share
  • >
  • ブログトップ>
  • 小さな会社でも低予算でオウンドメディアを構築できる事例と秘訣

小さな会社でも低予算でオウンドメディアを構築できる事例と秘訣

ユーザーとの接点作りのために、企業・団体が自らメディアサイトを展開することが一般的になりました。そこで今回は、小さな会社において低予算でオウンドメディアを発信するための基礎情報や秘訣について、コンテンツの事例を挙げながら解説します。オウンドメディアの構築はハードルが高いと感じている事業者の皆さん、必見ですよ。

オウンドメディアとは何か

オウンドメディアとは、公式サイトやホームページ、ブログ、メールマガジン、Instagram・Facebook・Twitter・YoutubeといったSNSなど、自社が所有しているWEBメディアのことです。一般的に、パンフレットやフライヤーなどの紙媒体も含めて考える場内は、コンテンツマーケティングと言われます。

公式サイトが、自社で提供している製品やサービスの概要、企業理念といった、あまり頻繁に更新されない情報を中心とするのに対して、オウンドメディアは、その都度ユーザーの興味を引く情報・コンテンツを継続的に発信することを目的としています。

オウンドメディアの必要性

FacebookやTwitterなどのSNSが普及するとともに、それらを積極的にビジネスに活用する企業が増え、ソーシャルメディアマーケティング(SMM)と呼ばれる手法が誕生しました。しかしながら、SMMだけではビジネスの成果に繋がりにくいことが次第に明らかとなり、それを補完する手段としてオウンドメディアが提唱され始めました。

SNSだけでは十分な広告効果を得にくい要因のひとつに、各ソーシャルメディアごとに制限があることが挙げられます。たとえばFacebookの規約には、プロモーションを行う場合に、“Facebookページ上またはFacebookアプリ内で運営できます。個人のタイムラインおよび友達のつながりをプロモーションの運営に使用することはできません”とあります。
出典:Facebookページ規約 https://ja-jp.facebook.com/page_guidelines.php

これは、プロモーションをユーザーがタイムライン上でシェアすることを、当該イベントへの参加条件にできないことを意味しています。こういった制限をできるだけなくして、自社独自のプロモーションを行おうとするときに必要となるのがオウンドメディアです。オウンドメディアは、企業がオリジナリティーのあるコンテンツを発信して、ユーザーを獲得するために必要とされていると考えて良いでしょう。

オウンドメディアのメリット

それではオウンドメディアを構築することにはどのようなメリットがあるでしょうか。5つのメリットをピックアップしました。

コンテンツの連携による広告効果

オウンドメディアを構築すると、オフィシャルサイトやブログに加えて、アーンドメディア(SNSなどのソーシャルメディア)や、ペイドメディア(テレビCMなどの広告)といった、それぞれで展開するコンテンツを相互に連携させて、よりユーザーへ訴求力があるメディアへと統合することができます。

コンテンツの蓄積

SNSの場合、配信した情報は時間が経過するにつれて埋没してしまうため、その効果は一過性のものとなってしまいます。それに対して、配信した情報を蓄積でき、長期的な運用効果を得ることができるのがオウンドメディアの強みです。また、SNSは他社のサービスであるため、そのサービスの提供が終了しまうと自社のコンテンツも一緒になくなってしまいますが、オウンドメディアを構築しておくことで、こういったリスクを回避することができます。

コストパフォーマンが良い

テレビCMなど他社の媒体(メディア)を利用したプロモーションを行うと、その規模にもよりますが、多くのコストが必要となります。一方、オウンドメディアは自社メディアであるためコストは原則的に無料です。また、低コストで中長期にわたってユーザーへの情報発信を行うことが可能です。

新規ユーザーの開拓

オウンドメディアでは、自社で扱っている製品の情報だけでなく、それに関連する多種多様な情報を発信することが効果的です。そうすることにより潜在的なユーザーとの接点を築くことができ、新規ユーザーの獲得にもつながります。現在自社製品に興味のないユーザーもやがて取り込める可能性があることは、とても重要なアドバンテージです。

ファンの獲得

コンテンツマーケティングに即してオウンドメディアを上手に構築すると、ユーザーよりもさらに購買力の高い、自社の「ファン」を獲得することができます。ファンは価格の安さとは別に、自分にとって好ましいという動機で製品やサービスを選んでくれるので、他社との価格競争に強く、継続的な売上が見込めるという特徴もあります。

低予算で発信できるコンテンツ例

オウンドメディアを通して比較的低予算で発信できるコンテンツの事例を3つ挙げました。コンテンツは製品やサービスそのものという意味もありますが、ここではもう少し広く、それらを魅力的に表現することや周辺情報をユーザーと共有するための方法も含めて紹介します。

自社で撮影された動画や画像

オウンドメディアにおいて、動画や画像(写真)はその中心となるコンテンツです。必要であればプロのカメラマンに撮影してもらうことも考えるべきですが、製品の開発・製造過程などは、自社で動画や画像を用意してこそより「リアル」な 臨場感をユーザーに届けることができます。

自社の製品やサービスに関連したコラム

こちらも自社で用意できるため、低予算でコンテンツを発信することができます。製品やサービスそのものをアピールするよりも、その周辺にあるモノ・コトをユーザー(読者)が楽しめるような、軽めのコラムにすることがポイントです。

ユーザーからの投稿

製品やサービスを利用しているユーザーの様子を動画・画像として撮影してもらい、それをオウンドメディアで公開するのも、低予算ながら効果的な方法です。ユーザーの声として、自社製品の使用感などをオウンドメディアに掲載するのも良いでしょう。

オウンドメディアを構築するときのポイント

既存のライトユーザーから自社製品のファン、さらに潜在的な顧客に至るまで、影響力のあるオウンドメディアを構築するためには必ずおきたいポイントがあります。ここではそれを3つに絞って見てみましょう。

ユーザーの設定と解析

オウンドメディアを構築にあたっては、まず自社製品やサービスを購入するユーザーについて、できるだけ具体的に想定してみましょう。そうすることでユーザーが何を求めているかを理解することができます。また、常にユーザーの動向を解析し、WEBサイトの見直しを図ってください。

コンテンツやデザインの演出

コンテンツそのものはもちろん、動画・画像・テキストといった表現手段をどのようにどの程度用いるか、またその見せ方などを十分に検討しましょう。サイト全体のテイストやロゴなど細部まで入念にデザインすることが大切です。

購買への導線

オウンドメディアでは、ユーザーがサイトを訪れてから、実際に製品やサービスを購入するまでの導線がスムーズであることが求められます。文字情報やアイコンといったコンテンツの周辺にあるパーツを上手に活用して、CTA(call to action/ユーザーに起こしてほしい行動)を促しましょう。

低予算でオウンドメディアを構築する秘訣

オウンドメディアを構築する場合においても予算は重要な要素です。少し工夫することで、オウンドメディアは低予算でもすばらしい効果を発揮します。次のポイントに留意してオウンドメディアを構築してはいかがでしょうか。

コンテンツの充実

これまで解説したとおり、オウンドメディアの生命線は何よりもコンテンツです。ユーザーにとって魅力的なコンテンツを充実させることを第一の目的とし、WEBサイトの見せ方・演出の部分は、その次の段階と考えましょう。

自社で用意できるものを選定

たとえば、ユーザーから届く製品のレビューや、SNSで交わされる評価・感想などのコメントは社内で収集することが可能です。その他の、オウンドメディアとしてより宣伝効果をあげるための仕掛けについて、プロに依頼することで低予算化が可能になります。

プロに依頼することでコスト削減

せっかく良いコンテンツが揃っていても、ユーザーの目に止まらないことにはオウンドメディアとしての効果がありません。そこで、オウンドメディアへのユーザーの呼び込みや、来訪したユーザーが製品購入に至るまでの導線作りなどをプロ(WEB製作会社)に依頼することをおすすめします。WEB製作会社は経験とノウハウを十分に持っていますから、費用対効果を考えれば予算的に高いということはないでしょう。またオウンドメディアはユーザーの嗜好にあわせて常に改善していく必要があります。状況にフレキシブルに対応するためにも、WEB製作会社の技術は欠かせません。

まとめ

今回は個人事業主や中小企業経営者の方に向けて、オウンドメディアを低予算で構築する秘訣と事例をまとめました。ちょっと難しい部分をプロに依頼することで導入のハードルはかなり下がります。自社の魅力ある製品やサービスを広くユーザーに届けるために、オウンドメディアをぜひ活用してください。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

この記事を書いた人

投稿者
中山 健

株式会社セルバ代表取締役。学生時代にアルバイトでWEB製作会社に入りプログラムを覚える。大学卒業後SIerにて金融システムの開発に携わった後、再びWEB業界へ。

WEB系のプログラム言語とサーバー構築、さらにはCOBOLも出来ます!最近ではシステム開発だけでなく、SEOやマネタイズなどのグロースハックや企画を担当する事が多いです。

Twitter
Facebook

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ