share
  • >
  • ブログトップ>
  • 【HRテック】最近伸びているIT系の人材会社12選
ソーシャルメディア
2018年4月27日

【HRテック】最近伸びているIT系の人材会社12選

若手の人材不足は今度しばらく解消する見込みはありません。各社人材不足をビジネスチャンスと捉え様々なサービスを展開していっています。今回はその中でも伸びていっているサービスを紹介していきます。

求人・採用に関連するHRテック

求人制作や特徴のある採用方法をとる場合に用います。
一口に求人と言っても様々な方法がありますので、紹介していきます。

SNSを駆使した若者向けの新しい求人パーソルキャリア株式会社「MYrefer」

引用:https://i-myrefer.jp/

パーソルキャリア株式会社の提供するMYreferはリファラルリクルーティングに特化したHRテックです。
リファラルリクルーティングとは社内社外あらゆる人脈を通した採用活動のことです。
MYreferの大きな特徴はTwitter、Facebook、LINEといった現代のSNSを使用する事です。
MYreferを使用しての人材採用の流れは以下です。
①:社内で求人を制作し、社員に配布
②:社員がSNSを使用して友人知人に求人を告知
③:誘われた友人知人が応募、その際告知した社員が紹介状を書く
④:採用

MYreferは人と人の繋がりを重視しています。
根底にあるのは「自社をよく知っている社員が友人に自社をお勧めする事で理想的なマッチングができるのではないか」というものです。
企業側としては採用には多くの金銭的リスクがあります。
短期間で中途退社されてしまった時の損失は大きいので、自社を知っている社員が友人に自社をお勧めするのはとても理にかなっていますね。

ビデオ面接でコストダウンするHRテック タレンタ株式会社 「HireVue」

引用:http://hr-odk.jp/hirevue/

タレンタ株式会社の提供している 「HireVue」はアメリカのHireVue社が開発しましたがタレンタ社が独占販売権を保有しているHRテックです。
主に録画もしくはオンライン面接で使用します。
これにより希望者は場所や時間を選ばずに面接を受ける事ができ、都合が悪くて面接を受けられないという事が無く、更に交通費、会場費も必要ありません。
また、録画データが残っているので企業の人事担当者が複数人で確認できるので1人の判断で決める事が無くトラブルが起こりにくいです。
HireVue独自の優れた点は、人工知能を使用している事です。
録画結果から言葉、音声、態度を分析する事でより社風にあった人材の採用の手助けになります。

シンプルな無料求人サイト制作HRテック 株式会社ビズリーチ「スタンバイカンパニー」

引用:https://stanby.co/

株式会社ビズリーチの提供する「スタンバイカンパニー」で企業が無料で求人を掲載できます。
本来広告費は月に8万程度かかると言われていますが、スタンバイカンパニーは無料で使用できる優れたHRテックです。
その他の特徴としては徹底的に使いやすさを追求している点です。
ほぼ直感的に操作できるのではIT技術のない人事担当者でも簡単に求人票の作成ができます。
また、メール機能を搭載しており、直接希望者と対話できるのでミスが少なくなります。
(わざわざ求人票とメールを行ったり来たりせずに済むので業務効率が良くなり結果抜け漏れ等ミスが減る)
まさに欲しい機能を全て取り入れた求人票と言ったところでしょうか。
今回紹介するHRテックの中では最もシンプルでわかりやすいです。

「TalentCloud」(タレントクラウド)繋がりを大切にしたHRテック株式会社TalentCloud

引用:http://talentcloud.jp/

株式会社TalentCloudの提供する「TalentCloud」はタレントプールを利用したHRテックです。
タレントプールとは企業と志望者が惜しくも繋がらなかった時、繋がるチャンスをキープする活動の事です。
惜しくも繋がらなかった状況の一例は以下です。
・内定辞退
・採用基準を満たしていたが空きポストが無く不採用
・スカウトしたいが他で働いている
※以降TalentCloudは企業名ではなく同社の提供するサービスを指します。
タレントプールは候補者に対して、様々な情報提供を行っています。
TalentCloudではその一環として採用基準満たしたを候補者へメールの一斉配信などいつでも繋がる事のできるようコミュニケーションを取っています。
候補者としてはいつでも企業と繋がる事ができる為、転職活動中などタイミングが合えばコンタクトを取る事ができるでしょう。
また、候補者からタレントプールに入る事ができるよう施策が施されています。
自社の採用関連サイトにタレントプールへの入り口を設置することで「将来的に入社を希望するかもしれない」という層を取り込む事ができます。
実際にTalentCloudには以下の実績があります。
・内定を辞退した人をTalentCloudに登録。
その後別企業に勤めているところへメールを送信、すると「今勤めている会社は自分に合っていない」と連絡が入り自社へ転職を促す。
そして実際に内定

エンジニア、プログラマーの求人に特化したHRテック

実力勝負のエンジニア、プログラマー採用HRテック 株式会社groove「forkwell」

引用:https://forkwell.com/

株式会社grooveの提供する「forkwell」はエンジニア、プログラマー採用に特化したHRテックです。
forkwellは自身の作成したコードやプログラミングを登録する事でその技術を他のITエンジニアが評価する事で登録者のレベルを正しく判断する事が出来ます。
従来の人事面接ではエンジニア、プログラマーの技術力を調べるのは困難です。
理由は人事面接担当者が技術者とは限らずどうしても経歴等で判断してしまう為です。

その点他のエンジニア、プログラマーが能力を判断してくれるのであれば以下のメリットがあります。
採用者側目線で見た場合
・経歴、性格を重視して採用したが技術力がなかったという事が無い
・志望者の技術力や得意分野が正確にわかる為スムーズに仕事を進める事ができる。
・forkwellに登録されてある中から欲しい人材をスカウトできる。
志望者側目線で見た場合
・経歴に自身が無くでも技術力があり、その技術が志望会社にマッチしていれば十分に採用圏内に入る事ができる。(過去の経歴ではなく実力勝負ができる)
・登録する事で企業からのスカウトが期待できる。
forkwellはエンジニア、プログラマーの活躍の場を広げる事が最大の存在意義と言って良いです。
特に高い技術を持っているのに経歴が弱く書類審査、面接で跳ね返されてしまっている方に対して最高のサポートになるでしょう。

AIでエンジニアの天職を発見するHRテック株式会社scouty「scouty」

引用:https://scouty.co.jp

株式会社scoutyの提供する「scouty」はエンジニアが天職を探す事に重きを置いています。
SNSの投稿やGitHubといった技術公開サービスの情報を収集し、また、企業からのニーズなどの情報を元にAIを使用して適切なマッチングを行うというシステムです。
技術力だけでなく経歴やSNSの発言といった細かな部分からも適性を割り出しマッチングの資源としているので、いざ転職できた場合自分に合った会社だと考えて良いでしょう。

勤怠管理に関するHRテック

勤怠管理HRテックは主に従業員の勤怠情報を管理する事が出来るサービスがメインであり、誰が出勤中で社員それぞれどの様な予定があるか、誰が何時に出勤し、退勤したかなどです。勤怠情報から時給、給料を割り出す事もできるようにもなっているサービスです。

「e-就業ASP」安心の勤怠管理HRテック株式会社ニッポンダイナミックシステムズ

引用:http://www.nds-tyo.co.jp/e-asp/

株式会社ニッポンダイナミックシステムズの提供する「e-就業ASP」は勤怠管理のHRテックです。
e-就業ASPの売りは以下です。
・堅牢なセキュリティ
サーバーがしっかりしており、処理速度が速く、突然落ちるといった不具合が少なく、履歴も5年分ある
・企業毎のリクエストに応える事ができる。
特殊な働き方をしている会社にも対応可能
・定期的なバージョンアップ
労働法の改正など最新の情報に合わせて進化
他にないサービスを提供している事がわかります。

外国人にも対応可能な勤怠管理HRテック株式会社donuts「ジョブカン」

引用:https://jobcan.ne.jp/

株式会社donutsの提供している「ジョブカン」は勤怠管理HRテックです。
基本的機能はe-就業ASPなどと同じですが、こちらにもしっかり特徴があります。
・英語に対応
外国人就業者が多くなっている現代に欠かせない機能でしょう。
・スマホでのシフト提出
アルバイトしている方には嬉しい機能ですね。
口頭やメールでは認識の違いからどうしてもトラブルが起こってしまう時があります。
・指静脈打刻でミスが激減
認証率は99.99%なのでほぼ間違えて打刻してしまう事がありません。
それだけでなく従業員の不正な打刻も防ぐ事ができます。

研修管理に関するHRテック

研修管理HRテックは従業員の受ける研修のデータを取る事ができます。
研修内容で活かせるもの、そうでないものを別けたり、従業員がしっかりと研修を受けていたかなどのテストを行う事もできます。

研修効果抜群のHRテック 株式会社インソース WEBinsource

引用:https://www.insource.co.jp/webins/index.html

株式会社インソースの提供している WEBinsourceは研修管理システムです。
主に研修の申し込みに使用します。
WEBinsourceの機能は以下です。
・研修終了後に習熟度テストをする事ができる
研修者がどの程度理解しているのかを調べる事ができます。
・業務効率化
研修のデータを取ることで人事、総務部などが全社員に配布する資料の選択がスムーズに行うことができ、結果的に業務効率化につながります。

労務管理に関するHRテック

労務管理HRテックはマイナンバーの収集、確定申告、源泉徴収票・支払調書の配布など小難しい書類提出のサポートや社員データの管理などに強いHRテックです。

従業員データ管理に強いHRテック株式会社SmartHR「SmartHR」

引用:https://smarthr.jp/

株式会社SmartHRの提供する「SmartHR」労務管理に使用できます。
特に際立つのは従業員データの管理です。
入退社や、住所変更などデータに変更を加える時に連動して他のデータも上書きしてくれます。
これにより、1つ目の書類では東京に住んでいるのに2つ目の書類では大阪に住んでいるといった事がなくなり、管理がしやすいです。
また、書類未提出の従業員に対して催促のメールを自動送信する機能もあります。

書類作成を楽にするHRテックfreee株式会社 「人事労務freee」

引用:https://www.freee.co.jp/hr/

freee株式会社の提供する「人事労務freee」は特に書類作成の効率化に特化しています。
優れた点は以下です。
・会社の規模を問わず会社関係者に関するデータを簡単に確認できる。
・勤怠管理情報から給料、税金の計算を自動で行う
・確定申告や保険の更新を自動で行う
・入社、退社時の書類作成にも対応
実際に確定申告時に使用しましたがシンプルな質問に答えるだけで作業の9割が終了しました。間違いなく便利です。

健康管理にHRテック

健康管理HRテックは社員の労働時間や属性別に病気になりやすい傾向などを判断、退職や精神疾患発症の予防になります。

従業員の健康管理に最適なHRテックHuRaid株式会社「HuRaid勤怠分析」

引用:http://huraid.co.jp/

HuRaid株式会社「HuRaid勤怠分析」は健康管理HRテックです。(労働管理HRテックの面も持ち合わせています。)
多くの優れた機能があります。
・退職、休職率予測
AIを使用して4ヶ月後の退職、休職率を予測できます。
・ストレスチェック、性格診断テスト
これにより快適に働くサポートができます。
・勤怠分析
勤怠分析によりどの部署に負担がかかっているのかを知る事ができバランス調整に使用できます。
・残業時間の把握
残業時間を把握しており、働きすぎている従業員にはメール送信することができます。

まとめ

今回最近伸びている、もしくは近いうちに伸びそうな企業とHRテックを紹介しました。
この中でも特に伸びそうな企業、HRテックは以下3つです。

実力勝負のエンジニア、プログラマー採用HRテック株式会社groove 「forkwell」

エンジニア、プログラマーが能力さえあれば採用されるきっかけになります。
一流大学に入る事ができず能力があるにも関わらず経歴で落とされてしまう事が少なくなります。せっかく技術を持っていても活躍する場がないのは悔しいですよね。
また、企業としても技術力のあるエンジニア、プログラマーは採用したいはずですので双方の希望に応えた素晴らしいHRテックです。

ビデオ面接でコストダウンするHRテックタレンタ株式会社 「HireVue」

今現在就職活動は忙しく、何回も企業を回らなければなりません。
この為、場所や時間を選ばずに面接ができれば良いというニーズはあるのではないでしょうか。
次々に企業を回るのは非効率的ですし採用希望者の負担になるので今後のスタンダードになりそうです。

HuRaid株式会社「HuRaid勤怠分析」従業員の健康管理に最適なHRテック

現代はサービス残業や低賃金労働、パワハラなど従業員が短期間退職したりうつ病になってしまったりする要因が多いのでそれをケアする必要は大いにあるでしょう。
もちろん、短期間退職やうつ病などの根本的原因を解決する事が最優先ではあります。

以上、いかがでしたでしょうか。
HRテックはまだまだ新しいサービスが出てくる市場でもあると思いますので、これから何かしらのHRテックサービスを考えている方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

この記事を書いた人

投稿者
中山 健

株式会社セルバ代表取締役。学生時代にアルバイトでWEB製作会社に入りプログラムを覚える。大学卒業後SIerにて金融システムの開発に携わった後、再びWEB業界へ。

WEB系のプログラム言語とサーバー構築、さらにはCOBOLも出来ます!最近ではシステム開発だけでなく、SEOやマネタイズなどのグロースハックや企画を担当する事が多いです。

Twitter
Facebook

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ