share
  • >
  • ブログトップ>
  • 安心の介護求人サイト「ハートフル介護士」って?
事例, 求人サイト
2018年5月25日

安心の介護求人サイト「ハートフル介護士」って?

介護業界では慢性的な人材不足が問題視されています。

休日の少なさや時間外労働の多さ、有給を取得にしにくい雰囲気などが人の定着が困難な理由としてあげられています。

その中で、介護職の就職・転職支援サービスを提供するサクシードのハートフル介護士は登録者数や転職実現数が好調だといわれています。

本記事では、ハートフル介護士のサービスの特徴について紹介したいと思います。

人手が足りない介護業界

近年、介護業界で働く労働人口不足が社会的な問題に発展していることはご存知ですか?

高齢者の増加や現在進行形で働く介護スタッフへの負担が増加していることから、介護業界では慢性的な人材不足に陥っています。

ますます拍車のかかる高齢者の人数

総務省が発表した「統計からみた我が国の高齢者(65 歳以上)」によると、65歳以上の高齢者は平成28年9月15日現在で3461万人を超え、総人口に占める割合は27.3%と過去最高となっており、日本社会では労働人口の低下とともに、高齢者の増加が迫り来る課題として捉えられています。

そこで、政府による補助や支援で高齢者向けの医療・介護サービスが保障されているのが現状です。

抜本的な解決のために出生率の向上や介護業界の賃金上昇といった対応で労働力不足の解決を図ろうとしていますが、急速に効果が現れるものではないため、各社いまいる人材の中での取り合いが発生しています。

不規則な勤務時間

人が足りない状況を既存スタッフの負担をあげることで対応せざるを得ない状況が、介護業界で継続して就業を望む人の減少に繋がってしまっています。サービス利用者が介護を必要とするタイミングは多岐に渡り、中には休日・深夜を問わずにケアを必要とする高齢者もいます。

施設を運営する介護サービスの場合は24時間体制で介護・もしくは看護スタッフを配置しなければならず、急な欠員や退職者が出た場合は既存スタッフが対応するしかありません。

そういった悪循環が結果的に介護業界全体の人員不足を招いていると考えてよいでしょう。

人間関係の悩み

利用者との人間関係に悩み、仕事を続けることが難しくなってしまう介護士も存在します。

利用者の日常生活をサポートするのが主な業務になるため、どうしても利用者との関係性は身近な存在に、ある意味家族に近いような感覚になってくるといわれています。人間関係が良好な場合であれば楽しんで仕事を行うことができますが、相性の悪い人のケアを行う必要がある場合、続けていく上でストレスを抱えてしまう恐れがあります。

中には、介護の仕事自体は楽しいけれど、利用者との人間関係が辛くて他業界へ転職してしまったという話も耳にします。

肉体的労働による体力面での不安

介護の仕事は想定以上に肉体的労働を必要とする場面に多く遭遇します。

車の乗り降りやお風呂やトイレの介助になると、大の大人1名の体重を支えなければなりません。利用者の体格によっては重労働になるため、小柄な女性などは腰や手首をはじめ身体に負担がかかってしまい長く働き続けることが困難である場合もあるようです。

介護業界における人材不足の課題

特に若い世代の介護スタッフが不足していることが業界全体の課題として認識されています。

実際に介護が身近になってくる年代といえば、自分の親に介護が必要になる50代前後から始まるのが一般的です。

そのため、若い世代にとって介護の仕事は自分には関係のない、どこか別の話に思ってしまいがちで、なりたい仕事の候補として上がってくることがありません。

また、介護の具体的な仕事内容が一般的に周知されていないため「肉体的にも精神的にもしんどい・つらい」だけの仕事に誤解されてしまい、やりがいや自分らしい働き方を求める若い世代には敬遠されてしまう傾向が介護業界に若い人員が増加しない原因のひとつだと考えられます。

介護労働安定センターが実施したアンケートによると、介護施設の6割以上が人手不足を実感しており、人材獲得のための採用には7割以上が困難であると回答しています。

そのため、各社WEBサイトやSNSを通じて若い世代の人材獲得に奔走していますが、なかなか希望の人材を集めることを実現できていないのが現状です。

ハートフル介護士の特徴

【引用:https://www.succeed-jinzai.jp/lp/kaigo/heartful/】

株式会社サクシードが運営する2017年に開始された「ハートフル介護士」は介護業界に特化した就職・転職支援サービスです。

サービスを開始して日が浅いため、最新の利用者数や就職・転職の成立実績などのデータは発表されていませんが、介護業界に特化した転職サイトとして注目されています。ハートフル介護士では実際に現場で働くスタッフの目線で良い施設の求人情報しか掲載されていません。

以下にハートフル介護士のサービスの特徴を紹介したいと思います。

スタッフが施設へ足を運び、基準を満たした施設のみを紹介

社内独自に設けられたチェック項目は約30項目あり、独自の審査を通過した施設のみが求人募集施設として紹介されています。

項目を確認するにあたり、担当のスタッフが実際に求人を募集している介護施設を訪問し、施設の雰囲気やスタッフの仕事をしている様子や将来の展望等のヒアリングの他、施設長の人柄といった通常の求人サイトでは伝わりにくい職場環境を徹底的に調べていることが特徴です。

それに加えて、すでに長く働いている現場スタッフに現状の働き方に対する考えや不満等もきっちりと確認しているので、現場の声を重視した求人紹介を行っている点も他社のサービスと比べて異なっているといえます。

一般的にWEB上での求職活動において文面上の求人内容だけでは、実際の労働環境が見えにくい課題があるので、サクシードではそういった課題から生まれる入社後のギャップを軽減させるために敢えて人的リソースを割いて現場の確認を行うようにしています。

ハートフル介護士では転職希望の介護士や介護業界で働きたいと考えるユーザーが安心して新しい環境に身を投じられるように、複数のチェック項目を通じて選りすぐった求人情報のみを掲載しているのが特徴です。

本サービスに掲載している募集情報のほとんどが時間外労働を行わない施設のみです。

ただし、どうしても繁忙期になった場合など一時的に残業を依頼する場合でもきちんと手当が支払われる介護施設に限定して紹介しています。

また施設を紹介する前に現在の給与と希望給与を照らし合わせるようにしているので、以前の職場より給料が下がってしまったというトラブルを防ぐ取り組みを行っています。

このようにして、ハートフル介護士では正確な施設の情報を応募者へ伝える試みが実施されています。

ハートフル介護士が考えるホワイト企業とは?

ハートフル介護士では「時間外労働が少ない」ことと「有給休暇が取りやすい」職場をホワイト企業と考えています。

本来定められている勤務時間外に業務を行う、いわゆる”サービス残業”は介護業界にとっても頭を悩ませる存在です。

特に、介護施設での仕事は施設利用者という1人の人間を相手にサービスやケアを提供するのが仕事になります。単純に何かを製造する・書類をまとめるといった業務ではなく、人を相手にする商売であるため、1つの対応にかかる時間には大きく個人差があります。

なかなか時間が読みにくい業務内容でもあるため、当初予定していた1日のスケジュール通りに上手く進むことはまず少ないでしょう。

現場では日々臨機応変な対応が求められますが、たいていの場合、計画が後ろ倒しになってしまいサービス残業で仕事の調整を行うことが多いようです。

そのような疲弊した現状を打破するために、ハートフル介護士では厳選した求人施設のみを紹介し業界全体の労働環境の改善に貢献しようと心がけています。

時間に追われる転職希望者に便利

厚生労働省が調査した国内の介護保険施設の数は平成28年時点で全国に13,000施設以上あるといわれています。

その中から1件ずつ自分にあった職場を探すことはとても手間のかかる作業です。日々シフト勤務にあたり、落ち着いて自分の時間を確保できない現役介護士も多く、転職活動を行う余裕がない人もいるでしょう。

事前に悪環境な職場はサービス側によって除外されているので、日々の仕事に忙しい介護士や落ち着いて職場探しができない転職希望者にとってありがたい特徴です。自分のために使える余暇時間が少ない転職希望者にとって、事前にフィルタリングされた求人情報のみを紹介しているハートフル介護士のサービスは相性がよいと考えられます。

まとめ

いかがでしたか?介護業界全体で労働環境の改善を目指して色々な取り組みが実践されている中、転職サイトも各社特徴をもったサービスが展開されています。中でも、ハートフル介護士では介護業界の採用事情に新たな切り口からサービスを展開する特徴的な求人サービスであるといえるでしょう。これからは、標準的な求人サイトを構築するのではなく、それぞれのサイト利用者のニーズにあった個性を持つ求人サイトが生き残っていくと考えられます。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

この記事を書いた人

投稿者
井上 博登

1980年・大阪生まれ、大阪育ち。立命館大学を卒業後、新卒でヤフー(株)に入社。
1年後に中山(代表取締役)と共に(株)セルバを起業。

見た目は営業、実態は「利益を出すこと」に徹底的にこだわるグロースハッカー。
費用を掛けず、いかにサイトの成果を上げられるのか、日々研究&実践している。

プライベートの趣味は旅行・バスケ・映画鑑賞。 二児のパパ。

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ