share
  • >
  • ブログトップ>
  • 検索されるサイトと検索されないサイトの違いを暴露します。 『美容業界向け求人サイト構築』まとめ

検索されるサイトと検索されないサイトの違いを暴露します。 『美容業界向け求人サイト構築』まとめ

ブログ009_01(美容)

現在、美容業界では店舗が過剰になり競争が激化しているため、生き残りをかけて良質な人材が求められています。そこで今回は、美容業界専門の求人サイト構築術について紹介します。

縮小する市場と、増加する美容師

近年、美容業界では様々な課題を抱えています。例えば、サービスの低価格化・客単価の下落、来店サイクルの長期化、顧客離れなどが挙げられます。

株式会社矢野経済研究所の調査「理美容市場に関する調査」によると、2015年の理美容市場は2兆1658億円となりました。前年比で99.5%の微減となっています。(参照元

市場は縮小して、顧客が減少している一方で、顧客のニーズは多様化しています。ヘアカットやヘアカラー、パーマ、ネイル、マツエク、エステなどのサービスだけではなく、店舗の雰囲気やコンセプト、スタッフのコミュニケーション力や提案力などの付加価値が顧客から求められています。

細分化されたニーズに対応した店舗・サロンが事業を成長・拡大させており、そこでは優秀な人材が求められています。付加価値を生み出せる人材が必要とされているのです。

厚生労働省の美容所概要では、従業美容師数は48万7636人で、美容所数は23万4089施設と、どちらも増加傾向にあります。(参照元

厳しい市場環境で店舗が生き残り、優秀な人材を獲得し続けるために重宝されているのが、美容業界専門の求人サイトです。

求人サイトは、ただ良質な人材を採用するだけではなく、人材力によって持続的な店舗経営の可能性を広げてくれます。そこで店舗からも、人材からも必要とされるサイトを制作しなければなりません。

今回は、求人掲載数や会員数など、数字を上げるテクニックではなく、成果に結びつく具体的なサイト構築術について紹介していきます。

目次

準備①(リサーチ編)
準備②(目標設定編)
準備③(コンテンツ編)
サイト構築(制作編)
リリース後
よくある質問・回答
まとめ

準備①(リサーチ編)

求人サイトは、いきなり構築をして、オープンできるものはありません。準備が必要です。まず美容業界専門の求人サイトについてリサーチをしていきます。

求人サイト一覧

【リジョブ】

ブログ009_02(美容)
【引用:https://relax-job.com/

「リジョブ」は、株式会社リジョブが手がける美容業界の求人サイトです。掲載求人数は1万8000件、会員数は20万人以上で業界では最大級クラスのサイトです。

【QJナビ】

ブログ009_03(美容)
【引用:https://www.qjnavi.jp/

「QJナビ」は、美容師求人情報の掲載・検索サービスだけではなく、転職支援サービスや派遣サービスも提供しています。またWebマガジンによって美容業界の最新トレンドも発信しています。

【美プロ】

ブログ009_04(美容)
【引用:https://www.kenkou-job.com/

全研本社株式会社が運営する美容業界専門の求人情報サイト「美プロ」。美容師はもちろんエステティシャン、セラピスト、アイリスト、ネイリストなど幅広い求人を扱っています。

【BEAUTY CAREER】

ブログ009_05(美容)
【引用:https://beauty-career.jp/

「BEAUTY CAREER」は、株式会社ゲインの美容業界向け求人サイトで、店舗検索はもちろん、自分自身と似た境遇や趣味を持ったスタッフ検索が出来る機能もあります。

【アットコスメキャリア】

ブログ009_06(美容)
【引用:https://career.cosme.net/

「アットコスメキャリア」は、化粧品・美容ポータルサイト「@cosme」の姉妹サイトで、株式会社アイスタイルキャリアによって運営されています。会員数は20万人、求人件数は3000件を超えています。

競合サイトの戦術を知ろう

代表的な美容業界の求人サイトを紹介してきました。次は競合サイトが、どのような方法でアクセス数や成果をあげているのか、みていきましょう。

【競合サイトを探す】

まず自社で提供したい求人サイトが、どのサイトに近いのかを確認しておきましょう。類似のサイトを見つけ出す方法があります。Googleの検索窓に、「related:URL」を入力します。

ブログ009_07(美容)

実際に、「QJナビ」で調べてみると、「ビューティーキャリア」「美クエスト」「ジョブランド」「美ジョブナビ」といった美容業界の求人サイトが検出されます。

【競合サイト分析】

競合サイトをリサーチするには、「SimilarWeb」がツールとして便利です。

ブログ009_08(美容)
【引用:https://www.similarweb.com/

「SimilarWeb」に、競合サイトのULRを入力すると、検索ランキング・訪問者数・平均滞在時間・平均PV・平均直帰率がわかります。それだけではなく、流入経路も調べることが可能です。検索エンジン(GoogleやYahoo!など)・直接アクセス(ブックマーク・お気に入り)・流入元(被リンク)・SNS・メールなどです。

実際に「SimilarWeb」を用いて、代表的な求人サイトを調査してみました。

【検索エンジン】

サイト名 訪問者数 平均
滞在時間
平均PV 平均
直帰率
流入経路
直接
アクセス
検索
エンジン
流入元
リジョブ 58万2200 4分44秒 4.60ページ 52.85% 25.68% 47.12% 21.08%
QJナビ 16万1800 4分13秒 4.03ページ 43.00% 30.22% 48.18% 15.07%
美ジョブ 16万1800 4分18秒 4.03ページ 43.00% 30.22% 48.18% 15.07%
BEAUTY CAREER 9万8300 4分11秒 3.45ページ 54.06% 38.56% 53.82% 7.62%
アットコスメキャリア 13万4300 1分34秒 2.17ページ 71.09% 7.78% 16.51% 73.33%

これらの結果は、以下のようにまとめられます。

  • 訪問者数は、「リジョブ」が最もアクセスを集めています。他サイトは10万前後です。
  • 平均滞在時間は、「アットコスメキャリア」のみ1分台ですが、他サイトは約4分台です。
  • 平均PVは「アットコスメキャリア」のみ2PVですが、他サイトは3~4PVです。
  • 平均直帰率は「アットコスメキャリア」のみ70%台ですが、他サイトは40~50%台です。
  • 主なアクセス経路は、検索エンジン中心に、流入元と直接アクセスからのアクセスも見られます。

求人サイトでは、アクセスを集めるだけではなく、滞在時間・PV・直帰率など成果を残す必要があります。そこで競合サイトの傾向を分析しながらも、自社の事業に合わせたサイトづくりが必要です。そのために次のステップについて説明します。

準備②(目標設定編)

どういう自社サイトを制作したいのか、まずゴール設定をしていきます。特にサイトの目的・ターゲット・差別化・目標を決めていく必要があります。

サイトの目的を明確にしよう

自社サイトを運営する目的を明確にしていきます。

美容業界の求人サイトにおいて、根本的な目的は求人ニーズのある企業と、就職・転職活動をしている転職希望者をマッチングさせること、またはそのために必要なコンテンツ・情報を提供することです。

さらに、自社がどんな求人サイトを構築していきたいかによって、果たすべき目的をより明確にしていきます。

具体的にターゲットを決めよう

ここで、どのターゲットにむけた集客をするのかが、重要になってきます。

ターゲットとは、

  • 勤務地
  • 年齢
  • 性別
  • 職種(美容師・エステティシャン・ネイリスト・アイリスト・セラピストなど)
  • 性別

などに細分化されます。

ブログ009_09(美容)
【引用:http://toranet.jp

例えば、リクルートグループの「とらばーゆ」は、ユーザーを女性に限定しており、美容業界に特化した求人サイトではありませんが、美容業界の求人ページが提供されています。さらに関西や関東などエリア別に求人を検索することが可能です。

強みをどうするのか考えよう(差別化対策)

ターゲットに対して情報を配信する場合、サイトの差別化をはかる必要があります。ユーザーは、どんな特徴を持つサイトか、他サイトとどう違うかを見極めています。

差別化を図るポイントとして、

  • 求人掲載数が、日本で最大級。
  • 会員数が、業界でトップクラス。
  • 運営会社の認知度が高い、または関連サイトがブランディングされている。
  • 特定の求人情報に絞ってサービスを提供している。
  • 独自のシステムやサービスを構築している。
  • 検索機能だけではなく、サイトの特徴にあった特集記事やコンテンツを配信している

などがあります。

ブログ009_10(美容)
【引用:https://www.coconnect.jp/

例えば、「ココネクト」では店舗情報を、ライティングや写真情報だけではなく、動画サービスで提供しています。近年、動画マーケティングへの注目が集まる中で、YouTubeを活用させて広告を展開することが可能です。

サイトの目標と時期を明確にしよう

サイトの方向性が定まってきたら、具体的なゴールを決めていきます。新規で求人サイトを構築する場合は、目指したい数値、既存サイトであれば改善したい目標です。

目標数値にしやすいのは、

  • 成約件数
  • 新規登録件数
  • 求人応募数
  • 掲載求人件数
  • PV・アクセス数
  • 広告インプレッション数・クリック数
  • 滞在時間
  • 直帰率

など。

ここで重要なのは、「PVをあげる」ことを目標にすることではなく、「1年後にアクセス数を10万PVから50PVにする」と、具体的な目標を設定します。そのために、どんな対策課が必要なのかを逆算していくことが可能です。

すなわち、ゴールを実現する期日も決めると、ロードマップがみえてきます。どのフェーズで、どんな対策をすればよいか、が定まってきます。

ビジネスモデルを考えておこう

自社サイトにとって最適なビジネスモデルを検討していきましょう。美容業界向けの求人サイトは、いくつかのビジネスモデルを採用しています。

まずは、求人広告掲載型のプランです。企業の会社・店舗や求人情報などを掲載して、情報掲載料やコンテンツ制作料を企業から支払われるビジネスモデルのことを言います。多くが定額のサービスとなっています。

ちなみに、利用者である就職・転職希望者に利用料金が課金されることはありません。完全無料のサービスです。

さらに成果報酬型のプランを採用しているサービスもあります。基本的に、初期費用・広告掲載費用は無料で、応募ごとに、採用決定ごとにコストがかかる仕組みです。

ブログ009_11(美容)
【引用:https://beauty-career.jp/common/pdf/remuneration_list.pdf

例えば「BEAUTY CAREER」は職種ごとに採用報酬額が決まっています。

また求人広告だけではなく、就職支援サービスや人材派遣事業を展開しているサイトもあります。自社事業の特徴に適したビジネスモデルを検討して決めていきましょう。

求人サイトができあがった後の集客方法を考えておこう

段取りの最後として、求人サイトをオープンした後に、どうやって集客していくのか、考えていきます。

「Similar Web」で調べたように、求人サイトへユーザーが流入してくる、おもな経路は、検索エンジンです。

検索エンジンを中心に、アクセスを増やす方法について紹介していきます。

 ネットでの集客方法<検索エンジン>(共起語検索調査ツール)

検索エンジンで重要なのは、キーワードの選定です。いわゆるSEO対策を行うことで、集客をしていきます。

サクサクlaboの「共起語検索調査ツール」は、キーワードを入力すると、GoogleとYahoo!で、検索結果上位のコンテンツの中から、頻出するキーワードを共起語として表示されるサイトです。

ブログ009_12(美容)
【引用:https://www.sakurasaku-labo.jp/tools/cooccur

「美容 求人サイト」というキーワードで調べてみます。調査結果には、「サロン」や「店舗」「ココネクト」「転職」「スタイリスト」「職種」「歓迎」「スタッフ」「エリア」「勤務」といったキーワードがあがってきます。

<検索エンジン>(Google Adwords)

ブログ009_13(美容)
【引用:https://adwords.google.co.jp/keywordplanner

ほかにもキーワードを考える上で、キーワードを考える上で、有力なツールに「Google Adwords」の「キーワードプランナー」があります。

「キーワードプランナー」では、検索ボリュームや、広告グループ、キーワード候補を調べることが可能です。ちなみに「Google Adwodrs」を利用するには、アカウントが必要となります。

実際に「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを取得」に、「リジョブ」のサイトURLを入力してみます。すると「福岡 美容師 求人」「まつげ エクステ 求人」「職務経歴書の書き方」「美容師の求人」「沖縄 美容師 求人」などが、関連性の高いキーワード候補としてあがってきます。

これらの方法によってキーワードを選定していきます。狙ったキーワードを活用して、コンテンツを組み立てていくことで自社サイトの最適化を図ります。

<検索エンジン>(タイプを選定する)

キーワード候補が絞れてきたら、次はキーワードの組み合わせを考えていきます。というのもキーワード選定には3タイプあります。

一般的な単語1セットを用いるビッグキーワード、2セットのフレーズで部分一致を狙うブロードマッチキーワード、3ワード以上のキーワードを組み合わせたロングテールキーワードです。

ブログ009_14(美容)
【引用:https://relax-job.com/lp/new_inquiry

例えば、「リジョブ」では「業界ワード+求人」というブロードマッチキーワードによって、検索エンジンで検索結果1位を実現しています。

就職・転職活動、求人検索という明確な目的を持っている、特定ジャンルのユーザーに対しては、ブロードマッチキーワードが有効であると考えられます。

さらに細分化した職種や業界、限定的なエリアをターゲットにしたい場合は、ロングテールキーワード、より広域なユーザーにアクセスしてもらいたい場合は、ビッグキーワードが適しています。

<検索エンジン>(Google)

実際に、検索エンジン(Google)でどのようなサイト上位表示されるのかをチェックしてみましょう。想定されるキーワードをあげて、検索してみます。以下、自然検索結果での上位5位のサイトを挙げます。

キーワード 検索結果(上位5位)
「ヘアサロン 求人」 「リジョブ」「とらばーゆ」「リクエストQJナビ」「TOWNWORK」「BEAUTY CAREER」
「エステ 転職 大阪」 「リジョブ」「とらばーゆ(大阪市内)」「とらばーゆ(関西)」「美プロ」「エステのお仕事」
「美容室 転職 大阪 北区」 「リクエストQJナビ」「リジョブ(大阪府)」「リジョブ(大阪市)」「indeed」「とらばーゆ(大阪市内)」

上位表示されるのは、美容業界専門の求人サイト、総合的な求人サイトが中心です。上位表示されるためには、どのタイプのキーワードを選定するかが重要です。ですが同時に、キーワードからユーザーはどのような情報を入手したいのか、ニーズに最適なコンテンツを提供することが、より大切なことです。中身がないままキーワードだけを狙っても上位表示はされないので、よりコンテンツを制作していきましょう。

準備③(コンテンツ編)

ブログ009_15(美容)

必要な機能・コンテンツを考えよう

人気の転職サイト(広告掲載型)のコンテンツを事例に、正社員向け求人サイトの機能・コンテンツを紹介していきます。ターゲットや、サイトの特長によって、内容は変わります。

コンテンツ 内容
<必須の機能・コンテンツ>

■トップページ
■お知らせ一覧/詳細
■サイト紹介/説明

■求人検索機能/詳細
・求人を探す
→検索条件(詳細):
*地域
(エリア/駅名・路線/住所/地図)

*雇用形態
(正社員/契約社員/派遣社員/面貸し/業務委託/アルバイト)

*職種
(美容師スタイリスト/美容師アシスタント/幹部候補/フロント・受付/リフレクソロジスト/ネイリスト/アイシスト/エステティシャン/セラピスト/メイクアップアーティスト/ブライダル/美容部員/事務/営業/カウンセラー/販売/講師など)
*給与
(月給/歩合/時給)
*休日
(月6日以上/月8日以上)
*こだわり条件
(大手サロン/個人サロン/高級サロン/在宅サービス有り/完全歩合制/インセンティブ有り/賞与・ボーナス支給/平日のみ勤務OK/急募/オープニングスタッフ/駅近/福利厚生充実/社会保険完備/女性スタッフ多数在籍/ママさんスタッフ在籍/車通勤OK/独立支援制度有り/ブランクOK/研修・教育制度充実/未経験者歓迎/経験者優遇)
→検索キーワード入力:店舗名、住所、職種などを入力
→人材紹介・人材派遣求人を探す(就職支援サービス・人材派遣事業を展開する場合)

■求人公開機能/詳細
・店舗紹介
→内容詳細:サロン名・店舗名/設立年/代表者/サロンの理念・こだわり・特徴/本社所在地/電話番号・FAX/従業員数/姉妹店舗・グループ店舗/住所・アクセスマップ/電話番号/Webサイト/職場の雰囲気・魅力/企業紹介写真・動画/オーナー・店長からのメッセージ/スタッフからのメッセージ
・求人紹介
→内容詳細:求人紹介記事・写真/募集職種/仕事内容/勤務地/勤務時間・曜日/勤務期間/年間休日/雇用形態・給与/各種手当/昇給・賞与/福利厚生・社会保険・社内制度/募集人数/応募条件・資格/教育制度/応募方法/選考・採用フロー・採用担当者の氏名・連絡先
・この求人に関連・類似する求人情報
→関連求人へリンク
・この企業を志望している人は、この求人にも注目しています。
→関連求人へリンク
・検討中リストに保存
・応募フォーム(WEB応募/電話応募)
■ブックマーク機能
■マイページ機能
■利用規約
■プライバシーポリシー

■会社概要
■関連会社・サイト一覧
■お問い合わせフォーム
■リンクについて

■免責事項
■個人情報保護方針
■サイトマップ
■店舗様向け(求人掲載について)

<欲しい機能・コンテンツ
(優先度:高)>

■新着求人
■新着説明会・選考会情報
■スカウトメール機能
■特選・おススメの求人・サロン
■人気のキーワードから探す
■大手サロンの求人特集
■最近検索した求人

<欲しい機能・コンテンツ
(優先度:中)>

■積極採用中の企業
■特集記事
(業界動向/職場の悩み・不安/
人気スタイリストインタビュー/採用者インタビュー
/転職・就職成功ガイドなど)
■SNS連携
■記事ランキング
■おススメ記事

<欲しい機能・コンテンツ
(優先度:低)>

■転職活動Q&A
■転職百科事典・豆知識
■掲載求人数/登録会員数
■転職活動の進め方
■文字カウンタ
■適性診断
■メールマガジン
■退会手続について

<転職エージェントの場合>

■転職支援サービスの申込み
■転職エージェントの紹介
■キャリアアドバイザーの紹介

優先順位の高いコンテンツは、もっともユーザーに読まれる可能性があり、アクセス数も見込めるページになります。コンテンツも大切ですが、検索のしやすさや情報のわかりやすさといったユーザビリティにもこだわる必要があります。

これら以外にも入れたいコンテンツがあるか、整理してみましょう。

サイト構築(制作編)

ブログ009_16(美容)

サイト構築に準備しなければならないもの

サイトを制作していくために、契約や素材を準備しておく必要あります。

<契約関係>
サーバー/ドメイン/SSL

<サイト内の素材関係>
サイト内で利用するテキスト/写真/アイコンなど素材/動画

自社で準備できるものはしておきましょう。ただし、契約や素材に関して、内容や予算にあわせて制作会社に相談した方がよい場合もあります。例えば、サーバーについては、想定される規模や機能に合わせ、弊社(株式会社セルバ)からも提案させて頂いています。

サイト構築の流れ

ブログ009_17(美容)

サイト作成のプロセスについて、以下、弊社のフローをモデルケースとして、参照してください(引用元)。

01.ご依頼~発注まで

ご依頼内容を基に、お見積書を作成・提出いたします。
お見積りにご納得いただきましたら、ご契約を交わします。

02.設計(要件定義・概要設計・詳細設計)

まずは、要件定義にてご依頼内容の詳細を詰め、お客様がイメージされているものを具体的にしていきます。その後、具体的に決まった内容をシステム・デザイン面の要件としてまとめる概要設計を行い、詳細設計にて概要設計の内容を、開発時の設計書まで落とし込んでいきます。

03.制作(開発・テスト)

設計書に沿って、開発をします。開発後は、要件定義・設計にそって開発できているか、動作不具合がないかを社内で確認いたします。
またお客様でも要件定義の内容を満たしているか、動作不具合がないか、品質に問題がないかをご確認いただきます。お客様によるご確認で新たに発生してきた軽微なご要望を対応いたします。

制作費用

サイトの制作費用について、以下、弊社のフローを、モデルケースとして参照してください(引用元)。
初期費用:250万円~(デザイン・コーディング: 100万円~ / システム開発: 150万円~)

月額費用:4万円~(お問い合わせ対応 / サービス監視 / 問題発生時の原因調査・復旧対応)
 ※サーバー・ドメイン・SSL・メルマガ配信ASPに関する費用は除く

制作期間

サイトのコンテンツによっても誤差はありますが、一か月前後が目安です。

リリース後

リリース後の運用は何が必要なのか、考えておこう

自社(お客様)ですること>

  • コンテンツ・新サービスの企画
  • コンテンツ・新サービスの原稿作成

<システム運営会社(株式会社セルバ)ですること>

  • サービスの死活監視
  • 不具合発生時の復旧対応・原因調査
  • 各種お問い合わせ対応 etc.

よくある質問・回答

ブログ009_18(美容)

【Q】デザインは、自由に変更できますか?
【A】変更は可能です。ただし、見積の範囲内でできる内容になります。想定以上の変更をする場合は、別途費用が必要です。

【Q】目標や戦略をどうやって立てればいいかわりません。
【A】KPI(重要業績評価指標)やKGI(重要目標達成指標)などの指標をもとにして、つくっていきます。ゴールを実現するために、PDCAも必要です。弊社に相談して頂いた際、これらの事項を組み立てていくために、綿密に打合せをさせて頂きます。

【Q】サイト構築後に、サポートはしてもらえますか?
【A】弊社では、電話やメール、打合せを通して、サポートをさせて頂きます。とくにシステムの運営に関するサポートを強みとしております。

【Q】動画広告は展開した方がよいでしょうか?
【A】動画マーケティングが重視されています。ユーザーからも動画コンテンツの評価は高くなっています。高い成果を望めます。しかしながら、制作をするためには時間も、費用もかかりますので、よくご検討ください。

【Q】スマートフォンからのアクセスを増やせますか?
【A】スマホの最適化が求められています。正社員向けの就職情報サイトでも、スマホ検索が増えています。表示スピードや軽さへの対応が必要です。弊社でも、レスポンシブデザインやモバイルファースト対応をしておりますので、お気軽にご相談ください。

まとめ

目次 まとめ
準備①(リサーチ編) ■下調べをしよう
・代表的なサイトを知る→
飲食求人サイト:「リジョブ」「QJナビ」「美プロ」「BEAUTY CAREER」「アットコスメキャリア」

【競合サイトを探す】
→Googleの検索窓に、「related:URL」を入力。
【競合サイト分析】
→SimilarWeb の活用→検索エンジンが主なアクセス経路。

■サイトの目的を明確にしよう
・求人ニーズのある企業と、就職・転職活動をしている転職希望者をマッチングさせること、またはそのために必要なコンテンツ・情報を提供すること

■具体的にターゲットを決めよう
・勤務地 ・年齢 ・業種 ・性別など

■強みをどうするのか考えよう(差別化対策)
・求人掲載数 ・会員数 ・独自のコンテンツ ・ブランド化 ・特定の求人サービスなど

■サイトの目標と時期を明確にしよう 
・成約件数 ・新規登録件数 ・求人応募件数 ・掲載求人件数など

■ビジネスモデルを考えておこう
・求人広告掲載型 ・成果報酬型など
準備②(目標設定編) ■ポータルサイトができあがった後の集客方法を考えておこう
・サクサクlaboの「共起語検索調査ツール」「Google Adwords」の「キーワードプランナー」を活用する。
・タイプの選定(ビッグキーワード・ブロードマッチキーワード・ロングテールキーワード)をする。
・キーワードの選定と、ユーザーのニーズに最適なコンテンツ制作をする。
準備③(コンテンツ編) ■必要な機能・コンテンツを考えよう
・必須の機能・コンテンツ(トップページ・新着情報一覧・求人検索機能)
・欲しいコンテンツは、優先順位の高いものからピックアップ。
サイト構築(制作編) ■サイト構築に準備しなければならないもの
・ 契約関係(サーバー・ドメイン・SSL)
・サイト内の素材関係(サイト内で利用するテキスト・写真・動画)  

■サイト構築の流れ(ご依頼・発注→設計→制作)
・制作費用(初期費用:250万円~/月額費用:4万円~ )
・制作期間:1か月前後(目安)
リリース後 ■リリース後の運用は何が必要なのか、考えておこう
・ 自社(お客様)ですること(コンテンツの企画・原稿作成)
・ システム運営会社ですること(サービスの死活監視・不具合発生時の復旧対応・原因調査・各種お問い合わせ対応)

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

この記事を書いた人

投稿者
奥中 将太

大阪出身、1991年生まれでセルバの中では一番の若手です。

元は某ITベンチャー企業の営業マンでしたが、日々の業務をこなしているうちに自ら制作する側になりたいと思い、全く知識・技術もなく転身。
日々進化する、技術を毎日必死で学んでいます。

趣味は、音楽・旅行・釣り

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ