share
  • >
  • ブログトップ>
  • どうやって口コミを集めるか?口コミサイトの作り方
ソーシャルメディア
2018年1月9日

どうやって口コミを集めるか?口コミサイトの作り方

口コミサイトは、文字通り「口コミ」が豊富に集まらないと機能しません。それではサイトを構築する際にどのように口コミを集めれば良いでしょうか。今回は口コミサイト作成のポイントと、「転職会議」と「マンションノート」2つの成功事例をまとめました。

口コミサイトとは

口コミサイトとは、ユーザーが商品・店舗・サービスなどを実際に利用して、その感想や評価を投稿できるWEBサイトの総称です。ユーザーの投稿によってコンテンツが充実するという点から、FacebookやTwitterなどのSNSと同様に、CGM(Consumer Generated Media/消費者生成メディア)の一形態に分類されます。

口コミサイトには次のようなメリットがあります。これらのメリットをユーザーが十分に享受できることが口コミサイト成功の秘訣と言えるでしょう。
1.評価がユーザー目線であるためリアリティが感じられ、自分に当てはめやすい。
2.良くない箇所も書かれている。
3.後述する「転職会議」や「マンションノート」といった口コミサイトの場合 、実際に就職や居住しないと分からない情報を得ることができる。

どうやって口コミを集めるか

いざ口コミを集めようとすると意外に手段がないと感じることも多いのではないでしょうか。また、せっかく集めた口コミがユーザーのニーズにマッチしていなければ、そもそも使い物になりません。スムーズに、かつ良質な口コミをどうやって集めるか、ここではその方法を探ってみましょう。

家族や友人に投稿してもらう

家族や友人に口コミを投稿してもらうメリットは、使用感などをフィードバックしてもらいうことで即座にサイトの改善に役立てられる点にあります。目標の投稿数になったら内容を評価し、サイトのデザインや投稿フォームなどの修正を行ってください。この段階ではオリジナリティを確保するためにサイトの情報を秘匿しておきたいので、パスワードを付けるなどの対策が必要です。

SNSを利用する

サイトが広く認知されていなければ口コミを投稿してもらうことはできません。TwitterやFacebookといったSNSの「フォロー」や「いいね!」を上手に利用してサイトの情報を拡散し、存在を知ってもらうことが、口コミをスムーズに集めるオーソドックスな方法です。

SNSの利用方法はこちらの記事で解説しています。

拡散RTで成功!Twitterを使ったキャンペーン事例10選

「いいね!」がお手軽!Facebookを使ったキャンペーン事例10選

口コミを投稿する動機づけ

口コミサイトに限らず、ユーザーから情報を投稿をしてもらうにはそのための動機づけが必要です。すぐに思いつくのは投稿にインセンティブを設定することですが、それだけで万事うまくいくとは限りません。ここで「クックパッド」と「楽天レシピ」の例を見てみましょう。

クックパッド

 

引用:http://cookpad.com/

「クックパッド」は、クックパッド株式会社が運営しているユーザーが料理のレシピを投稿できるサイトです。サービス開始は1998年。2016年2月時点での月間利用者数が6,000万人を超えていることもあり、レシピ投稿サイトとして最もメジャーな存在と言えるでしょう。

楽天レシピ

 

引用:http://recipe.rakuten.co.jp/

「楽天レシピ」は、楽天グループが提供しているレシピ投稿サイトです。サービスの開始は2010年。オープン当時たいへん話題になったので覚えている方も多いのではないでしょうか。2015年4月時点の月間訪問者数(ユニークユーザー数)は670万人となっています。

どちらも同じ料理レシピの投稿サイトですが、両者にはインセンティブの有無という決定的な違いがあります。「クックパッド」にはレシピ投稿によるインセンティブはなく(有料会員になっても同様です)、対して「楽天レシピ」は レシピの投稿で50ポイントの楽天ポイントが付与されます。

「楽天レシピ」が開設されたとき話題を呼んだのは、楽天ポイントというインセンティブが強力なアドバンテージとなり、ユーザー数において「クックパッド」との逆転があるのではないかと考えられたからですが、現在そういった状況にはないようです。この例からは、ユーザーがサイトに投稿する動機は「投稿自体が楽しい」という点が伺えることから、口コミサイト構築の際には、この「楽しさ」をユーザーが十分に感じられる仕組みを作ることが大切と考えられます。

インセンティブを否定的に考える必要はありませんが、「投稿する楽しさ」が失われてしまいがちなことや、インセンティブだけを目当てにした投稿者の流入によって本来のユーザーが遠ざかってしまう、などのデメリットがあります。そのため導入には熟慮が必要なことを覚えておいたほうが良いでしょう。

口コミサイトの作るときのポイント

簡単な口コミサイトであれば、メジャーなCMS(Content Management System/コンテンツ管理システム)であるWordPressにプラグインを組み込むなどして、比較的簡単に作ることができます。そこでここでは、口コミサイトを構築するときのポイントを3つ挙げてみました。

テーマを決める

どのような口コミを集めるか。その軸となるテーマを明確にしておかないと、ユーザーが必要とする口コミを十分に集めることができません。広いテーマを扱う場合は、シチュエーションやエリアなどでカテゴリー化すると分かりやすくなります。

投稿したくなる仕掛けを作る

先程書いたように、口コミを投稿いてもらうためにはその動機づけが重要になります。楽しんで投稿してもらえるように、口コミに対して評価を☆で表示したり、お礼がコメントできるようにしてはいかがでしょうか。

分かりやすい投稿フォーム

前述の「クックパッド」「楽天レシピ」や、この後紹介する「転職会議」「マンションノート」には、すべて分かりやすい投稿フォームが設置されています。投稿の煩わしさを軽減することで、口コミが投稿されやすくなる効果が期待できます。フォームについてはこちらの記事が参考にしてください。

入力フォームを飛躍的に改善するEFOツールおすすめ5選

口コミサイトの成功事例

数ある口コミサイトの中から、成功事例として「転職会議」と「マンションノート」をピックアップしました。それぞれどのような点に考慮して口コミを集めているか参考にしてはいかがでしょうか。

転職会議

 

引用:https://jobtalk.jp/

「転職会議」は文字通り転職についての口コミサイトです。株式会社リブセンスが2010年に運営を開始しました。2014年のプレスリリースによると総口コミ数は100万件以上。企業の評判や年収に加えて、やりがい・福利厚生・就職時の対策といった口コミ情報が多数掲載されています。

また、豊富な地方企業の口コミ掲載や転職のサポートも行われており、幅広いニーズに応えることにも成功しています。口コミはプログラムだけでなく目視も加えて管理され、さらに審査基準を独自に設けることにより、高いレベルでの品質保証への取り組みがなされています。

「転職会議」で口コミを閲覧するにはユーザー自身が口コミを投稿する必要があり、1項目につき150文字以上の口コミを投稿すると、その日から30日間はすべての口コミを見ることができます。これは、ギブアンドテイクを上手に採用した自然に口コミが集まる仕組みと言えます。

マンションノート

 

引用:https://www.mansion-note.com/

「マンションノート」は分譲賃貸マンションの口コミサイトです。株式会社レンガが2013年からサービスを開始しました。登録されている口コミ数は100万件以上。マンションだけでなく、各都道府県の地域や鉄道沿線といったエリアごとの口コミも投稿されてるのが特徴です。

マンションは高額な買い物であるだけに誰しも失敗したくないという気持ちを持っています。そこで、「マンションノート」に掲載されている、マイナス評価も含めた口コミはたいへん高い需要が見込まれます。また、実際に住んでいる人からの評価が分かるので、リアリティのある情報に接することができます。

「マンションノート」では、口コミを投稿すると1文字につき1ポイントが付与され、100ポイントごとに1マンション、もしくは1エリアの口コミをすべて見ることができます。投稿しなくても部分的に閲覧できますが、詳細な情報を知りたいというニーズが高いため、ユーザーが能動的に口コミを投稿する構造を持っています。

まとめ

口コミサイトを作るにあたってどのように口コミを集めたらいいか、そのポイントがお分かりいただけたのではないでしょうか。インセンティブの有無に関わらず、ユーザーが口コミを投稿する動機づけ=「楽しさ」をサイト内に上手に盛り込んで、魅力ある口コミサイトを構築してください。

※記載した情報は執筆時点のものです。最新情報は公式サイトでご確認ください。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

この記事を書いた人

投稿者
中山 健

株式会社セルバ代表取締役。学生時代にアルバイトでWEB製作会社に入りプログラムを覚える。大学卒業後SIerにて金融システムの開発に携わった後、再びWEB業界へ。

WEB系のプログラム言語とサーバー構築、さらにはCOBOLも出来ます!最近ではシステム開発だけでなく、SEOやマネタイズなどのグロースハックや企画を担当する事が多いです。

Twitter
Facebook

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ