share
  • >
  • ブログトップ>
  • 【家電・不動産・旅行】比較サイトのビジネスモデルと集客方法

【家電・不動産・旅行】比較サイトのビジネスモデルと集客方法

0118_01

家電、ネット回線、引っ越し、結婚式場、ウォーターサーバー、化粧品、保険・・・と、さまざまな分野で、比較サイトは数多くあります。

比較サイトでは、商品の詳細やスペック、人気ランキング、価格プランなど一括された情報を、エンドユーザーは取得することができます。

今回は、そもそも比較サイトが、どんなビジネスモデルで、どのような集客方法で成り立っているのかについて、紹介していきます。

<比較サイトについて>

比較サイトには、総合的なサイトと、商材を特化させた専門サイトがあります。

0118_02

【引用:http://kakaku.com/

0118_03

【引用:http://www.hikaku.com/

総合サイトで、代表的なものは「価格.com」や「比較.com」があります。どちらも認知度が高く、商品に対するレビューも豊富です。

0118_04

【引用:http://sumaity.com/

0118_05

【引用:http://4travel.jp/

専門サイトの例でいうと、「価格.com」を運営する株式会社カカクコムが、不動産住宅情報サイト「スマティ」、旅行のクチコミと比較サイト「フォートラベル」などを手がけています。

ほかにも、株式会社ウェブクルー(参照元:http://www.webcrew.co.jp/)は、保険や引越し、ハウスクリーニング、結婚相談所などの業者に特化した、比較サイトを運営しています。

株式会社カカクコムによれば(参照元:http://corporate.kakaku.com/ir/highlight/traffic)、2015年6月時点で、「価格.com」の月間利用者数が、4,745万人(8億5,199万PV)、「スマティ」が145万人(1,38万PV)、「フォートラベル」が848万人(5,135PV)。

株式会社ウェブクルーは、運営する50サイトのうち、比較サイトではないサイトもありますが、利用者は累計950万人以上です。

これらの比較サイトだけでも、6,688万人を超えるユーザーがいます。比較サイトの全市場規模を考えると、莫大なマーケットが形成されていることは、容易に推測できます。

<比較サイトのビジネスモデル>

比較サイトは、見込み客であるユーザーを、大規模に集客できるプラットフォームです。ユーザーを集客して、販売サイト・登録店舗へ誘導することができます。

その特性を生かして、おもに2つの方法で、比較サイトは売上をつくりだしています。それは、広告収入と、手数料収入です。

広告収入

0118_06

【引用:http://kakaku.com/

比較サイトを広告媒体とすることで、バナー広告、テキスト広告、検索連動型広告などを掲載して、広告収入を得ることができます。

例えば「価格.com」のトップページでは、バナー広告が掲載されています。エプソンのプリンター「カラリオ」の広告は、トップフルバナー広告枠で、200,000円(400,000imp)/月から利用可能です。

広告プランは、比較サイトの規模や特性によって、異なります。中には、ターゲティングを細分化させて打ち出せる広告プランもあります。

手数料収入

手数料は、集客や販売をサポートすることで得られる収入です。

■集客サポート(情報提供)

0118_07

【引用:http://www.zba.jp/hikkoshi/info/join.html

株式会社ウェブクルーが運営する「ズバッと引越し比較」では、引越し業者に、一括見積もりを依頼したユーザーの情報を提供します。その情報提供料を、手数料として「ズバッと引越し比較」に支払うことで、収益が生まれるビジネスモデルです。

他にも、ユーザーが資料請求をした際、そして、販売ページのリンクをクリックした際に、手数料が課金されるプランがあります。サイトによっては、クリック課金だけでなく、定額で情報提供を行うプランもあります。

■販売サポート

販売実績があがることで、収益が生まれる仕組みです。

0118_08

【引用:http://kakaku.com/bb/

例えば、「価格.com」では、インターネットのプロバイダで、ADSL回線、光回線、モバイル回線、それぞれの商材について、比較・ランキング情報を掲載しています。

ユーザーが、比較サイトを経由して、プロバイダの契約をした際、回線業者から契約内容に応じた販売手数料が支払われる、というビジネスモデルです。

<比較サイトの集客方法>

比較サイトは、成功すれば大きな収益をもたらします。しかし、うまくいくのは、上位表示される一握りのサイトのみです。

0118_09

【引用:https://www.google.com/webhp?sourceid=chrome-instant&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%E5%BC%95%E8%B6%8A%E3%81%97+%E6%AF%94%E8%BC%83

株式会社ウェブクルーと株式会社カカクコムは、例えば、Googleで「引っ越し 比較」で検索すると、上位1位・2位で、両社のサイトが表示(2015年10月15日時点)されます。比較サイトは、どちらの企業でも、中核となっている事業。また、すでに紹介したように、集客力の高いサイトを構築しています。

株式会社ウェブクルーが、2014年に公表した決算報告書では、「専門家による読み物記事やユーザー体験談の拡充」が、検索順位をあげた要因であると記載されています(参照元:http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=ir_material_for_fiscal_ym&sid=13011&code=8767)。

近年、Googleのアルゴリズムは、大きく変化して、今までのSEO対策では効果が見られません。小手先のノウハウではなく、いかに、ユーザーにとって質の高い情報を提供することができるかが、安定的な集客力をあげる鍵となります。

また「価格.com」の取り組みによると、購入頻度が高い、ファッションや日用品などの消費財カテゴリに注力(参照元:http://pdf.irpocket.com/C2371/bSZL/wK6M/TAn7.pdf)したり、スマホ用アプリの開発(参照元:http://pdf.irpocket.com/C2371/yZlC/IIVh/RI5i.pdf)などモバイルフレンドリーを進めたり、ユーザーにとってニーズがあり、利便性の高い情報を発信しています。その結果、圧倒的な集客力を実現しています。

まとめ

トピック 詳細
比較サイトのビジネスモデル ■広告収入:比較サイトを広告媒体することで、バナー広告、テキスト広告、検索連動型広告などを掲載。
■手数料収入
・集客サポート:情報提供料を、手数料として「ズバッと引越し比較」に支払うことで、収益が生まれるビジネスモデルです。
■販売サポート
・販売実績があがることで、収益が生まれる仕組みです。
比較サイトの集客方法 ■専門家による読み物記事やユーザー体験談の拡充
■購入頻度が高い、ファッションや日用品などの消費財カテゴリに注力
■スマホ用アプリの開発などモバイルフレンドリー対応

この記事を書いた人

投稿者
中山 健

株式会社セルバ代表取締役。学生時代にアルバイトでWEB製作会社に入りプログラムを覚える。大学卒業後SIerにて金融システムの開発に携わった後、再びWEB業界へ。

WEB系のプログラム言語とサーバー構築、さらにはCOBOLも出来ます!最近ではシステム開発だけでなく、SEOやマネタイズなどのグロースハックや企画を担当する事が多いです。

Twitter
Facebook

セルバではWEBシステム開発からスマートフォンアプリ開発、デザイン、企画/マーケティングまでいかにコストを掛けず、成果を高めるのか研究し実践しています。企業、店舗のWEBシステム/アプリ開発のお手伝いさせていただいておりますので「WEBシステムの開発」「アプリ開発を依頼したい」「既存サイトのアプリ化」「サイト/アプリからの集客を増やしたい」など新規開発やリニューアルにご興味のある方は、ご相談だけでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お見積
ページトップ