share
  • >
  • ブログトップ>
  • 弁護士、司法書士、税理士の方必見。サイトからの集客方法6選
事例
2015年6月15日
タグ : , , , ,

弁護士、司法書士、税理士の方必見。サイトからの集客方法6選

0066_01

弁護士、司法書士、税理士などの士業、いわゆるサムライ業で開業された方に、インターネットを活用した集客方法を紹介していきます。

士業の今

0066_02

【引用:http://www.nikkei.com/news/image-article/?R_FLG=0&ad=DSXDZO4086550027042012W14000&bf=0&dc=10&ng=DGXDZO40865470X20C12A4W14000&z=20120429

時代の流れとして、資格を活かせるというので士業として独立される方は、増加していっています。上のグラフからわかるように、どの士業も数は大幅に伸びています。この背景には、法科大学の新規設置や法律改正が行われたことが大きく関わっています。

それとともに、士業同士のライバルも増えて、競争も激化しています。一人あたりの顧客数や単価は下がっていっているというのが現状です。

そんな中で、士業として開業されている方の中には、インターネットを活用した集客だけで事業を成立させている方もいらっしゃいます。

インターネットを活用せずに、営業をかけていく方法もあります。よく耳にするのは、朝活や勉強会、交流会、ランチ会などに出席をして、人脈を地道に開拓し続けるアプローチです。そのような活動も大切なことですが、軸となる業務よりも、新規顧客の獲得にパワーを注がざるを得ず、苦労してしまっては本末転倒ですよね。

士業として本来の業務に集中するためにも、WEBサイトを通した集客方法は魅力的です。では、どうすれば有効的な集客ができるか、基本的なポイントをおさえていきましょう。

弁護士紹介

0066_03

顧客は抱えている悩みを解決することメインに、士業を探します。したがって、関心は「どんなサービスが受けられるのか」ということに注がれます。しかし、同レベルで、「どんな人に担当してもらえるのか」ということも重要な条件です。

「この人になら相談できそう」と思ってもらえるような情報は、どういった内容でしょうか。以下の情報提供がポイントとなります。

◆プロフィール:今までの経歴や実績、評価。「相続対策相談 5000件」など具体的な相談内容、年数や件数がわかると信頼性が高くなります。

◆写真:顔写真か、顧客と商談している様子。写真はプロのカメラマン、顧客はモデルに依頼するとよいでしょう。

◆人柄:趣味や、血液型、出身地、家族構成、出身校、好きなものなど情報を載せると、顧客との共通点が見つかったり、距離感が近くなったりしていきます。

オフィス紹介

基本的な情報で構わないのですが、はじめてWEBサイトを見る人にとって、さらにははじめて士業のこと調べる方にとって、わかりやすい表現を心がけましょう。

◆オフィス・アクセス:オフィス内の様子を写真撮影したり、最寄り駅からのアクセス方法をマップにしたりすると、オフィスに訪問するまでのイメージが湧きやすくなります。

◆料金体系・報酬プラン:わかりにくい料金体系は避けた方がよいでしょう。はじめて士業を利用する方でも、わかりやすいプランであった方が、印象がいいと言えます。

◆問合せ・予約フォーム:インターネットを通じて顧客とコミュニケーションが生まれるツールです。積極的に設けましょう。

◆お客様の声:今までにどんな問題やトラブルを相談し、どのように解決してもらったのか、どんなポイントに満足したのか、職業や年代別にいくつかの声があると、評価がよくわかります。

オフィス紹介

顧客は、ライバル士業のWEBサイトも検索しますし、閲覧しています。あなたが他のサムライ業の方に比べて、どのような優位性があるのか、WEBサイト上で明示しましょう。コンテンツを打ち出す前に、調査が必要です。そのために、ライバル士業サイトの分析をしていきます。

顧客がライバル士業と比較検討した際に、どのポイントで勝つことができるのか、価格設定なのか、専門分野か、それとも実績なのか。打ち出せるポイントは何かを見極めましょう。

弁護士ドットコム

0066_04

弁護士の方に限定されますが、弁護士ドットコムという検索サイトを活用することができます。「地域名+弁護士」と検索すると、このサイトが上位に表示されます。

サイトに入っていくと各エリアで登録している弁護士が、一覧で表示されます。プランは有料と無料のものがあり、有料プランに入った弁護士は、自己PRをサイト上ですることが可能。見込み客は、弁護士の中から、自分が相談してみたいのは誰か、比較・選定していきます。新規顧客を獲得する上で、有効的なツールであると言えます。

初回相談無料

ファーストコンタクトは、無料相談を実施している士業は増加しています。むしろ有料にした場合、専門分野に特化した、高度な案件にも対応できるレベルである必要があります。顧客の意識的なハードルをさげるためにも、初回を無料にすると効果が期待できます。

口コミサイト

0066_05

士業に特化した口コミサイトがあります。例えば、PS士業サイトでは、全国15,000件の行政書士を検索することが可能です。登録されている士業の最新情報や口コミ情報が発信されているので、活用してみましょう。

おわりに

弁護士、司法書士、税理士の方必見。サイトからの集客方法6選

方法 詳細
1.弁護士紹介 ◆プロフィール:今までの経歴や実績、評価。
◆写真:顔写真か、顧客と商談している様子。
◆人柄:趣味や、血液型、出身地、家族構成、出身校。
2.オフィス紹介 ◆オフィス・アクセス
◆料金体系・報酬プラン
◆問合せ・予約フォーム
◆お客様の声
3.優位性 顧客がライバル士業と比較検討した際に、どのポイントで勝つことができるのか、価格設定なのか、専門分野か、それとも実績なのか。打ち出せるポイントは何か。
4.弁護士ドットコム 各エリアで登録している弁護士が、一覧で表示される。プランは有料と無料のものがあり、有料プランに入った弁護士は、自己PRをサイト上ですることが可能。見込み客は、弁護士の中から、自分が相談してみたいのは誰か、比較・選定する。
5.初回相談無料 ファーストコンタクトは、無料相談を実施。
6.口コミサイト 士業に特化した口コミサイトを活用。

かつて外部SEO(被リンク)対策が効果的な手法として、認識されていました。今では、コストをかけて、SEO対策をしたとしても、検索で検索順位が上がらないようになりました。したがって、WEBサイトのコンテンツを充実させ、比較・検索サイトやリスティング(PPC)広告を利用したホームページ制作・運営が必須です。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

この記事を書いた人

投稿者
井上 博登

1980年・大阪生まれ、大阪育ち。立命館大学を卒業後、新卒でヤフー(株)に入社。
1年後に中山(代表取締役)と共に(株)セルバを起業。

見た目は営業、実態は「利益を出すこと」に徹底的にこだわるグロースハッカー。
費用を掛けず、いかにサイトの成果を上げられるのか、日々研究&実践している。

プライベートの趣味は旅行・バスケ・映画鑑賞。 二児のパパ。

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ