share
  • >
  • ブログトップ>
  • 婚活ビジネスの市場は急拡大中!収益モデルを分析
ポータルサイト, 事例
2018年6月15日

婚活ビジネスの市場は急拡大中!収益モデルを分析

少子高齢化が進む昨今。ある業界の利用者が増えていることを知っていますか?

その業界とは婚活サービスです。

近年、婚活サービスを使って結婚する人の割合が急激に増えています。2016年には、婚活サービスで結婚する人が全体の1割を超えており、いかに注目されているかが分かります

ネガティブなイメージを持たれることも多い婚活サービスですが、昔に比べると不安な点が取り除かれ、今後婚活サービスを使った結婚が当たり前になる日は近いのかもしれません。

そこで、今回は主要な婚活サービスの詳細や収益モデルを紹介。これから婚活業界で参戦したい方は競争相手の少ない今のうちに、どのようなサービスがあるのか把握しておきましょう。

婚活サイトが増えてきているって本当?

これまで結婚のきっかけといえば、”知人からの紹介”や”結婚相談所での出会い”などが当たり前でしたが、それに次ぐきっかけとして”婚活サービス”が登場しています。普段の生活だけでは出会えない人に出会うことができるので、可能性が広がります。

婚活サービスには、多くの種類が存在します。データマッチング形式やパーティー形式、イベント形式など、ユーザーにさまざまな出会いの場を提供しています。

婚活サービスには、結婚相談所のような閉鎖的な雰囲気はなく、積極的に活動できるのが魅力的です。趣味や年齢、職業などで分けた婚活サービスもあるので、より自分好みの人を見つけられます。

婚活サービスはもう怖くない!ユーザーが増えてきている訳

以前までは、婚活サービスと聞くと不安を覚える方が多い状況でした。主な不安はインターネットを通じていることによる不透明性です。

「どのような人がいるのか不安だから利用したくない」
「ネットを通じた出会いは危ないって聞いた」
「聞いたことがない会社が運営しているので怖い」

こうした不安が多い中、スマホの普及によりインターネットが当たり前の時代になり、婚活サービス自体も進化し、従来の課題とされた不透明性はなくなり安心安全なサービスが増えたことも背景にあります。

「最近友達が使い始めたし、これから流行ると思う」
「初めから趣味の合う人とだけ会うことができるから話が盛り上がる」
「サポートがしっかりしていて安心して使える」

婚活サービスはウェブサイト以外にもアプリで利用できるケースが多く、友達からの口コミで利用を始めたユーザーも多いです。

また、趣味や年齢、職業などジャンルごとに好みの人を探せるため、話が合うのか分からないといった不安もなくなりました。専門のアドバイザーが利用方法からイメージアップまで、幅広いサポートで結婚まで導いてくれます。

これから婚活サイトをはじめるのはアリ?

近年、すでに数多くの婚活サービスが登場しています。婚活サイトを含めたマッチングサービスは、アプリを中心に知名度が上がっており、若者向けのサービスも登場するなど多様化が進んでいます。

マッチングアプリは若者を中心に絶大な人気を得ており、ベンチャー企業を中心にスタートアップ事業として始めるケースが多いです。マッチングアプリは初期投資が少なく、一定の段階から集客が見込めるため、スタートアップの婚活事業にぴったりです。

やり方さえ押さえればまだまだ今ならチャンスはある!

婚活サイトやアプリでブログやコラム、マンガなどのコンテンツを用意して、検索キーワードから集客するケースも増えています。SEO対策をしっかりと取ることで、広告や検索でユーザーの流用を測るかたちです。

圧倒的に有名なサービスが登場していない今こそ、他社の婚活サービスを調査し、より魅力的なサービスを作ってみてください。最近では婚活サイトを作成するサービスも登場しているので、こうしたサービスを利用して婚活サイトの基盤を作り、発展させていくことをおすすめします。

 

では、実際に婚活サイトを作るにあたって、どんな婚活サイトを参考にすればいいのでしょうか?

婚活サイトを成功させたい人は必ず抑えておきたい3つの婚活サイト

どのような婚活サービスがあるのか知ることで、それぞれのサービスについて理解できます。主要な3つの婚活サービスの収益モデルを紹介していきます。

婚活サービスの特徴、料金、使い方も同時に紹介するので、ユーザー目線に立って確認していきましょう。

 

パーティーを紹介「オミカレ」

【出典:https://party-calendar.net/

「オミカレ」は、日本最大級の婚活パーティー情報サイトです。

2018年5月時点で、国内30,000件以上のパーティーを掲載し、会員数は20万人を突破しました。都道府県別や年代、職業など条件ごとに検索して、自分に合った婚活パーティーを見つけることができるため人気が高いです。

オミカレを提供している株式会社オミカレは、婚活サイトが誰でも作れる「婚活サイトMaker」というサービスを提供しており、婚活サイトの支援も行っています。

オミカレの収益モデル


収益モデルとしては、婚活業者からの紹介料が主な収益です。利用者と業者のブローカー的な役目を果たしています。

婚活に関する情報をユーザーに提供し、オミカレ経由での婚活ユーザーが増えれば収益が入るシステムです。こうした収益モデルの場合、ユーザーにとって必要な情報をしっかり届ける必要があります。

コンテンツ力も大切になってくるため、分かりやすいコラムや漫画などを提供して、婚活に対する不安を取り除くこともポイントです。ポータルサイト内の記事によるSEO対策も考慮しておきましょう。

 

オミカレの特徴

・全国各地の婚活パーティー情報が一目で分かる!
・形式×テーマで自分に合ったパーティーがすぐ見つかる!
・初めての婚活の不安を解消!豊富なコンテンツが楽しめる!

オミカレでは、公式サイトのトップページに表示されている日本地図から、地域を選び、空いている日に婚活パーティーが開催されているか確認して参加できます。初めての方でも分かりやすいサイトになっています。

さらに、オミカレは初めて婚活する方に向けて”婚活コラム”や”よくある質問”などサポートが豊富です。各婚活パーティーの口コミが掲載されているので、参加した人のリアルな評価が分かります。ユーザー目線に立ったサポートコンテンツを豊富に用意しているのが特徴的です。

オミカレの料金

オミカレは、婚活パーティー情報のポータルサイトなので、料金は各婚活パーティーによって異なります。婚活パーティーごとのページに詳細な料金が載っていて、利用者は個別に料金を確認します。

また、オミカレではポイントシステムを導入。オミカレで積極的に活動することでポイントが貯まる仕組みにより、利用者にオミカレの利用を促しています。

オミカレの使い方

1、無料の会員登録
2、テーマを選んでパーティーを検索
3、パーティーに参加
4、カップル発表
5、付き合い・プロポーズ

オミカレでは、「オミカレメンバーズ」という会員制を採用しています。ユーザー名、メールアドレス、パスワードのみ設定すればいいだけなので、わずか1分たらずで会員登録できます。会員登録すると、お得な情報が手に入る、予約状況を確認できる、個別にパーティーの問い合わせができるなどの特典があります。

「オミカレメンバーズ」は、無料の会員登録と簡単なステップで利用者がすぐに登録できるよう工夫されています。

 

会員制データマッチング「楽天オーネット」

【出典:https://onet.rakuten.co.jp/

楽天市場などで知られている、楽天株式会社が提供している婚活サイト「楽天オーネット」です。

婚活サイトの中では、業界最大級の40,000人以上の会員数を誇っています。さらに、年間入会者数は20,000人以上いるため、多くの方が交際や結婚により退会している優良な婚活サイトといえるでしょう。

楽天オーネットは、基本的にデータマッチング式の婚活サイトです。データマッチングでは、年間70人以上の紹介を実現し、成約率が高くなっています。

サポート体制も充実しており、担当アドバイザーがサイトの使い方からコーディネートまであらゆる面でサポート。初めて婚活サイトを利用する方に特化した婚活サイトといえるでしょう。

楽天オーネットの収益モデル

楽天オーネットは、会員制の婚活サイトです。基本的な収益は会員費から発生しています。

収益の大半を会員費から生み出す場合、初期段階での動きが重要になります。最初から多額の料金を提示しても、会員にする方は少ないです。

会員制にするなら初期段階では、無料や割引特典をつけて会員になりやすい状況を作りましょう。実績の開示や成功例の紹介は初期段階では難しいです。まずはハードルを低くして会員を募る形をとることが大切です。

楽天オーネットの特徴

・独自の入会基準で安心して出会える!
・業界最大の成婚実績で初めてでも安心!
・多彩なシミュレーションで試せる婚活!

楽天オーネットに入会するときには、独身証明書や各種証明書が必要になります。また、入会する前には面談が必須など独自の入会基準を設けています。

利用者から信頼や、利用者自体の質を上げるためには入会基準が重要です。利用者を集めるためだけに、入会基準を下げることは控えましょう。

楽天オーネットは他社で未公開になっていることが多い会員同士の成婚退会者数や会員以外の成婚退会者数を公表しています。積極的に実績を公開することで利用者から信頼を得られます。

 

初めての人にも安心。多彩なシミュレーションを用意。

ほかにも、初めての婚活する上で、どのようなことができるのか不安な方向けに多彩なシミュレーションを用意しています。

「結婚チャンステスト」では、条件入力して会員になる前にどのような方が合うのか、実際にマッチングした会員データを見ることが可能です。とりあえず婚活サイトを利用している気分が味わいたい方に向けられています。

続いて、「無料体験・カウンセリング」は、楽天オーネットの会社を訪れてその場でデータマッチングが試せます。結果をもとに効果的な婚活計画を案内してくれるので、結婚チャンステストより具体的な情報が欲しい方に向けて用意されています。

 

初めて婚活サイトを利用する方に向けてハードルを下げられるように、会員登録をしなくても楽しめるコンテンツを考えましょう。

楽天オーネットの料金

入会金(前払い):30,000円
活動初期費用(前払い):76,000円
月会費(毎月払い):13,900円

楽天オーネットのプランは上記の価格で提供されています。

楽天オーネットでは、何らかの理由で婚活を休止したいときに、月会費が安くなる休止制度を設けています。期間中は月会費が500円になるので、ユーザーにとって無駄な出費を避けられるよう工夫されています。

楽天オーネットの使い方

1、プロフィール登録
2、気になる相手探し
3、掲示板でメッセージのやり取り
4、初対面・デート
5、付き合い・プロポーズ

理想の相手を探し、メッセージでやり取り、初対面でデートが可能です。相手探しでつまずいても担当アドバイザーのアドバイスが聞けるので、問題なく婚活を進められます。そして、理想の相手と仲を深めたらプロポーズして成婚という形になります。

 

月額マッチングアプリ形式「ブライダルネット」

【引用:https://www.bridalnet.co.jp/

婚活サイトを中心とした事業を提供している株式会社IBJの婚活サイトが「ブライダルネット」です。

今回紹介した婚活サイトの中でもラフに参加できるマッチングアプリに近い感覚になっています。婚活サイトと聞くと高額な月額料金や初期費用がかかると思っている方も多いですが、ブライダルネットは豊富なサポート込みで月額3,000円と安価で利用できます。

その上、2018年4月のカップル成立数は10,000人以上と豊富な実績があり人気が高いです。

ブライダルネットの収益モデル

ブライダルネットは、婚活サイトの収益モデルとして一般的な会員制のシステムです。ただ、ほかの婚活サイトと異なるのは会員費の安さ。

ブライダルネットは、月額3,000円とマッチングアプリ的な料金システムが魅力的です。さらに、男女で料金が変わることもないので、リーズナブルながら公平性を大事にするユーザーを集める事ができます。

婚活サイトの料金は、あまりに安すぎると本当に出会えるのか不安に感じてしまう方が多いです。ただ、月額3,000円という料金でもその裏づけさえしっかりとしていれば問題なく利用者が集まってきます。会員制で収益を生むなら、会員費とサービス内容のバランスを考えて特徴を押し出していきましょう

ブライダルネットの特徴

・100%の本人確認で安全に出会える
・2000年から続く老舗の婚活サイトだから安心
・「婚シェル」による強力なサポートを実現

ブライダルネットでは、本人確認書類の提出が必須です。年齢だけでなく名前や顔写真も確認しており、より安全に婚活サイトが使えます。

ブライダルネットでは、希望すれば「婚シェル」と呼ばれる専門のサポートがつきます。結婚相談所のカウンセラー経験のあるサポートばかりなので、婚活における専門的なアドバイスがいつでももらえます。しかも、この「婚シェル」も追加料金なしで利用できるのでお得感が強いです。

ブライダルネットの料金

月額料金:3,000円

ブライダルネットはシンプルに1つのプランしか用意されていません。料金システムが複雑ではない上に、オプションもないので会員登録してすぐに利用を開始できます。こうしたプラン構成は初めてでの方でも分かりやすいので積極的に取り入れていきたいところです。

ブライダルネットの使い方

1、会員登録
2、理想の相手を探す
3、やりとりの申し込み
4、メッセージ交換
5、付き合い・プロポーズ

ブライダルネットは、会員登録してからプロフ検索、日記、コミュニティから理想の相手を探します。やりとりを申し込み成立するとメッセージ交換が可能になります。ほかの婚活サイトと違ってより内面を知ることができるように工夫されていますね

婚活ビジネス まとめ

 

私たちの国でこのまま少子高齢化が進めば出会いは少なくなってきてしまいます。そこで婚活サイトやアプリからの婚姻率が上昇していくことが考えられます。

各婚活サイトの収益モデルや特徴、料金システム、使い方を把握しておけば、自分で婚活サイトを作る際に役立てることができます。

圧倒的に有名な婚活サービスが存在しない今こそ、競合相手に足りないものを見つけて開業することをおすすめします。現代の婚活にはどのようなことが求められているのか?本記事を参考により良い婚活サイトを作ってみてはいかがでしょうか?

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

この記事を書いた人

投稿者
中山 健

株式会社セルバ代表取締役。学生時代にアルバイトでWEB製作会社に入りプログラムを覚える。大学卒業後SIerにて金融システムの開発に携わった後、再びWEB業界へ。

WEB系のプログラム言語とサーバー構築、さらにはCOBOLも出来ます!最近ではシステム開発だけでなく、SEOやマネタイズなどのグロースハックや企画を担当する事が多いです。

Twitter
Facebook

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ