share
  • >
  • ブログトップ>
  • あのファイルはどこに!?WEB担当者の為のファイル整理術

あのファイルはどこに!?WEB担当者の為のファイル整理術

WEBサイトを運営していると、ファイルがたくさん溜まってきます。プロジェクトのボリュームによっては随時、更新・修正され、バージョンが日々アップデートされていきます。

同じ内容のファイルが複数ある場合、どれが最新のファイルか分からなくなったり、そもそもどこに置いたか忘れたり。そのまま放置してしまっていたら、手を付けられないほどの状態になってしまったこともあるのではないでしょうか。

後々、手間がかかり、大変な思いをしてしまうのは、自分自身。というので、今回は、WEB担当者の為のファイル整理術を紹介します。パソコンだけでなく、アンドロイド端末を同時に利用している方も多いと思うので、保存から編集、削除まで使えるファイルマネージャーや、オープンソースの代表的なものと、ファイル整理TIPSを、挙げていきます。

【ファイルマネージャー活用術(整理用)】

ファイルやフォルダを整理・管理・検索するために、ファイルマネージャーを活用する方法があります。

0056_01

ファイルマネージャーとは、Windows ExploreMac Finderといった標準アプリように、ファイルやフォルダを取り扱うためのプログラムです。DropboxGoogleドライブなどのクラウドサービスと連携したり、ファイルを圧縮・凍結したりする機能が備わっています。

ファイルマネージャーには、「Yahoo!ファイルマネージャー」や「アストロファイルマネージャー」、またはアンドロイド端末向けの「Solid Explorer」といったものがあります。

0056_02

ファイル管理をしてくれる機能としては、どれも基本的には共通していますが、ブラウジングやファイルへのアクセス性が異なります。簡単にそれぞれを紹介しておくと、ファイルマネージャー初心者には、「Yahoo!ファイルマネージャー」が、最適です。

格納ファイルへのアクセス性が良いだけでなく、圧縮したファイルを解答せずに中身チェックができたり、ストレージの容量がわかりやすく表示したりと、わかりやすいユーザーインターフェイスとなっているためです。

0056_03

「アストロファイルマネージャー」は、シンプルなユーザーインターフェイスではありますが、スマホユーザーよりの使用感です。また、イメージビューアが搭載されており、画像が閲覧・編集できるだけでなく、クラウドサービスとの共有をすることが可能です。

0056_04

「solid explore」は、アンドロイド端末とPCでファイルを、ケーブルレスで共有してくれる機能があります。また複数のファイルをTAR形式でアーカイブ化することも可能。複数の端末を使いこなしながら、ファイルマネージャーを活用したい方には適しているファイルマネージャーです。

ほかにも、クラウド上でのデータ保存や、Officeソフトの編集が可能なストレージサービス「onedrive」や、iOS向けの「Documents 5 by Readdle」といったファイルマネージャーなど、便利なフリーソフトが、たくさん提供されています。

例えばですが、アプリ情報サービス「App Liv」で、ビジネス向けのファイルマネージャーが紹介されているので、各アプリの特徴を比較しながら、自分に最適なサービスを探してみましょう。

0056_05

【オープンソース活用術(削除用)】

ファイルやフォルダの整理でも、とくに清掃に役立つオープンソース「Eraser」と、「sponge」をご紹介します。

0056_06

「Eraser」は、ファイルやフォルダを完全消去してくれるフリーソフト。復元できないレベルで、極秘の情報を消してくれます。ゴミ箱に移したファイルを削除しても、実データが消去されることはありません。重要な機密データは、「Eraser」で完全に抹消しておくとよいでしょう。

0056_07

また「sponge」は、Mac OSX用のファイル管理ユーティリティです。主な機能としては、アンインストーラー/フォルダ容量チェッカー/重複ファイルチェッカーの3つがあります。それぞれに、アプリケーションの削除/HDD内部のフォルダサイズ計測/指定したディレクトリ内にある重複ファイルの特定、が可能です。

【ファイル整理TIPS】

アプリやソフトを活用しながら、ファイルの整理を楽々行えるTIPSをご紹介しておきます。

管理TIPS

①時系列にファイル名をつける。
「年→月→日」の順番で、6ケタの番号を、ファイル名の先頭につけます。例えば、「2015年4月27日」の場合、「150427」となります。

②シンプルなファイル名にする。
読みやすくて、発見しやすいシンプルでわかりやすいファイル名にしておくと、ファイルを探すのに煩わしさがなくなります。

③連番をつける。
プロジェクトによって、優先順位や作業工程が異なります。どのプロジェクトが、どの段階で、どれが重要なのかを判別するために、「01」「02」といった連番をファイル名の先頭につけておきます。

操作TIPS

<F2キー>
フェイル名・フォルダ名の変更が可能。また複数のファイルを選択して、F2をクリックすると、通し番号をつけて名前の変更ができます。

<Alt+P>
ファイルのプレビューが表示されます。再度クリックすると、非表示となります。ファイルを開らくことなく、ファイルの中身を確認することが可能です。

<Backspaceキー>
Windows XPの場合、ひとつ上位のフォルダに移動します。Windows VistaまたはWindows7であれば、ひとつ前のフォルダに戻っていきます。Windows VistaまたはWindows7で、ひとつ上位のフォルダに移動したい場合は、Altキー+↑(上矢印)キーを実行します。

<Alt+1>
フォルダ・ファイルのプロパティを表示します。

<Alt+2>
新しいフォルダ・フェイルを作成します。

WEB担当者の為のファイル整理術(アプリ・ソフト)

アプリ・ソフト 機能・特徴
Yahoo!ファイルマネージャー ファイルマネージャーとしての基本機能。格納ファイルへのアクセス性が良い。圧縮ファイルを解答せずに中身チェックができる。ストレージの容量がわかりやすく表示される。
アストロファイルマネージャー ファイルマネージャーとしての基本機能。イメージビューアが搭載されており、画像が閲覧・編集できるだけでなく、クラウドサービスとの共有をすることが可能。
Solid Explorer ファイルマネージャーとしての基本機能。アンドロイド端末とPCでファイルを、ケーブルレスで共有。複数のファイルをTAR形式でアーカイブ化することも可能。
eraser ファイルやフォルダを復元できないレベルで、完全消去してくれるフリーソフト。
Sponge Mac OSX用のファイル管理ユーティリティ。機能としては、アンインストーラー/フォルダ容量チェッカー/重複ファイルチェッカー。

「ファイルを探すのに時間を費やしてしまった!」「フォルダを整理するためだけの作業になってしまった!」では時間の無駄となります。紹介してきたアプリケーションやソフト、TIPSを活用して、日々の整理を心がけておきましょう。

この記事を書いた人

投稿者
井上 博登

1980年・大阪生まれ、大阪育ち。立命館大学を卒業後、新卒でヤフー(株)に入社。
1年後に中山(代表取締役)と共に(株)セルバを起業。

見た目は営業、実態は「利益を出すこと」に徹底的にこだわるグロースハッカー。
費用を掛けず、いかにサイトの成果を上げられるのか、日々研究&実践している。

プライベートの趣味は旅行・バスケ・映画鑑賞。 二児のパパ。

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ