:医療機関名/特徴/施設形態/診療科目/救急指定/医師数(常勤・非常勤)/実績・症例数/医療設備/施設基準/認定施設/法人・グループ関連施設・サービス/住所・アクセスマップ/電話番号/Webサイト/職場の口コミ情報
・求人紹介
→内容詳細:募集科目/職務内容/勤務時間/年間休日/当直の有無・当直体制/早番・遅番/給与形態・福利厚生/コンサルタントからのメッセージ
・問い合わせフォーム
→内容詳細:名前/メールアドレス/電話番号/希望の条件/問い合わせ内容
・この求人に関連・類似する求人情報
・検討中リストに保存

■利用規約
■プライバシーポリシー
■会社概要
■関連会社・サイト一覧

■お問い合わせフォーム
■リンクについて
■免責事項
■個人情報保護方針

■サイトマップ
■会員登録(マイページ機能)
■会員登録後の流れ
→内容詳細:会員登録/ヒアリング/求人提案/退職交渉/条件交渉
<欲しい機能・コンテンツ
(優先度:高)>
■新着求人(常勤・非常勤・スポット)
■特選・おススメの求人
■人気のキーワードから探す

■人気求人ランキング
■特集記事
■検索履歴

■検討中求人リスト
■過去に検索した条件
■求人広告掲載
<欲しい機能・コンテンツ
(優先度:中)>
■インタビュー記事(医師・院長・理事長・施設長)
■調査・アンケート記事(年収や退職理由などについて)
■転職体験談
■転職マニュアル

■キャリアコンサルタントの紹介/メッセージ
■QRコード
■登録キャンペーン/紹介キャンペーン
<欲しい機能・コンテンツ
(優先度:低)>
■転職Q&A
■掲載求人数/登録会員数/求人サポート実績
■電話でのお問合せ(電話番号/受付日時)
■スタッフによるコラム

優先順位の高いコンテンツは、もっともユーザーに読まれる可能性があり、アクセス数も見込めるページになります。ほかにも、入れたいコンテンツがあるか、整理してみましょう。

サイト構築(制作編)

ブログ001_18求人サイト構築(医療)

サイト構築に準備しなければならないもの

サイトを制作していくために、契約や素材を準備しておく必要あります。

<契約関係>

サーバー/ドメイン/SSL

<サイト内の素材関係>

サイト内で利用するテキスト/写真/アイコンなど素材/動画

自社で準備できるものはしておきましょう。ただし、契約や素材に関して、内容や予算にあわせて制作会社に相談した方がよい場合もあります。例えば、サーバーについては、想定される規模や機能に合わせ、弊社(株式会社セルバ)からも提案させて頂いています。

サイト構築の流れ

ブログ001_19求人サイト構築(医療)

サイト作成のプロセスについて、以下、弊社のフローをモデルケースとして、参照してください。 1.ご依頼~発注まで

ご依頼内容を基に、お見積書を作成・提出いたします。
お見積りにご納得いただきましたら、ご契約を交わします。

2.設計( 要件定義・概要設計・詳細設計

まずは、要件定義にてご依頼内容の詳細を詰め、お客様がイメージされているものを具体的にしていきます。その後、具体的に決まった内容をシステム・デザイン面の要件としてまとめる概要設計を行い、詳細設計にて概要設計の内容を、開発時の設計書まで落とし込んでいきます。

3.制作(開発・テスト)

設計書に沿って、開発をします。開発後は、要件定義・設計にそって開発できているか、動作不具合がないかを社内で確認いたします。
またお客様でも要件定義の内容を満たしているか、動作不具合がないか、品質に問題がないかをご確認いただきます。お客様によるご確認で新たに発生してきた軽微なご要望を対応いたします。

制作費用

サイトの制作費用について、以下、弊社のフローを、モデルケースとして参照してください。
初期費用: 250万円~ (デザイン・コーディング: 100万円~ / システム開発: 150万円~)

月額費用: 4万円~ (お問い合わせ対応 / サービス監視 / 問題発生時の原因調査・復旧対応)
※サーバー・ドメイン・SSL・メルマガ配信ASPに関する費用は除く

制作期間

サイトのコンテンツによっても誤差はありますが、一か月前後が目安です。

リリース後

リリース後の運用は何が必要なのか、考えておこう

< 自社(お客様)ですること>

  • コンテンツ・新サービスの企画
  • コンテンツ・新サービスの原稿作成

<システム運営会社(株式会社セルバ)ですること>

  • サービスの死活監視
  • 不具合発生時の復旧対応・原因調査
  • 各種お問い合わせ対応 etc.

よくある質問・回答

ブログ001_20求人サイト構築(医療)

【Q】デザインは、自由に変更できますか?
【A】変更は可能です。ただし、見積の範囲内でできる内容になります。想定以上の変更をする場合は、別途費用が必要です。

【Q】目標や戦略をどうやって立てればいいかわりません。
【A】KPI(重要業績評価指標)やKGI(重要目標達成指標)などの指標をもとにして、つくっていきます。ゴールを実現するために、PDCAも必要です。弊社に相談して頂いた際、これらの事項を組み立てていくために、綿密に打合せをさせて頂きます。

【Q】サイト構築後に、サポートはしてもらえますか?
【A】弊社では、電話やメール、打合せを通して、サポートをさせて頂きます。とくにシステムの運営に関するサポートを強みとしております。

【Q】どんなコラム・特集テーマがいいでしょうか?
【A】ターゲット層のユーザーに、興味を持ってもらえるテーマが最適です。例えば、医師の悩みや不安を解消する内容や、また転職・キャリアアップの希望を実現する方法など、具体的なデータ・調査や事例とともに紹介するとよいでしょう。

データについては、公的な機関や一般企業が発表しています。例えば、医療業界のマーケティングリサーチに特化した株式会社アンテリオが、「医師の転職意向に関する調査」結果について発表しています。

【Q】スマートフォンからのアクセスを増やせますか?
【A】スマホの最適化が求められています。医師の求人サイトでも、スマホ検索が増えています。表示スピードや軽さへの対応が必要です。弊社でも、レスポンシブデザインやモバイルファースト対応をしておりますので、お気軽にご相談ください。

まとめ

目次 まとめ
準備①(リサーチ編) ・下調べをしよう
・代表的なサイトを知る
→「MCドクターズネット」「リクルートドクターズキャリア」「e-doctor」「医師転職ドットコム」「M3 CAREER AGENT」
【競合サイトを探す】→Googleの検索窓に、「related:URL」を入力。
【競合サイト分析】→SimilarWeb の活用→検索エンジンが主なアクセス経路。
【医師転職ドットコムの戦略】→求人件数・実績がアクセスを高めている/質の高いキャリア情報サイトを構築しているため滞在時間・PVが多い。
・サイトの目的を明確にしよう
・求人のマッチングおよび転職の成功
・具体的にターゲットを決めよう
・年齢
・性別
・地域
・科目・専門分野
など
・強みをどうするのか考えよう(差別化対策)
・求人掲載数・サポート実績・会員数・独自のコンテンツ・ブランド化・特定の求人サービス・独自のシステム
・サイトの目標と時期を明確にしよう
・成約件数・新規登録数・問い合わせ件数・掲載医療機関数など&
準備②(目標設定編) ・ポータルサイトができあがった後の集客方法を考えておこう
・共起語検索調査ツール、「Google Adwords」の「キーワードプランナー」、「Google Trends」を活用する。
・口コミサイト・比較サイト・情報サイト対策
準備③(コンテンツ編) ・必要な機能・コンテンツを考えよう
・必須の機能・コンテンツ(トップページ・新着情報一覧・習い事検索機能)
・欲しいコンテンツは、優先順位の高いものからピックアップ。
サイト構築(制作編) ・サイト構築に準備しなければならないもの
・ 契約関係(サーバー・ドメイン・SSL)
・ サイト内の素材関係(サイト内で利用するテキスト・写真・動画)

・サイト構築の流れ(ご依頼・発注→設計→制作)
・制作費用(初期費用:250万円~/月額費用:4万円~ )
・制作期間:1か月前後(目安)
リリース後 ・リリース後の運用は何が必要なのか、考えておこう
・ 自社(お客様)ですること(コンテンツの企画・原稿作成)
・ システム運営会社ですること(サービスの死活監視・不具合発生時の復旧対応・原因調査・各種お問い合わせ対応)

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

この記事を書いた人

投稿者
奥中 将太

大阪出身、1991年生まれでセルバの中では一番の若手です。

元は某ITベンチャー企業の営業マンでしたが、日々の業務をこなしているうちに自ら制作する側になりたいと思い、全く知識・技術もなく転身。
日々進化する、技術を毎日必死で学んでいます。

趣味は、音楽・旅行・釣り

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ