share
  • >
  • ブログトップ>
  • アプリ開発ニュース|サービスが終了するアプリと開始するアプリ

アプリ開発ニュース|サービスが終了するアプリと開始するアプリ

こんにちは。セルバです。弊社は東京・大阪でアプリ開発や求人ポータルサイト制作を10年以上携わっております。

本ブログではアプリ開発する企業担当様向けに、アプリの開発費用についての知識や、アプリ開発依頼をする前に身につけておきたい知識を定期的に情報発信しています。

今回は、アプリ開発に関する最新の情報をお届けしたいと思います。

アプリに関して最近どのような出来事があったでしょうか。

今回はこの2つのニュースをアプリ開発会社の観点からお届けしていきたいと思います。

1. 家事代行「DMM Okan」サービス終了へ

2. terip|オススメの店員さんでお店を決める画期的アプリ

 

DMM Okan|DMMの家事代行アプリサービス撤退のワケ?!

https://okan.dmm.com

DMM Okanとは?

DMM Okanは、掃除や洗濯、料理、買い物など身の回りの家事を依頼できる代行サービス。2016年12月に東京都限定でサービスを開始し、17年3月には東京都全域に加え、全国主要都市に提供地域を広げていた。

アプリ上で問い合わせや料金見積もり、契約などの手続きを行えるのが特徴。代行スタッフは、本人確認済みの家事が得意な主婦を中心としているという。

17年2月末時点の主な依頼内容は、部屋掃除や水回り掃除、洗濯など。利用者の8割超が男性だった。

”https://amp.review/2018/08/02/terip/”

引用の通り、DMM Okanとは、DMM.comさんが行なっていた事業の一つで、それなりにユーザーも獲得していたそうですが。

なぜDMM Okanはサービス終了を決めたのでしょうか。

次をご覧ください。

DMM Okanの撤退とその理由

9月30日に終了すると発表した、DMM.comの家事代行サービス「DMM Okan」。ITmedia NEWSの取材に対し、「需要が圧倒的に高く、供給とのバランス維持が難しい状況だった」と終了理由を明かした。

DMM Okanは、家事ができる人と家事をしてほしい人とをマッチングするサービス。同社広報は「(家事代行サービスの)市場規模に目を付けて2016年12月からスタートした。メディアなどに取り上げられて注目を集めたが、需要が先行してしまい、代行スタッフの供給が不足し、なかなかマッチングできない状況になっていた」と説明する。

家事代行は依頼者の自宅で行うため、品質担保も求められる。「競合他社は、派遣スタッフを従業員として用意しているため、サービス品質を担保できている」(広報)と認識した上で、「DMM Okanでは個人間取引となるため、スタッフの品質担保が難しい」と説明。品質を保ったサービスの継続とそれに掛かるコストが見合わないと判断し、サービス開始から1年10カ月での撤退を決めた。

「まだまだ家事代行の認知度は高くない。(続ければ)需要はもっと伸びるのでは。自身も好きなサービスの1つだったので、残念に思う」(広報)

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1808/02/news088.html

撤退とは決して悪いことではありませんが、やはり、出来る限り避けたいことです。

どうやら、「家事をする側」つまり供給側が足りていなかったようです。供給側のクオリティーを保つのも、派遣スタッフを雇うのもコスト的に困難。

家政婦ほどではない家事のできる消費者、いわゆるセミプロが必要だったのかもしれません。

DMM Okanの撤退から学べるマッチングアプリの難しいところ

マッチングアプリの難しいところは、導入後いかにユーザー同士がマッチングできるかです。
よって、アプリ開発の費用とは別に、いかにアプリを運用していくかがキモになってきます。

つまり、恋愛マッチング(アプリ)ならば「男性」と「女性」、求人マッチング(アプリ)ならば、「雇う側」と「働く側」それぞれのバランス・量・質をどのように調整するかです。

今回のDMM Okanの件では、「家事をする側」と「家事を頼む側」のバランスの場合、集客できるかと言う能力とは別に「社会全体としての市場規模」が問題となったわけですね。

 

DMM Okanの撤退から学べるアプリ開発で心がけるべきこと

DMM Okanからアプリ開発の企業担当社様は何を学べば良いのでしょうか。

それは、アプリ開発する前に、先に開発後のアプリの運用、需要側と供給側のマーケット獲得まで可能な限り見通すことです。

今後アプリやシステムを開発していく中では、アプリの開発依頼を頼む、飛び込んでみる前に、できる限りマーケットの把握や撤退ラインも考えておきましょう。

 

次はサービス終了する一方で、これからサービスが開始されるアプリをご紹介していきます。

terip|オススメの店員さんでお店を決める画期的アプリ

”https://terip.jp/”

 

teripとは

株式会社Curiousは東京23区限定で、店の店員でお店を決めるアプリterip(テリップ)をリリース予定だ。

terip(テリップ)は以前までの評価サイトのようなお店の料理の美味しさや場所、値段ではなく店員の評価で決めるアプリだ。「接客の良い店員のいる店に行こう」「面白い店員がいるらしい」と言った具合に、検索が可能になる。

店員の評価は顧客が来店した際にアプリ上で少額のチップとメッセージを表す「ありがとう」を送ることで可能。自分がおすすめの店員をアプリ上で応援することができ、この「ありがとう」が店員の評価になりアプリ上に掲載される。

「ありがとう」をもらった店員側はもらった「ありがとう」をスターバックスドリンクチケットに交換可能。交換先は順次増えていき、今後は様々な商品や通貨との交換が予定されている。

terip(テリップ)は以前までの飲食店の評価から一変し、店舗を判断して行くのではなく個人に会いに行くという新しい飲食店検索アプリと言えるだろう。

”https://amp.review/2018/08/02/terip/”

今まで、食べログやぐるなび、ホットペッパーのように、「味」や「空間」「立地」で選ぶ飲食店の検索アプリが大半でした。

昨今のより「個人」にフォーカスされた時代においては、「この人がいるから行く」と言うスタッフとお客さんの関係性がフォーカスされていくかもしれないですし、teripが広まれば、飲食業界としてより顧客満足度の高い接客のアップ進んでいくかもしれません。

視点を変えれば、マッチングアプリや、ある種のSNSのような形に捉えれないこともないですね。

”https://terip.jp/”

 

teirpから学べるアプリ開発で心がけるべきこと

アプリ開発会社の観点から読み解くと、DMM Okanでも言えることですが、いかに社会的需要を掴んで、今までにない自社のオリジナリティーを確立していくのかを心がけることです。

ただ、アプリ、システム開発が流行っているからやると言うだけでなく、例えば「○○系の求人ポータルサイトは流行ってきてはいるが、現状ユーザーにとってどのような問題点があるのか」

のように、より全体の市場から潜在的なニーズを見て自社の価値をマーケティングしていく必要があります。

アプリ開発ニュースのまとめ

いかがでしたか。今後も、アプリやシステム開発に関連したニュースや事例を現場の観点から解説して行きたいと思います。

それでは最後に今回のまとめをして終えたいと思います。

家事代行「DMM Okan」サービス終了へ

今後アプリやシステムを開発していく中では、アプリの開発依頼を頼む、飛び込んでみる前に、できる限りマーケットの把握や撤退ラインも考えておくこと。

terip|オススメの店員さんでお店を決める画期的アプリ

より全体の市場から潜在的なニーズを見て自社の価値をマーケティングしていくこと。

2つのアプリサービスから学べること

アプリ開発には、リリース後のマーケティングの観点が必要不可欠です。

特に、市場が飽和している(いわゆるレッドオーシャン)的なアプリ市場では、徹底的なターゲットのマーケティングが求められます。

今後も、アプリ開発に関して、弊社のブログで最新の情報から学べることを発信していきますのでよろしくお願いいたします。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

この記事を書いた人

投稿者
中山 健

株式会社セルバ代表取締役。学生時代にアルバイトでWEB製作会社に入りプログラムを覚える。大学卒業後SIerにて金融システムの開発に携わった後、再びWEB業界へ。

WEB系のプログラム言語とサーバー構築、さらにはCOBOLも出来ます!最近ではシステム開発だけでなく、SEOやマネタイズなどのグロースハックや企画を担当する事が多いです。

Twitter
Facebook

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ