share
  • >
  • ブログトップ>
  • インフィード型、カルーセル広告などInstagram広告種類まとめ

インフィード型、カルーセル広告などInstagram広告種類まとめ

はじめに

数あるソーシャルネットワーキングサービスの中でも、「Facebook」の傘下で、写真・動画投稿型のプラットフォームを運営する「Instagram」。

衣服のコーディネートや、ヘアスタイルなど、ファッション性の高いオシャレな写真が多く投稿されることから、流行に敏感な(ユーザーの内、全体の41%が)16歳~24歳のユーザー層から、絶大な支持を受けています。(参照元:http://www.globalwebindex.net/blog/instagram-infographic

0090_02
【引用:https://instagram.com/press/

2010年10月に、「Instagram」のサービスが開始されて、2014年12月の時点で、月間アクティブユーザー数(以下、MAU)は3億人を突破。2億8400万人のMAUを誇るTwitter(引用:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1410/28/news046.html)を追い抜かしました。

この勢いを受けてか、「Instagram」は、ユーザーを対象にしたインフィード型の広告事業を、日本でも開始(引用:https://instagram.com/p/2aWli5BQZ0/)。

広告事業は、2013年からアメリカでスタートしたのを皮切りに、カナダ、イギリス、オーストラリア、フランス、ドイツで、展開され、本格的に日本でもローンチされることになりました。世界では8番目ですが、アジアでも最初の導入国となります。

今回は、そんな「Instagram」の広告種類について紹介をしていきます。

Instagramの広告

インフィード型とは

0090_03
【引用:http://internetcom.jp/busnews/20150512/instagram-advertising-business-in-japan.html

Instagram」は、インフィード型の広告を採用しています。インフィードとは、「Instagram」内のコンテンツとコンテンツの間に表示される広告のことを言います。広告は、フォローされていないユーザーにも表示されるようになります。

これまでの「Instagram」で、企業はユーザーと同じようにアカウントを取得して、フォローをしてもらったユーザーを対象に、写真や動画を用いたマーケティング、ハッシュタグを使ったプロモーションを展開してきました。

しかし、今回の広告では、ターゲティングしたユーザーに対してアプローチしていくことが可能になりました。つまり見てほしいユーザーに、見せたい広告を見せられるようになり、効果がさらに期待されています。

日本では、まずスタートとして、公式アカウントを運営しているチキンラーメン(日清食品株式会社)、土屋鞄製造所、ランコム(日本ロレアル株式会社)から、写真を活かした広告を配信していきます。

カルーセル広告

カルーセル広告とは、一連の広告写真(4枚)を表示させる手法です。

水平方向にスワイプさせて、4枚目までの写真を見れば、自社のWebサイトに誘導できる外部リンクが出現してきます。

カルーセル広告に興味を抱かないユーザーは、広告を左右にスワイプせずに、フィードを上下にスクロールしていけば、通り過ぎることが可能です。

0090_04

0090_05

【引用:http://brandchannel.com/2015/04/24/instagram-brands-042415/

ファッションブランド・米GAPの傘下であるオールド・ネイビーは、友達とサーフィンをしながら過ごす時間に合ったファッションスタイルを、4枚の写真によって表現しています。

最新アイテムや、実際のコーディネート例を見ることはもちろん、オールド・ネイビーのアイテムを着こなして、友達とどんな体験ができるのかイメージすることも可能です。これは、物語性を持ったカルーセル広告の実用方法であると言えます。

またコスメティック部門では、仏ロレヤルパリが、スイス在住の人気ファッションブロガーkristina bazan氏を起用して、外さないメイクアップラインをカルーセル広告によって打ち出しました。

人気のファッションリーダーとタイアップをして、ブランディングさせることが可能です。またファンが彼女のメイクアップを真似したいニーズも創出することも考えられます。

アイテムやブランドには興味あるけれど、より詳細な情報や、実際のコーディネート例を知りたいユーザーには適した広告であると言えます。さらには、4コマ漫画に慣れている日本人には、もしかすると馴染みやすい広告手法かもしれません。

動画広告

15秒までの投稿ができる動画広告。

Instagram」の動画は、写真と同様に正方形のフレームが適応されています。「YouTube」のような長方形で撮影された動画を投稿する場合は、左右の両端がトリミングされた形で、反映されてしまいます。

また、フィード上に表示された動画広告は、音声なしで自動再生されます。15秒と言う尺を考えると、音声がないテレビCMのようなイメージですが、最初の5秒でいかにユーザーに興味を持ってもらえるかがポイントです。

早い段階で、興味を示してもらえない場合は、映像の途中までで、最後まで再生されません。また、非表示にもされてしまいます。

0090_06
【引用:http://www.i4u.com/2014/10/83830/instagram-video-ads-launch-and-they-are-great

この動画広告を取り入れていた事例は、ウォルト・ディズニー・カンパニーや、コンピュータゲームで有名なアクティブビジョン、ファッションブランドであるバナナ・リパブリックなどがあります。

0090_07
【引用:http://www.adweek.com/socialtimes/gap-instagram-videos-spring-is-weird/617660

また米GAPは、2015年春の新作コレクションで、ミニドラマシリーズ「Spring Wired」を動画広告で公開しました。12本のシリーズで1本1本楽しめる内容になっていますが、全体で1つのラブストーリーが展開されています。

新しい季節に起こるドラマと、それを演出してくれるファッション。それまでに公式アカウントで公開されていた動画広告よりも反響があり、高いエンゲージメント率で結果を残すこともできました。

Instagramの広告種類まとめ

広告 詳細
インフィード型広告 「Instagram」内のコンテンツとコンテンツの間に表示される広告。
広告は、フォローされていないユーザーにも表示される。
カルーセル広告 一連の広告写真(4枚)を表示させる手法です。
水平方向にスワイプさせて、4枚目までの写真を見れば、
自社のWebサイトに誘導できる外部リングが出現。
動画広告 15秒までの投稿ができる動画広告。
フィード上に表示された動画広告は、音声なしで自動再生される。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

※下記ボックスにコメントすると、あなたのタイムラインに本記事へのリンクが投稿されます。

この記事を書いた人

投稿者
井上 博登

1980年・大阪生まれ、大阪育ち。立命館大学を卒業後、新卒でヤフー(株)に入社。
1年後に中山(代表取締役)と共に(株)セルバを起業。

見た目は営業、実態は「利益を出すこと」に徹底的にこだわるグロースハッカー。
費用を掛けず、いかにサイトの成果を上げられるのか、日々研究&実践している。

プライベートの趣味は旅行・バスケ・映画鑑賞。 二児のパパ。

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ