share
  • >
  • ブログトップ>
  • 2015年版「法人向けWebサービス」の課金ビジネスモデル7選

2015年版「法人向けWebサービス」の課金ビジネスモデル7選

近年、シェアリングエコノミー型(共有型経済)の事業が、注目されています。例えば、余った部屋を貸し出すサービスである「Airbnb」や、個人間の車をライドシェアリングする「Lyft」といったサービスが挙げられます。

ほかにもネット印刷の「ラクスル」が40億の増資を受けたのが記憶に新しいですが、法人向けのネットサービスも注目されている分野の一つです。

Webサービスのスタートアップとして、個人向けだけではなく、法人向けにしたモデルが、最近の潮流となっています。理由としては、事業に対する収益性が高いためと言われています。Webサービスは、「広告モデル」「課金モデル」「ECモデル」「仲介モデル」の4つにカテゴライズされます。この中で「課金モデル」は、継続的に利用する顧客を獲得することと、課金に見合う質の高いサービス提供が必要です。

今回は、課金モデルの中でも、成功している「個人向けWebサービス」が数ある中で、注目の「法人向けWebサービス」の企業・サービスを紹介します。

【flipdesk】

0051_01

スマートフォンに特化したEC向けの販促プラットフォーム「flipdesk」。株式会社Socketが開発・運営をしています。顧客の状況にあわせたダイレクトメッセージの配信・クーポンの自動発行・チャットでの接客などをサポート。顧客の行動は、サイトに埋め込んだタグによって、自動的に解析がなされています。「flipdesk」は、スマートフォン向けのEC市場が激化する中で、2014年9月のリリース以降、100社以上の導入実績があり、注目を集めているwebサービスです。料金プランは、PV数に応じた完全従量課金制で月額5,000円~利用可能です。

0051_02

【wizpra NSP/wizpra card】

0051_03

株式会社wizpraは、企業や商品に対する顧客ロイヤリティを定量化するための経営指標である「wizpra NSP」、PCやスマートフォンで、従業員の社内コミュニケーションを活性化する「wizpra card」を提供しています。「wizpra NSP」2014年8月以降、飲食店やフィットネス関連を中心に1000店舗へ導入されています。料金プランについては、「wizpra NSP」が導入規模によって、月額10万円から35万円。「wizpra card」は、1ユーザーにつき400円という設定になっています。

0051_04

【Clear works】

0051_05

株式会社スマイルワークスが提供するクラウド型統合業務システム「Cleaworks」。「Cleaworks」とは、財務・会計から、販売・在庫・仕入管理、給与計算、勤怠管理までを自動処理するサービスです。ボタン1つで、販売・経費精算・給与データが、会計の仕訳票に自動的に反映されます。
会計・販売・給与それぞれのジャンルごとに、月額費用が各3,000円で、初期費用が10,000円という価格設定で、1契約で2アカウントが提供されます。この基本設定にあわせて、ヘルプデスクやサポートサービスなどのオプションを追加することが可能です。

0051_06

【Sansan】

0051_07

Sansan株式会社が提供する法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」。単なる名刺管理だけではなく、名刺から取引先の組織図を生成したり、商談を管理したりと、CRM(顧客管理)や営業強化に直結するソリューションツールです。導入社数は、2,000社にのぼり、丸紅株式会社や、伊藤忠商事株式会社などの大手から、中小企業など、実績は多数。また同社は、個人の名刺管理サービス「Eight」を無料提供しています。

「Eight」は、SNS的な要素で利用されています。「Sansan」のサービスは、10,000円のプロファイラー導入費と、1つのIDにつき、機能に応じた月額プランで利用が可能。詳細は、下記の価格表をご覧ください。

0051_08

【Kaizenplatform】

0051_09

KAIZEN platform incは、WebサービスのUI(ユーザーインターフェイス)改善ができるプラットフォーム「plan BCD」を提供しています。「plan BCD」の供給によって、JavaScriptのコードを1行入れるだけで、コンバージョン率を高めていくことを実現。YAHOO!JAPANや、JAPAN AIRLINEでの導入実績があります。以下の通り、エンタープライズプランをベースに、月額固定のクラウドソーシング利用料となっています。

0051_100051_11

【Creative survey】

0051_12

高機能で、マルチデバイスに対応した次世代アンケート作成ツール「creative survey」。サイトにあったイメージを簡単に作成することが可能です。また設計から集計までをコンサルティングする「creative survey consultant」(マーケティングコンサルティングKAIとの提携)サービスもあり、オールインワンでネットリサーチを実現することができます。価格プランは、無料プランから月額・年額を選択できるものもあり、利用状況に合わせたプランニングが可能です。詳細は、以下の料金表をご覧ください。

0051_13

【Freee】

0051_14

Freee(フリー)は、全自動のクラウド会計ソフトです。このサービスを提供する株式会社Freeeは、「スモールビジネスに携わるすべての人が、創造的な活動にフォーカスできるよう」ことがミッション。会計・給与計算のクラウドサービスを展開しています。2013年3月にリリースされて以来、Freeeは、ソーシャルメディアなどで話題になり、30万をこえる事業所で導入されています。料金プランは、無料プラン/個人事業主プラン/法人プランで、目的・対象別に分かれています。それぞれ0円/980円(月額)・9,800円(年額)/1,980円(月額)・19,800円(年額)といった内容です。

0051_15

「法人向けWebサービス」の課金ビジネスモデル7選

サービス名 サービス内容 課金内容
flipdisk スマホ向けEC販促プラットホーム PV数に応じた50,000~300,000円の定額従量制。
Wizpra NSP/Card 顧客ロイヤリティの定量化サービス/社内コミュニケーションツール NSPは導入規模によって、月額10万円から35万円。Cardは、1ユーザーにつき400円。
Clearworks 法人向けクラウド名刺管理サービス 会計・販売・給与のジャンルごとに月額3,000円/初期費用10,000円。
Sansan スマホ向けEC販促プラットホーム 10,000円のプロファイラー導入費。機能に応じた3,500円~6,500円までの月額プラン。
Kaizen platform UIwebサービスの改善プラットフォーム エンタープライズプランと、月額30万・80万のクラウドソーシング利用料。
Creative Survey マルチデバイス向けのアンケート作成ツール サービス内容にあわせた5つの料金プラン。無料から年額1999ドル。
Freee 全自動クラウド会計ソフト 無料プラン/個人事業主プラン980円(月額)・9800円(年額)/法人プラン1980円(月額)・19,800円(年額)

このようなWebサービスを構築するには、単にホームページを作る技術ではWebサイト作成ができません。Webシステムの構築が必要となります。どのようなWebシステムを構築するのかは、私たちにお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

投稿者
中山 健

株式会社セルバ代表取締役。学生時代にアルバイトでWEB製作会社に入りプログラムを覚える。大学卒業後SIerにて金融システムの開発に携わった後、再びWEB業界へ。

WEB系のプログラム言語とサーバー構築、さらにはCOBOLも出来ます!最近ではシステム開発だけでなく、SEOやマネタイズなどのグロースハックや企画を担当する事が多いです。

Twitter
Facebook

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ