share
  • >
  • ブログトップ>
  • BtoBマーケティングでお手本にしたいコーポレートサイト15選

BtoBマーケティングでお手本にしたいコーポレートサイト15選

一昔前は地味な印象だったBtoB企業のWEBサイトも、最近では積極的にマーケティングに活用する企業が増えてきました。見込み客のリストやお問い合わせを獲得するための仕組みが構築され、ここ数年でデザイン、ユーザビリティ、コンテンツもかなりレベルアップしてきています。

そこで今回は、数あるコーポレートサイトの中からBtoBマーケティングでお手本にしたい15のサイトを厳選してご紹介します。

お手本になるコーポレートサイト15選

(1)ラウンドアバウト

スマートフォンサイトをケータイで見られるように変換する製品「ラウンドアバウト」を販売する株式会社シンメトリックのサイト。

【お手本にしたいところ】

「ガラケー対応ってまだ必要?」という質問をユーザーへ投げかけ、「まだ必要」と考えるユーザーと「もう不要」と考えるユーザーそれぞれにスマホサイトとガラケーサイトの両方の必要性を訴求しています。さらに訴求だけで終わらず、事例を交えながら問い合わせにまでスムーズに誘導しています。

グローバルメニューから資料のダウンロードができ、見込み客のリストを獲得するマーケティングの仕組みがしっかりと構築されています。

(2)弥生

会計ソフトの販売で有名な「弥生」の公式ページ。

【お手本にしたいところ】

豊富な製品やサービスの情報、導入事例などサイト訪問者が閲覧して回りやすいように設計されています。また、サイト訪問者が欲している製品やサービスに応じた導線も用意されていて、最適な製品やサービスを紹介しています。さらに各紹介ページの最後で電話・メールでの問い合わせを促して、見込み客の獲得へつなげています。

(3)タクミナ

精密ポンプの製造・販売を行なっている株式会社タクミナの公式サイト。

【お手本にしたいところ】

グローバルメニューから「カタログ」「取扱説明書」「CAD」などのデータをダウンロードでき、特にカタログのダウンロードページはユーザーが使いやすく設計されています。データのダウンロードボタンをクリックすると、新規登録ページへと移動して会員登録を促しています。

(4)NTT西日本「オフィス光ソリューション」

中小企業・SOHO法人オフィスの通信環境の課題を解決・サポートするNTT西日本「オフィス光ソリューション」の公式サイト。

【お手本にしたいところ】

サイドバーで「資料請求」「お問い合わせ・コンサルティング希望」「電話でのお問い合わせ」とユーザーの要望に合わせたアプローチをして、確実に見込み客のリストを獲得できるようにしています。

ユーザー目線で作られた豊富なコンテンツは的確にユーザーの要望に応えており、スムーズに問い合わせへと誘導しています。

(5)NIFTY Cloud

国産のクラウドコンピューティングサービスを提供している「NIFTY Cloud」のサイト。

【お手本にしたいところ】

グローバルメニューの上に、「資料ダウンロード」「見積もりシミュレーター」「お申込み」「電話番号」とユーザーの購入意欲の段階に応じた導線が設置されています。この4つの着地点への導線は、サービスの特徴や機能、導入事例などのコンテンツの最後にも設置されていて、見込み客の取り込みを確実にする仕組みが構築されています。

見積もりシミュレーターでは詳細な金額を算出され、見積書も発行することができ、ユーザーの購買意欲を高める効果を期待できます。

(6)ヘイシンモーノポンプ

産業用ポンプの製造・販売を行なっている兵神装備株式会社の運営する「ヘイシンモーノポンプ」公式サイト。

【お手本にしたいところ】

・製品情報や導入事例、技術的な情報など豊富なコンテンツが用意されていて、ユーザーが知りたい情報を絞り込みながら的確に誘導しています。さらに各コンテンツの最後の部分で、「電話での問い合わせ」「フォームでの問い合わせ」「メールニュースへの登録」「資料請求フォーム」で見込み客の獲得を確実にできる仕組みが設計されています。

(7)チャットワーク

業務の効率アップさせ快適なワークスタイルを実現するための機能が装備された、メール・電話・会議に代わる新しい時代のコミュニケーションツールを提供しているチャットワーク。

【お手本にしたいところ】

グローバルメニューから、「説明資料」「操作マニュアル」「導入事例集」などのお役立ち資料をダウンロードでき、スムーズに見込み客リストが獲得できるよう設計されています。

新規登録するとフリープランを無料で利用でき、有料プランへの導線がうまく構築されています。

(8)ソニックガーデン「SKIP」

株式会社ソニックガーデンが運営する大企業向け社内SNS「SKIP」の公式サイト。

【お手本にしたいところ】

グローバルメニューから「機能」「サービス」「導入事例」などの優良なコンテンツへ誘導し、そこからスムーズに見込み客リストを獲得する仕組みを設計している。「機能」のページではデモンストレーションサイトの利用を促したり、「サービス」「導入事例」ではさらに詳細なコンテンツ資料のダウンロードへ誘導したりしています。

(9)Salesforce.com

クラウド環境から世界10万社以上に顧客管理・営業支援サービスを提供しているセールスフォース・ドットコムの公式サイト。

【お手本にしたいところ】

トップページで、「デモを見る」「無料トライアル」「資料請求する」「体験デモ」などの切り口で、入力フォームへと誘導しています。また、製品情報など品質の高いコンテンツが常にアップされている一方で、デモの閲覧や無料トライアルへの誘導による見込み客の獲得の導線が設置されています。

(10)成瀬化学

エマルジョン技術による建築土木材料の製造販売を行なっている成瀬化学株式会社の公式サイト。

【お手本にしたいところ】

・製品ごとの工法が図や動画を使ってわかりやすく説明してあり、ユーザー目線でコンテンツが作り込まれています。さらに詳細な情報を知りたいユーザー向けに資料がダウンロードできるようになっていて、その下からお問い合わせフォームでの問い合わせもできます。工法についての説明もシンプルで、「施工要領書」「材料計算書」など役立つ資料がダウンロードできます。

(11)Wantedly

Facebookを通じて優秀な人材に出会え採用するのをサポートするツール「Wantedly Admin」の公式サイト。

【お手本にしたいところ】

グローバルメニューで「問い合わせ」「資料請求」「30日無料トライアル」などの導線で見込み客の獲得を行なえるよう設計されています。ヘッダー画像のキャッチコピーの下にも「30日間無料タライアル」への誘導が行なわれていて、徹底したマーケティング戦略でサイトを構成されています。

トップページは、「他社との比較」→「料金プラン」→「よくある質問Q&A」へという流れで、最後の部分に「30日無料トライアル」へとスムーズに誘導しています。

(12)Zendesk

カスタマーサービスソフトウェアの開発・サービス提供を行なっている「Zendesk」の公式サイト。

【お手本にしたいところ】

グローバルメニューから進むと、ユーザーが知りたい情報へとスムーズにアクセスできます。コンテンツはユーザー目線で作られていて、説明の流れがわかりやすくなっています。

グローバルメニューだけでなく各コンテンツのページでも、「無料トライアル」「問い合わせ」への導線が設置されていて、見込み客の獲得のチャンスを逃がさない仕組みが構築されています。

(13)デンソークリエイト「TimeTracker FX」

現場の改善活動をサポートする数管理・プロジェクト管理ツール「TimeTracker FX」の公式サイト。

【お手本にしたいところ】

「2分でわかるTimeTracker FX」という動画により、サービスの概要がわかりやすく解説されていて、ユーザーが理解しやすいコンテンツ作りがされています。

グローバルメニューだけでなく各ページ下でも「お問い合わせ」「資料請求」「製品紹介セミナー」「90日間無料評価版申し込み」などへの誘導が設置されて、見込み客の囲い込みが徹底されています。

(14)Fastask(ファストアスク)

コストパフォーマンスの高いネットリサーチサービスを提供するFastask(ファストアスク)の公式サイト。

【お手本にしたいところ】

グローバルメニューで「お問い合わせ」「トライアル」への誘導を図るだけでなく、各ページでも説明の流れの中でベストタイミングで「トライアル」への申し込みを促しています。

ネットリサーチのノウハウなどユーザーが知りたい・興味のあるコンテンツが用意されていて、ページ離脱率が低くなる工夫がされています。

(15)ペイパル

世界2億人以上、1500万店舗以上で利用されている決済代行サービス「ペイパル」の公式サイト。

【お手本にしたいところ】

ヘッダー画像が切り替わっても、常に「クーポンの取得」「新規登録」「無料トライアル」などへ誘導されています。また、見やすくてメリハリのあるコンテンツは、ユーザーがストレスを感じることなく閲覧できます。各ページでもタイミングの良いところで、「新規登録」への誘導がされていて、新規顧客獲得のチャンスを逃さない仕組みが構築されています。

まとめ

今回ご紹介した15のBtoB企業サイトのお手本にしたいポイントをまとめると次のようになります。

・ユーザー目線で作られたコンテンツ、閲覧する際にストレスを感じないデザイン

・ユーザーが知りたい情報・コンテンツへスムーズにたどりつける

・ユーザーに役立つ豊富なコンテンツ

・グローバルメニューだけでなく各ページから「資料のダウンロード」「資料請求」「無料トライアル」「無料デモ」などにより見込み客を獲得するための仕組みを構築している

 

BtoB企業サイトを構築する際には、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

この記事を書いた人

投稿者
井上 博登

1980年・大阪生まれ、大阪育ち。立命館大学を卒業後、新卒でヤフー(株)に入社。
1年後に中山(代表取締役)と共に(株)セルバを起業。

見た目は営業、実態は「利益を出すこと」に徹底的にこだわるグロースハッカー。
費用を掛けず、いかにサイトの成果を上げられるのか、日々研究&実践している。

プライベートの趣味は旅行・バスケ・映画鑑賞。 二児のパパ。

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ